【SONY】ホルガといっしょ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】ホルガといっしょ

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月01日 19時22分]



SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)


今年は5月から夏日を記録したりと既に夏を感じる日々が続いておりましたが、いよいよ7月。
本格的な夏の始まりです。
7月最初の記事を書かせて頂くのはまだまだ新人の私、初めてお目に掛かります。


本日は入社前までレンズ交換式のカメラを持ってなかった私が初めて購入したミラーレスカメラ、
SONYのNEX-6、並びにHolgaのHLWSN(25mmF8)をご紹介します。


NEX-6のことを考えるとソニーのミラーレスの歴史を感じてしまうくらいには発売して時間が経ちましたが、私としてはまだまだ現役。
必要なところはしっかり捉えてくれて、小さくて軽い!
ボディも6000シリーズに比べると丸みがあって手に馴染みます。

そんなNEX-6に更にHolgaレンズという超軽量小型な組み合わせで街に繰り出します。


SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)


この時は荷物を最小限におさえてカメラを首からさげてウロウロしていました。

駅周辺はたくさんの人が活動してるので時間時間で変わる景色が見られます。
この時は夕方だったので、きっと家路につく人がほとんどでしょう。
仕事をして疲れている人、友人と遊んだ後で満足げな人、
勝手な想像を膨らますことのできる場所だと私は思います。



SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)


私の場合F値が低いレンズはシャッタースピードで調整することが多いので歩いてる人がぶれていたり。
それがまた好きな写りだったりします。


SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)

なんとなくいいな、を見つけて。
アバウトなピントリングをくるくる回しながらシャッターをきって。

解像度が高いレンズをつけているとクオリティーを気にしてしまいがちですが、
HOLGAのレンズをつけているとより感覚的にシャッターが切れる気がします。

SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)


吉祥寺はちょっと歩くだけで景色が変わるのでお散歩がはかどります。
人がたくさんいるところ、いないところ。
お店がたくさん並んでいる場所、住宅街、公園、少し離れると畑だってあります。


SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)


暖色の灯りが画面にじんわり広がっていました。
この道は吉祥寺という街の中でも特にのんびりした道です。
昔ながらの八百屋さんやお惣菜屋さんがぽつぽつと。


途中で私はピーキングの機能を思いだします。
最初からその発想にはたどり着けなかった私はまだまだ初心者です。


SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)

ピーキングで輪郭を見ながら撮影すると真ん中はパキッとした描写に。
画面の端はするっと描写が流れます。でもなぜかそれくらいの方が安心できるのです。

SONY NEX6, HOLGA HLWSN(25mmF8)

描写が、解像度が、明るさが・・・たまにはそんなこと忘れて。
感覚だけでピントリングやダイヤルを回して。
貴方の感覚とカメラだけを持って町を歩いてみませんか。

可愛いHOLGAレンズを1つでいつも歩いてる街を愛でてみませんか。

▼今回のおすすめ機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月01日 19時22分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
【SONY】純喫茶動画デビュー 【増税前にデビュー】純喫茶で動画に挑戦 2019年09月09日
SONY α7R - KIPON CONTAX G - Biogon 21mm F2.8 暑さがようやくひいた頃になってきました。 私は今まで、静止画しか撮影してきませんでしたが、 写真の撮影も行いながら、今回は動画にも挑戦してみました。 4年前からお邪魔している喫茶店に許可を頂いて、撮影しました。 SONY α7RIII - FE 100mm F2.8 GM STF とてもレトロな喫茶店で、某アニメ映画の聖地にもなっています。 土日はとても混雑していますので、平日の午前中にのんびりするのが一番好きです。 SONY α7 - KI...
続きを読む
【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編 【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編 2019年09月01日
9月6日に発売が迫るα7Rシリーズの最新機種α7RIV。 α7Rのシリーズは高解像度機のα7シリーズとして初代、II、IIIと第3代まで歴史を重ねて来ました。同シリーズバージョンとしてベーシックモデルのα7シリーズ、高感度モデルのα7Sシリーズがラインナップされています。そして新世代のα7Rシリーズとして9月6日にα7RIVが登場します。 待望の第4世代の発売を前に、α7Rシリーズの歴史を振り返っていきます。第2回目はボディ構造を大幅に進化させたα7RIIに迫ります。 α7RIIが発売されたのが2015...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]