2019年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2019年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月10日 17時30分]






新品デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ
3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
5位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ
6位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
7位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
9位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ
10位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ

SONY α7III


記念すべき「令和」最初のランキング、新品部門第1位の栄冠に輝いたのは、SONY α7III。元号が変わってもその強さは健在、2位に大差をつけての首位獲得です。
発売からすでに1年以上経過しましたが、いまだに人気は衰えず。はたしてマップカメラだけで何台のα7IIIを販売したことでしょう?!
さらにα7RIIIが7位、ランク外ですがα9が11位と、SONYのフルサイズ機はどれも息の長い人気ぶりを示しています。

さらに、先月「平成」最後の1位を獲得したα6400が4位、ランク外12位にCyber-shot DSC-RX0M2、13位にCyber-shot DSC-RX100M6と層の厚いSONY陣営、この勢いで「令和」の時代もカメラ業界を引っ張っていくのでしょうか。

2019年1月ランクインからすっかりランキングの常連になった感のあるCanon IXY 200が、2月以来の2位獲得。店頭での販売はあまりなく、ほとんどがインターネットでの販売であることから、正確な購買層がつかめない謎多きカメラです。

同じく当ランキング常連のコンパクトカメラ、OLYMPUS Tough TG-5が6位に。この度メーカーから生産完了の発表があり、マップカメラでも「在庫限り」となってしまいました。
海外ではいち早く後継機の発表があったようですが、はたして日本発売は… 夏の行楽シーズンにピッタリのカメラだけに買い時が悩ましいところです。

Nikon Z6が3位、Z7が9位、Canon EOS Rが8位と、2メーカーのフルサイズモデルもランキングに定着。いよいよフルサイズミラーレス機も3強時代に突入しました。
特にNikonは、新たな専用レンズを続々発売。また6月からキャッシュバックキャンペーンも開始しましたから、次回のランキングでの躍動が大いに期待できます。

ライバル対決といえば、4位SONY α6400、5位FUJIFILM X-T30の争いにも注目。今回とても僅差での順位付けとなりました。
小型・軽量で、かつ高性能を有する2台。巨砲レンズの開発でしのぎを削るフルサイズ機とは異なる展開を見せています。

さて、「令和」最初の新品ランキングは、ずいぶんバラエティに富んだものとなりました。
どのカテゴリーでもSONYの強さが見られますが、これまでのような圧倒的な強さではなく、他メーカーが徐々に差を詰めている印象を受けます。
「令和」の新品ランキング、どうせなら混戦模様になることを期待したいものです。





中古デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
2位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
3位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
4位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α7RII ミラーレス一眼カメラ
6位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
7位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon EOS 7D Mark II デジタル一眼レフカメラ
9位 RICOH GR II コンパクトデジタルカメラ
10位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ

SONY α7II


中古ランキングでは、SONY α7IIが先月に続き1位を獲得。やっぱり強し! 2つの時代をまたいでの首位です。

4位にα7III、5位にα7RIIとSONYのフルサイズ機は、新品・中古問わずの安定した人気ぶり。
また、APS-C機もα6400人気によるものでしょうか、α6000が今回ランク外の12位に入っています。α6400への買い替えで、中古の数が増えたことが要因と思われます。

個人的にちょっと安心するのですが、中古市場ではまだまだ一眼レフ機の人気も健在。
2位にNikon D750、3位にCanon EOS 5D MarkIVというフルサイズ機の対決が見られれば、8位Canon EOS 7D MarkII、10位Nikon D500というAPS-C機の争いもあります。
その他、D850、D810、EOS 6D MarkIIも僅差でトップ10入りを狙える位置にいます。

店頭での購買層を見てみると、プロカメラマンやカメラ歴の長い方だけでなく、若い方や初心者に近い方でも事前にネットや雑誌などで情報を得てきた方たちに「ミラーレスよりも一眼レフで!」というご希望が多く見られます。幅広い価格帯を持つレンズの豊富さもそうですが、「本格的に写真を始めよう」という方の持つカメラのイメージと一眼レフ機のスタイルが適合するというのも要因のようです。

前回ランクから外れてしまったFUJIFILM X100Fや、RICOH GRIIといった高画質コンパクト機が今回復活。
そして、これまたランク外の話になってしまいますが、RICOH GRIIIが早くも14位に入っています!新品の品薄状態が続いている今、中古でのご購入も検討の価値ありです。

このあと梅雨の紫陽花シーズンを経て、夏の行楽シーズンに突入します。
貴方に撮られたがっている被写体が目白押し!ボーナスも控えていますし、新しいカメラへのお買替えはいかがでしょうか。
貴方の1票で、「令和」のカメラランキングを大いに盛り上げましょう!





[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月10日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]