自分の「軸」 | THE MAP TIMES 
Select Language



自分の「軸」

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年05月31日 08時00分]


私はこれまでズームレンズに対してあまりいいイメージを持っていませんでした。
その理由として、①大きくて重い ②明るいレンズが少ない ③描写の不安などがありました。

私は写真を初めて10年近く経ちますが、ズームレンズを使ったのは最初に買ったカメラのキットレンズのみで、
その後は単焦点レンズを使ってきました。
単焦点レンズの方が小型でF値が明るいものが多く、なにより描写が良いといったイメージがあったので、撮影をする際は常に機材を持っていたい私としてはズームレンズを避けてきたのです。

しかしミラーレスカメラがすっかり定着した昨今、描写性能とサイズを上手く凝縮したレンズが多くなってきたと感じ、ズームレンズによって新たな発見があるのではと思い始めました。


そこで今回はオリンパスのズームレンズの鉄板、 M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROを持ち出してみました。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離25mm。
独特な形をしたビルのガラスの中にイスが切り取られていました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離19mm。
被写体の形を意識する時はモノクロの方が向いていると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離12mm。
広角側で見上げるように撮影してもそこまで歪みは感じられません。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離36mm。
所変わって日中の庭園。
マイクロフォーサーズは構造上ボケが少ないと言われますが、望遠側にすれば綺麗にボケてくれました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離40mm。
フルサイズ換算で80mm相当でここまで被写体に寄れば被写体が見事に引き立ちました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離25mm。
池のほとりに結われた小舟。
下を通り過ぎる鯉や葉のボケ具合も見事です。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO+OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO

焦点距離25mm。
石の質感を出すためにF8で撮影しました。
周囲に歪みもなく立体感も上がりました。



初めはどの焦点距離で撮影するかという点で悩み撮影のテンポが悪くなるのでは? と不安でしたが、実際に使ってみるうちにこれまで自分が最も多用してきた標準域(フルサイズ換算50mm前後)を中心に据えていけば案外スムーズに撮影ができる事に気が付きました。

今回のようなマイクロフォーサーズ用レンズでいえば、基本は常に25mmにしておいて必要に応じて広角側や望遠側にシフトするという流れで撮影するようにすると違和感を感じることなく、むしろ同じ焦点距離では気付かなかった新たな視点を発見できて新鮮な感覚でした。

そしてこの M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROは評判通りどの焦点距離でも画質を損なうことなく、それでいて手にちょうど収まるサイズ感や鏡筒の質感に至るまで文句のつけようがありませんでした。


私のようにズームレンズをあまり使ったことのない方や苦手意識をお持ちの方は、まず自分の得意とする焦点距離を見つけ、それを「軸」として撮影していくと新たな発見があるかも知れません。



今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO













〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年05月31日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【OLYMPUS】写真を撮ろう!OM-D E-M1X 2019年07月06日
こんにちは。蒸し暑い日々が続いております。 最近カメラの湿気対策で、ドライボックスを購入しました。 さて、みなさんはどんな写真を撮影しますか。風景や人物、そして夜景など、自分が主に何を撮っているのか。 「自分がよく撮る写真はこれです。」なんて言ってみたいものです。 私はまさに「これが好きだ。」、「これを撮りたい。」を探している最中です。 というのも、カメラを手にしてまだ半年にも満たない中、カメラにかける時間も限られるのですが、頭の中には次に撮ってみたいものが色々...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 【写真を楽しむ6月】初夏の候 2019年06月09日
  令和最初の5月も終わり、6月へ。   日差しと緑が印象的な、まさに初夏の頃といった時期です。   晴天で気温も高いこの日、まずは東京都北区にある都立庭園である『旧古河庭園』へ向かいました。    平日の昼前にも関わらず、人で一杯です。   カメラを構える人も多く、鮮やかな緑や咲き誇る花は絶好の被写体となります。   もちろんオリンパス定番のであるアートフィルターも活躍します。   赤、青、緑と鮮やかな風景は、ポップアートで撮ればより鮮やかに。   咲...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]