Select Language

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年05月21日 10時30分]

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。
喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。
カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM

お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。

私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは
撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

このレンズが実現するボケ描写はあらゆるシチュエーションも情緒的に切り取り、このカメラはその確かな描写を決して逃しません。

心が動いたその「瞬間の世界」を、感動もまるっとそのまま写真に落とし込んでくれるのは、ただ“確実に真実を写す”という行為を超越しているように思います。

色彩を鮮やかに、美しく。
闇を艶やかに、趣深く。

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

ところで写真とは何が写っていて何が綺麗で…と、撮影した光景を表現するだけではないと思うのです。
最終的に出てくるのは1枚の画なのですから、カメラで絵を、もとい、画を描いても楽しいです。

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

モノクロで撮影した水槽の世界。
厚みのあるガラスは、真正面からでないと光を歪めてしまいますが、その歪みを活かしてふわっとした世界観を演出できました。

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

歓楽街の夕景を低い位置から一枚。
鮮やかに暮れゆく空に重なる電線はヒトの営みを連想させます。

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II ボディ+SIGMA (シグマ) Art 30mm F1.4 DC HSM

陽を透かす柿の葉。
落ちる影はより一層柔らかな光を浮かび上がらせていました。

綺麗なボケを使ったポートレート。
手軽に街角スナップ撮影。
夕暮れ、早朝の光量の少ない環境や星空の撮影も。
とにかくどんな撮影でも力を発揮してくれます。

カメラを始める最初の一本にももちろん、
撮影の幅を広げたいカメラファンの方も是非一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

私自身、明るいレンズを試してみたい、という軽い気持ちで購入したのですが
今となっては撮影に欠かすことのできない大切な相棒です。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年05月21日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!33票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む