【写真を楽しむ6月】さあ、アウトドアへ 【PENTAX】 | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】さあ、アウトドアへ 【PENTAX】

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年06月05日 11時10分]



さあ、アウトドアへ


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】



今年も早いものでもう6月です。
ここ最近の6月といえば、
「真夏日」という言葉がニュースで出てくるのも珍しくなく、
曇天からしとしとと降り注ぐ長雨に風情を感じることよりも、
常備している折りたたみ傘も役に立たないほどの夕立を恐れることが多くなり、
社会科の教科書に載っていた「熱帯性気候」という言葉が頭をよぎるようになりました。
梅雨のありかたは変わっていくのでしょうか。

さてそんな季節だからこそ、
訪れる晴れ間には気持ちが盛り上がるものです!
「晴れた!カメラだ!小旅行だ!」
そうだ、気分転換のおでかけついでに何か撮ろう、
今回はそんな気持ちで撮ってきたものと機材のご紹介です。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


やってきたるは湘南海岸某所。
この時期「真夏日」と報じられるような日であれば、
もうほんとに一足先に夏を感じてしまいそうな、そんなところです。

iPhone7


さて今回のお供に持ち出したのは、
PENTAX K-70
ラインナップ的にも価格的にも、
いわゆる「入門機」や「エントリークラス」が比較対象となりがちな本機ですが、
その中身は全くの別次元。
防塵・防滴という言葉よりも耐環境・全天候型という言葉がふさわしいアウトドア対応力。
(どこでもどんな天気でも使える!)
近似クラス機ではなかなかお目にかかれない超高感度性能。
(夜間や暗いところでもざらつき少なく明るく撮れる!)
もはやお家芸といっていいのでしょうかという光学ファインダー視野率100%。
(大きく見やすい視野!)
そういった特色もあり、
PENTAXの色づくりに興味をもった方々にも安心しておすすめできる本機。
筆者は常々、
「実はかなり長く愛用できるカメラなのでは」と思っていました。
初心者として初めて手にしたあと、
レンズをあれよこれよと買い替えても、それでも十分使い続けられるカメラ。
そう思っていた筆者は、
「K-70を買った後、最終的にいつか買いたくなるレンズ」を2本選び今回持ち出しました。
HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW
超広角ズームとフルサイズ向け大口径望遠ズーム、
どちらもハイエンドなレンズで、この2本とK-70を持ち出せば、
たいていの撮影で困ることはありません。

それでは前置きが長くなりましたが、
撮ってきたものをご紹介しましょう。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


いきなり超広角を活かした縦位置撮影です。
超広角レンズを初めて手にしたら、
ぜひ縦位置撮影を試していただきたいです。
目の前の光景を切り取りつつ足元まで容易に写せてしまうその画角。
新しい世界が見えてきます。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


超広角ズームレンズなら、
スマホでは写しきれず、
パノラマモードの応用やアタッチメントが必要だった景色も、
そのまま簡単に、そして必要な範囲で写すことができます。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


小銭を洗って離れたお賽銭箱に入れます。
筆者は3回目で成功しました。
三度目の正直、大事にしたいものです。
やや薄暗く人の多いこのポイントでも、
とっさに、そしてきれいに写せてます。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】



PENTAXを持ったなら、
鮮やかなもの、艶やかなものの撮影は欠かしたくないものです。
2本のレンズを使い分けて、撮影をしていきます。

PENTAX K-70 +HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW
【HD D FA*70-200mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 +HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW
【HD D FA*70-200mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 +HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW
【HD D FA*70-200mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


ちょっとしたアレンジメントやおしゃれなもののスナップでも、
この超広角ズームは十分に力を発揮します。
F2.8を活かして開放で撮るもよし、
絞って全体をしっかり写すもよし、
十分にカメラもレンズも期待に応えてくれます。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAXの持つ「青」には不思議な魅力があります。
不自然ではないと思える範囲で、
くっきりと、しっかりと鮮やかに浮き上がる「青」。
K-70でも十分に堪能できます。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW


PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】

洞穴のなかでも、その高感度性能を活かして、
ざらつきをおさえてきれいにとれるのがPENTAXというイメージ、あります。
K-70でももちろんその通りです。
思った以上にざらつき少なくそして明るく撮れることもあり、
肉眼で見えなかった世界がそこに写されていて、筆者も驚いています。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


暗いだけでなく、
冷え込み、また水滴が滴るどころか降ってくる洞穴内。
耐環境のK-70ならば心配することなく撮影に臨めます。
もちろん今回のレンズはAW(All Wether)対応です。
文字通り全天候型、それはこういった環境でも頼りになる言葉です。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


自宅に帰って写真を眺めてみると、その色の鮮やかさに驚きます。
これぞPENTAX、そう感じていただけると思います。

PENTAX K-70 +HD D FA*70-200mm F2.8ED DC AW
【HD D FA*70-200mm F2.8 ED DC AW】

多くの場合、カメラを初めて手にしてから、
いろんな撮影をしていく過程で、
自分が求めるものがだんだん見えてきて、
それにあわせてレンズやカメラボディを買い替えていくと思います。
筆者もそうでした。
K-70はPENTAXの絵作りや全天候型という信頼性を必要とするなかで、
レンズを買い替えていっても十分に使い続けることができるカメラだと思います。
今回はあえて最終ゴールになるかもしれないレンズを試しましたが、
全く違和感なく使い、撮影を楽しむことができました。

PENTAX K-70 + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW
【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】


どこへでもいつでも持ち出して、
その気持ちにこたえてくれるK-70をぜひ手に取ってみてください。
まだ見ぬ写真と出会うために、K-70と、
さあ、アウトドアへ。

↓使用した機材です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年06月05日 11時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]