Select Language

自分の「軸」

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年05月31日 08時00分]

私はこれまでズームレンズに対してあまりいいイメージを持っていませんでした。
その理由として、①大きくて重い ②明るいレンズが少ない ③描写の不安などがありました。

私は写真を初めて10年近く経ちますが、ズームレンズを使ったのは最初に買ったカメラのキットレンズのみで、
その後は単焦点レンズを使ってきました。
単焦点レンズの方が小型でF値が明るいものが多く、なにより描写が良いといったイメージがあったので、撮影をする際は常に機材を持っていたい私としてはズームレンズを避けてきたのです。

しかしミラーレスカメラがすっかり定着した昨今、描写性能とサイズを上手く凝縮したレンズが多くなってきたと感じ、ズームレンズによって新たな発見があるのではと思い始めました。


そこで今回はオリンパスのズームレンズの鉄板、 M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROを持ち出してみました。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離25mm。
独特な形をしたビルのガラスの中にイスが切り取られていました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離19mm。
被写体の形を意識する時はモノクロの方が向いていると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離12mm。
広角側で見上げるように撮影してもそこまで歪みは感じられません。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離36mm。
所変わって日中の庭園。
マイクロフォーサーズは構造上ボケが少ないと言われますが、望遠側にすれば綺麗にボケてくれました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離40mm。
フルサイズ換算で80mm相当でここまで被写体に寄れば被写体が見事に引き立ちました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離25mm。
池のほとりに結われた小舟。
下を通り過ぎる鯉や葉のボケ具合も見事です。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離25mm。
石の質感を出すためにF8で撮影しました。
周囲に歪みもなく立体感も上がりました。



初めはどの焦点距離で撮影するかという点で悩み撮影のテンポが悪くなるのでは? と不安でしたが、実際に使ってみるうちにこれまで自分が最も多用してきた標準域(フルサイズ換算50mm前後)を中心に据えていけば案外スムーズに撮影ができる事に気が付きました。

今回のようなマイクロフォーサーズ用レンズでいえば、基本は常に25mmにしておいて必要に応じて広角側や望遠側にシフトするという流れで撮影するようにすると違和感を感じることなく、むしろ同じ焦点距離では気付かなかった新たな視点を発見できて新鮮な感覚でした。

そしてこの M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROは評判通りどの焦点距離でも画質を損なうことなく、それでいて手にちょうど収まるサイズ感や鏡筒の質感に至るまで文句のつけようがありませんでした。


私のようにズームレンズをあまり使ったことのない方や苦手意識をお持ちの方は、まず自分の得意とする焦点距離を見つけ、それを「軸」として撮影していくと新たな発見があるかも知れません。



今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO













〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年05月31日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む