【Canon】カメラを持って奥多摩方面へ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】カメラを持って奥多摩方面へ

[ Category:Canon|掲載日時:2019年05月26日 11時30分]



写真を撮りたい。

単純な興味から三年ほど前にCanon 80Dを購入しました。
以来、休日になればカメラを持って写真を撮りに出かける日が増えました。
初めは自分の知っている範囲内で写真を撮る事に満足をしていましたが、それでは飽き足らずに、少しずつ、まだ訪れた事のない場所へと足を運ぶようになりました。

とある休日前、明日はどこへ行こうか、と考えを巡らせ、今回は東京の奥多摩方面にある白丸ダムを訪れてみる事にしました。


カメラを持って奥多摩方面へ



JR青梅線鳩ノ巣駅。
青梅線にある木造の無人駅です。
山々に囲まれ、穏やかな時間が流れてるようです。
月並みですが、東京都にもこんなに静かな場所があるんだ、というのが素直な感想です。

目的地は駅から徒歩10分程の場所らしいのですが、当然の事ながら土地勘はないので闇雲に歩く事になります。

ダムと言うからには川の音がするのだろう。
能天気に考えながらそれらしき音のする方へ歩みを進めてみました。

カメラを持って奥多摩方面へ



カメラを持って奥多摩方面へ


カメラを持って奥多摩方面へ



途中、鳩ノ巣渓谷という場所へ繋がる道がありました。
せっかくのなので渓谷を歩きながら、目的地を目指してみました。

普段では見られない景色をゆっくりと歩きながら写真を撮っていきます。
川の流れや大きな岩など、ダイナミックな自然を写真に納められるように心がけました。



カメラを持って奥多摩方面へ




写真を撮りながら山道を1時間程歩いたでしょうか。
コンクリート造りの建物を通過して、ようやく目的地付近にある案内を見つけました。
その先にある長い階段を上っていきます。



カメラを持って奥多摩方面へ



階段を登り切ったところで白丸ダムの全体を見ることができました。
山奥の中にあるコンクリート造りの建物。
このような景色をみるのは初めての事でした。



カメラを持って奥多摩方面へ


長くて大きな階段を下り切り、頭上を見上げます。
今回撮りたかった白丸ダムの螺旋階段です。

ホワイトバランスをケルビンに変え、コンクリートの鋭く冷たい色に合わせて撮りました。
ひんやりとした青色が初夏の暑さを忘れさせてくれます。

ここでは大きな螺旋階段の奥行を出せるように心がけて写真を撮りました。

目的の被写体を写真に収めた時の気持ちよさ、というのは他の何にも変えられることがありません。


カメラを持って奥多摩方面へ

カメラを持って奥多摩方面へ

カメラを持って奥多摩方面へ



出口から地上へ出ると、そこにはきれいなエメラルドグリーンの湖が広がっていました。
秘境というのには大げさかもしれませんが、目の前に広がる大自然に終始ため息をついてばかりでした。

奥多摩方面の自然に圧倒され、満足した気持ちで、今回は帰路につきます。


今後もカメラを持って、まだ訪れたことのない場所へ足を運び続けます。














〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年05月26日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]