2019年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2019年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月10日 17時30分]






新品デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ
3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
5位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ
6位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
7位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
9位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ
10位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ

SONY α7III


記念すべき「令和」最初のランキング、新品部門第1位の栄冠に輝いたのは、SONY α7III。元号が変わってもその強さは健在、2位に大差をつけての首位獲得です。
発売からすでに1年以上経過しましたが、いまだに人気は衰えず。はたしてマップカメラだけで何台のα7IIIを販売したことでしょう?!
さらにα7RIIIが7位、ランク外ですがα9が11位と、SONYのフルサイズ機はどれも息の長い人気ぶりを示しています。

さらに、先月「平成」最後の1位を獲得したα6400が4位、ランク外12位にCyber-shot DSC-RX0M2、13位にCyber-shot DSC-RX100M6と層の厚いSONY陣営、この勢いで「令和」の時代もカメラ業界を引っ張っていくのでしょうか。

2019年1月ランクインからすっかりランキングの常連になった感のあるCanon IXY 200が、2月以来の2位獲得。店頭での販売はあまりなく、ほとんどがインターネットでの販売であることから、正確な購買層がつかめない謎多きカメラです。

同じく当ランキング常連のコンパクトカメラ、OLYMPUS Tough TG-5が6位に。この度メーカーから生産完了の発表があり、マップカメラでも「在庫限り」となってしまいました。
海外ではいち早く後継機の発表があったようですが、はたして日本発売は… 夏の行楽シーズンにピッタリのカメラだけに買い時が悩ましいところです。

Nikon Z6が3位、Z7が9位、Canon EOS Rが8位と、2メーカーのフルサイズモデルもランキングに定着。いよいよフルサイズミラーレス機も3強時代に突入しました。
特にNikonは、新たな専用レンズを続々発売。また6月からキャッシュバックキャンペーンも開始しましたから、次回のランキングでの躍動が大いに期待できます。

ライバル対決といえば、4位SONY α6400、5位FUJIFILM X-T30の争いにも注目。今回とても僅差での順位付けとなりました。
小型・軽量で、かつ高性能を有する2台。巨砲レンズの開発でしのぎを削るフルサイズ機とは異なる展開を見せています。

さて、「令和」最初の新品ランキングは、ずいぶんバラエティに富んだものとなりました。
どのカテゴリーでもSONYの強さが見られますが、これまでのような圧倒的な強さではなく、他メーカーが徐々に差を詰めている印象を受けます。
「令和」の新品ランキング、どうせなら混戦模様になることを期待したいものです。





中古デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
2位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
3位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
4位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY α7RII ミラーレス一眼カメラ
6位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
7位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon EOS 7D Mark II デジタル一眼レフカメラ
9位 RICOH GR II コンパクトデジタルカメラ
10位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ

SONY α7II


中古ランキングでは、SONY α7IIが先月に続き1位を獲得。やっぱり強し! 2つの時代をまたいでの首位です。

4位にα7III、5位にα7RIIとSONYのフルサイズ機は、新品・中古問わずの安定した人気ぶり。
また、APS-C機もα6400人気によるものでしょうか、α6000が今回ランク外の12位に入っています。α6400への買い替えで、中古の数が増えたことが要因と思われます。

個人的にちょっと安心するのですが、中古市場ではまだまだ一眼レフ機の人気も健在。
2位にNikon D750、3位にCanon EOS 5D MarkIVというフルサイズ機の対決が見られれば、8位Canon EOS 7D MarkII、10位Nikon D500というAPS-C機の争いもあります。
その他、D850、D810、EOS 6D MarkIIも僅差でトップ10入りを狙える位置にいます。

店頭での購買層を見てみると、プロカメラマンやカメラ歴の長い方だけでなく、若い方や初心者に近い方でも事前にネットや雑誌などで情報を得てきた方たちに「ミラーレスよりも一眼レフで!」というご希望が多く見られます。幅広い価格帯を持つレンズの豊富さもそうですが、「本格的に写真を始めよう」という方の持つカメラのイメージと一眼レフ機のスタイルが適合するというのも要因のようです。

前回ランクから外れてしまったFUJIFILM X100Fや、RICOH GRIIといった高画質コンパクト機が今回復活。
そして、これまたランク外の話になってしまいますが、RICOH GRIIIが早くも14位に入っています!新品の品薄状態が続いている今、中古でのご購入も検討の価値ありです。

このあと梅雨の紫陽花シーズンを経て、夏の行楽シーズンに突入します。
貴方に撮られたがっている被写体が目白押し!ボーナスも控えていますし、新しいカメラへのお買替えはいかがでしょうか。
貴方の1票で、「令和」のカメラランキングを大いに盛り上げましょう!





[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月10日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]