【SONY】本日もまた写真日和。二日目。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】本日もまた写真日和。二日目。

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月02日 10時00分]



SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

世界中のカメラ好き、写真好きの皆様、本日は如何お過ごしでしょうか。
私の“今日”はいつも通りの写真日和・・・
お久しぶりでございます。新人スタッフのカメラ話に暫しお付き合い下さいませ。

実は先月、ニューフェイスをお迎え致しました。

ボディは SONYα7RⅢ
レンズは Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2.0 Aspherical
此度はこの装備での初撮影です。心躍りますね。
では参りましょう。


遅れに遅れた梅雨の手前、からりと晴れ渡る鎌倉へ足を向けたのは
一足早く夏を感じたかったのかもしれません。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

このレンズ、とてもよい青を出します。
特筆すべきは空…澄んでいながら、深度を感じさせるような立体感を感じる青。
私の写真でも伝わるでしょうか?

とは言いましても、もちろん画作りのストイックさも是非感じて頂きたいと思います。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

いかがですか?
ああ、なんと繊細な描写でしょう。
写真に収めたはずの海辺のオブジェクトたちは目で見たままの姿で此処に写し出されます。
まるで触れることが出来そうな遠近感と立体感・・・
その一瞬に満ちていた空気すらも思い返すことが出来そうです。

ここまで鮮明にデータで残ると、ただ旅を思い返すだけではない楽しみがあるように思います。
撮った写真を見返してみてはいかがでしょうか。
よく見てみたら、こっそりと蟻が居たり。
紫陽花が珍しい色をしていたり。
何気なく撮った写真の隅っこに見知った顔が写っていたり。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

世界の色はもはや夏。
しかし暑すぎることは全くなく、最高のシチュエーション。
さながら、“暑くない夏”を過ごしているような心地でございました。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

今年の五月は異様な暑さに見舞われ、雨降りのここ数日は比較的涼しくさえ感じます。

しばらくすれば、またうだる暑さに辟易するのでしょうか。
東京の蝉はいつごろ鳴き始めるのでしょうか。
今年も、ビアガーデンから眺める夕日は眩いでしょうか。

この夏も、来たと思えば過ぎ去ってゆくのでしょうか。

毎年「夏らしいことしてないな」と感じてしまう私でございます。
皆様もそんなご経験があるかと思います。
今年こそ“夏らしい”ことをして、幾年の後悔に終止符を打ちましょう。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

夏を記憶に、記録に、写真に・・・
如実に残してみてください、きっと忘れられない夏になりますよ。


ところで、本日、7月の2日は半夏生でございます。
この時期、地元では水無月を食べる風習がありました。
関東へ越してきて、もう5年になるでしょうか。
…えらい懐かしいもん売ったはるなあ、なんて、つい、買ってしまいますね。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

半夏生に降る雨を、そのまま“半夏雨”と呼びます。
名前がついているだけで、少し可愛げのあるお天気になると思いませんか?
遅めの梅雨も楽しんでください。


それでは皆様、季節柄、ご自愛くださいませ。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月02日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]