Select Language

【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる

[ Category: Leica|掲載日時:2019年06月14日 10時30分]

M35mm F2





各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。





M35mm F2




今年ももう折り返しの6月。
私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代
通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。
この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。
半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。
またお付き合いいただけると幸いです。





M35mm F2





M35mm F2




私の休日は終日カメラを持って撮影している事が増えました。
目が覚めてから、日中も夕暮れも。
夜は光源を探して。
日向も日陰も室内も気になったものにはシャッターを切る。
晴れの日はカラー、くもりの日や雨の日はモノクロを詰めて。





M35mm F2





M35mm F2




M35mm F2






自転車にまたがっては降り、気になったものをいろいろな角度でみる。
気に入ったらさっとシャッターを切る。
「だいたいこのくらい」で切り取っていきます。
街も自然も文化も花も。
枚数が限られているフイルムだからこそわがままに切り撮れる気がします。

その点において35mmという焦点距離は何気ない光景に似ていて大変ちょうどよく、私の世界にぴったりだと感じます。






M35mm F2





M35mm F2




M35mm F2




今年も咲き始めました紫陽花。私が1番好きな花。
じめじめした灰色の街を彩ってくれる素敵な花です。


シャープな描写が特徴のズミクロンですが、私は絞り解放のF2~F4あたりまでをよく使います。
以前の記事を書きましたが、
撮った画の周辺に残る、とろけるような甘さがたまらないポイントです。
フレアやゴーストを積極的に写す事も最近のマイブームです。



M35mm F2





M35mm F2




フィルムは1日1本の使用に抑えています。
使いすぎはよくないと私なりの節約ルールのつもりなのですが、
最近は日が伸びた分、撮りたいものもまた増えてきました。
きれいな黄昏だと無意識に鞄の中の予備フイルムを
ボディに詰めている自分がいます。
反省半分、少し贅沢をした気分にもなります。




M35mm F2





このレンズで撮るたびに感じるのは、幾度と試行錯誤を繰り返されたであろう操作感。
モノクロからカラーにも対応できるよう設計された光学ガラスや琥珀色のコーティング。
【6枚玉】自身の過程をなぞるように、
姿形を変えながらながら日夜うつろい続けるこの確かな世界を描いてゆく
まるで羽化寸前の透きとおる蛹のようなレンズであるという事。





M35mm F2







このレンズに愛着が湧くのは私自身もまた変化の途中だからでしょうか。
それでも私はきっと今日もまた、気に入った光景を探している事でしょう。



M35mm F2




この度はこれにて。またいつか。







今回使用した機材はこちら。
















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年06月14日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!27票


【Leica】山崎ズマールの実力

【Leica】山崎ズマールの実力[2020年04月05日]

『Summar / ズマール』といえば、ライカ好きなら誰もが知っているであろう、戦前に登場したライカ初の大口径標準レンズです。マックス・ベレクが設計した本レンズは、のちにズミクロンの系譜へと繋がっていくのですが、総評として言われているのが「描写が甘い」ということ。 それは「甘美な描写」なのか、「写りが悪い」なのかは個人の好みで分かれるところではありますが、故にライカオールド...
続きを読む
邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む
【Leica】The World of Monochrom Episode V

【Leica】The World of Monochrom Episode V[2020年03月31日]

Leica M10 monochrome+Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH. ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ The World of Monochrom Episode Vです。 今回はLeica Summilux 50mm F1.4 ASPH.とCarlZeiss C Sonnar 50mm F1.5 それとNOKTON 35mm F1.4 MC VM MapCamera 25th Editionを使用しました。 Episode Vと聞くと雪だなぁ。と思っていたら…見事に降りました。 少し...
続きを読む
Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode IV[2020年03月24日]

各スタッフが使うM10モノクロームの世界。 今回は第4弾。ストリートスナップで見せる陰影の世界。 先代のMシリーズから更に「身体的に撮影」ができるその理由を感じ取って頂ければ幸いです。 今回使用したレンズはCarlZeiss Distagon 18mm F4 ZMとvoigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical。 新旧広角対決…と行きたいところですがやはりどちらの良さも際立つ結果となりました。 ...
続きを読む
Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode III[2020年03月17日]

ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ The World of Monochrom 早くもEpisode IIIです。 Episode IIIと聞くと、なんだか暗黒面の気配が…。 それで、という訳ではありませんが、 モノクロ写真を撮ると、フィルムの頃から黒め(暗め)の写真を撮りがちです。 増感してコントラストを上げて、階調とは何処へ…。という写真ばかりでした。 あの頃の自分は何...
続きを読む