【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる

[ Category:Leica|掲載日時:2019年06月14日 10時30分]


M35mm F2





各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。





M35mm F2




今年ももう折り返しの6月。
私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代
通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。
この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。
半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。
またお付き合いいただけると幸いです。





M35mm F2





M35mm F2




私の休日は終日カメラを持って撮影している事が増えました。
目が覚めてから、日中も夕暮れも。
夜は光源を探して。
日向も日陰も室内も気になったものにはシャッターを切る。
晴れの日はカラー、くもりの日や雨の日はモノクロを詰めて。





M35mm F2





M35mm F2




M35mm F2






自転車にまたがっては降り、気になったものをいろいろな角度でみる。
気に入ったらさっとシャッターを切る。
「だいたいこのくらい」で切り取っていきます。
街も自然も文化も花も。
枚数が限られているフイルムだからこそわがままに切り撮れる気がします。

その点において35mmという焦点距離は何気ない光景に似ていて大変ちょうどよく、私の世界にぴったりだと感じます。






M35mm F2





M35mm F2




M35mm F2




今年も咲き始めました紫陽花。私が1番好きな花。
じめじめした灰色の街を彩ってくれる素敵な花です。


シャープな描写が特徴のズミクロンですが、私は絞り解放のF2~F4あたりまでをよく使います。
以前の記事を書きましたが、
撮った画の周辺に残る、とろけるような甘さがたまらないポイントです。
フレアやゴーストを積極的に写す事も最近のマイブームです。



M35mm F2





M35mm F2




フィルムは1日1本の使用に抑えています。
使いすぎはよくないと私なりの節約ルールのつもりなのですが、
最近は日が伸びた分、撮りたいものもまた増えてきました。
きれいな黄昏だと無意識に鞄の中の予備フイルムを
ボディに詰めている自分がいます。
反省半分、少し贅沢をした気分にもなります。




M35mm F2





このレンズで撮るたびに感じるのは、幾度と試行錯誤を繰り返されたであろう操作感。
モノクロからカラーにも対応できるよう設計された光学ガラスや琥珀色のコーティング。
【6枚玉】自身の過程をなぞるように、
姿形を変えながらながら日夜うつろい続けるこの確かな世界を描いてゆく
まるで羽化寸前の透きとおる蛹のようなレンズであるという事。





M35mm F2







このレンズに愛着が湧くのは私自身もまた変化の途中だからでしょうか。
それでも私はきっと今日もまた、気に入った光景を探している事でしょう。



M35mm F2




この度はこれにて。またいつか。







今回使用した機材はこちら。
















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年06月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]