Select Language

【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年06月23日 19時00分]



私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


森といえば木漏れ日。
至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。


SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


池、もしくは沼と言うべきでしょうか。
森の妖精でも現れそうな雰囲気です。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100


この光景には頬が緩みました。
こういうちょっとした光景に出くわし形に残せるのが写真の楽しい所です。
この日は天気がとても良かったので3匹のカメ達も気持ちよかったでしょう。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100


これは何度か納得するまで撮り直した一枚です。
どうしてもこのカメラの繊細な描写力を発揮したかったからです。
綿毛の一本一本までしっかり写してくれています。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100


万能ズームと言われるこのレンズですが、マクロまでそれなりに出来てしまうのが本当に便利です。
正直なところ最近はこのレンズ一本でスナップを楽しんでいます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100


森の中にある公園での一枚。
これは思い切り望遠端で撮影してみました。
換算400mm程度になるでしょうか。
遠くの逃したくない被写体もしっかり捉えます。

SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f11.0 シャッタースピード:1/500秒 ISO:100


SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:250mm 絞り:f11.0 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100


場所を少し変えバラ園に来てみました。
このsd Quattroでバラを撮るのは実は初めてだったのですが、花のもつ本来の色を引き出してくれています。


SIGMA (シグマ) sd Quattro + SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)

焦点距離:18mm 絞り:f6.3 シャッタースピード:1/125秒 ISO:100



そして、この日の締めくくりは夕焼け空の広がる田園風景となりました。
田舎育ちの私としてはこういう風景が何よりもの癒しです。


いかがでしたでしょうか。
6月と言えば雨のイメージが強いとは思いますが、森の中や田園風景も中々に素敵ではないでしょうか。





今回使用した機材はこちら
SIGMA (シグマ) sd Quattro
SIGMA (シグマ) 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM (シグマSA用)











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年06月23日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む