Select Language

【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年06月16日 11時00分]


手に入れてすぐ、
これはめいっぱい楽しむには一脚必須!
と確信した RICOH THETA SC。

今後の様々な撮影シーンを見据え、
小さな三脚付きの一脚を購入し、
紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。


RICOH THETA SC


たくさんの品種が植えられており、
満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。
現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。


RICOH THETA SC

RICOH THETA SC


これがやりたかった、中から!
まるでこびとになった気分です。
手持ちではできません。

しかし余計なものの写り込みや
不自然すぎる切れ方がないように撮るのがなかなか難しい。
というより、そこまで気を回すことができませんでした。。
練習が必要です。

撮影場所は、桜と菜の花のコントラストの美しさが有名な、
埼玉県幸手市の権現堂公園です。
春にもぜひ絶景に浸りに訪れたいです。
その時には三脚使えるかな。




今回使用した機材はこちら
RICOH THETA SC
+ETSUMIテーブル三脚 ハイポッド セルフィー&VR ブラック














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年06月16日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


pentax k-7

【街で見つけた形にフォーカス】我が街【PENTAX】[2020年01月10日]

『形にフォーカス』ということで、愛機片手に街に繰り出しました。 街に到着して早速、面白い光景を目にしました。7色の光が壁に。今日の撮影は幸先がいい!とテンションが上がります。 昔からドラム缶は形としてのパワーが強い。なんだかホッとする形状です。 ビルの先端に大きな丸い穴。昔からなんでこんな穴があいているのか不思議に思っていました。写真を見るとパラボナアンテ...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
Pentaxlx

【11月30日はカメラの日】父の使ったフィルムカメラ PENTAXLX[2019年11月23日]

11月30日はカメラの日という事で、 私が紹介するカメラはPENTAX LXです。 ふと、昔父の使っていたカメラが実家の屋根裏にあるのではないかと探してみたところ、 長い事使われておらず埃を被った状態のフィルムカメラ、PENTAX LXを見つけました。 フィルムの入れ方も知らなかった私ですが、このカメラで撮影をしてみたいと、 近所でフィルムとボタン電池を買い、初めてのフィルムカメラ...
続きを読む
THETA V

【RICOH】地下探検 THETA V[2019年10月20日]

本日は、我が愛機と共にとある地下道へと散策してきました。 緊張した面持ちでいざ地下道探検に出発です。 地下道に入るとそこは別世界。 天井からわずかに光差す薄暗い道を奥へ奥へと進んでいきます。 人とすれ違う様子はありません。そもそもここは誰かが通った形跡もありません。 また、奥までずいぶん続いているようです。 先はまだ長く、 途中、雰囲気の変わった通...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ...
続きを読む