Select Language

【Panasonic】鎌倉×G99

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年07月12日 12時30分]

5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99
どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.5 1/640sec ISO-200



撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。
例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。
1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が…
回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200



ファインダーをのぞき片手で撮影をしてみる。
ボディ内手ブレ補正5軸なのでブレを気にすることなくふとした時にシャッターが切れます。
またファインダーの視認性がとても優秀。後ほどメーカーサイトを見たところ『約1.48倍(35mm判換算:約0.74倍)のファインダー倍率と、約100%の視野率で、画面の隅々まで気を配って撮影できます。』と記載が。
数字が示す通りみたままの構図を、そのまま切り取れます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/1.4 1/60sec ISO-320



美味しそうなパン屋が…素敵なカフェが…
花より団子とはこの事。
休憩をはさみつつ、お腹もいっぱい幸せになったところで、鎌倉散策再開です。



DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/2.2 1/250sec ISO-200



ひとつ小路に入れば素敵な出会いが多くあります。
念願の紫陽花に出会えましたが、少し時期が遅かったようです。
またトコトコ歩く。
また小さな出会いが。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200



まだ触って数時間のカメラですが、女性の手にもしっかりと馴染む大きさとグリップ。
またオートでもこの色合い
レンズはPanasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.
パナライカのレンズは個人的に「大人びた静かな美しさ」を演出してくれると思っています。
キャノンのような柔らかさ、オリンパスのようなビビットではなく、パナソニックのシャープさとライカの大人びた写り。
実はパナソニックのレンズをちゃんと使用するのは初めて。
しかしG99と合わせれば、簡単に風景を美しく切り取ることができます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/3.2 1/640sec ISO-200


鎌倉といえば、海。
この写真、実はiPhoneにパナソニックのアプリを入れ、遠隔操作で撮影しております。
カメラはバックの上に据え置き。とても簡単なのでぜひお試し下さい


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/1.4 1/60sec ISO-200



さて、私は鎌倉に来ると絶対に行くところがあります。
前回Canon EOSRPのブログでも書かせて頂きました、江ノ電の真横にある甘味処。
今回も載せさせていただきます。
前回EOSRPで撮影したときは溶けていくようなボケを見せましたが今回は、ボケは美しく、ピントが合う部分はシャープに撮れました。
写真一枚でもメーカーや撮り手が違うだけで、写真は色を変えます。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/2 1/250sec ISO-200



梅雨の時期で紫陽花のブログがいくつか掲載されておりますが、メーカーや使用機材に注視してご覧になるのもわかりやすいと思います。

また、あると嬉しい機能。
G99は手持ちのiPhone用モバイルバッテリーで充電が可能です。
また新機能として「省電力ファインダー撮影モード」が搭載されています。
私自身、バッテリーを気にすることなく300枚ほど撮り、更に帰りにBluetooth®でスマホに送信。ここまでしてもバッテリー残量は少し残っていました。



ƒ/5.6 1/1600sec ISO-200



日本の四季は同じ場所でも全く違う画を見せてくれます。
また違う機材も然り。
こうやって楽しんで、これからも写真をお伝え出来たらと思います。


DC-G99+Panasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ƒ/4 1/1000sec ISO-200

















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年07月12日 12時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
【Panasonic】GH5で4K&6K PHOTOを撮ってみた

【Panasonic】GH5で4K&6K PHOTOを撮ってみた[2019年10月03日]

あっというまに過ぎ去ってしまうシャッターチャンス、肉眼では見逃してしまうような一瞬を画に残したいと思うことはありませんか? わたしは普段生き物を撮ることが好きです。いざ被写体に向けてカメラを構えていても、反応が遅れて撮り逃してしまうことがしょっちゅうあります。 そこで以前から気になっていたGH5に搭載されている機能『6K PHOTO/4K PHOTO』に挑戦してきました。 今回訪れた場所は千葉市動物公園です。 GH5とともに同行した使用レンズはLEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASP...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る

【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る[2019年09月12日]

さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む
DC-S1 + Art 35mm F1.2 DG DN

【私のお気に入り】A Better Life, A Better One[2019年08月14日]

Lifeを豊かにする選択肢 【DC-S1 + Art 35mm F1.2 DG DN / F1.2】 自分の「くらし」を、数々の「お気に入り」で彩っていく。 それは人生を豊かにするとてもシンプルで直感的な方法でしょう。 カメラや時計などに限りません、 服やバッグといった身に着けるものはもちろん、お店や観光地などの場所、 ありとあらゆる「お気に入り」が私たちの人生を色鮮やかで豊かなものにしてくれます。 さて今回は、筆者の人生を彩るspecialな相棒、 Panasonic S1で使える2本のレンズを紹介しながら、筆者の「お気...
続きを読む
Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 II ASPH. POWER O.I.S. H-HSA12035

【私のお気に入り】生き物を撮ること[2019年07月21日]

私は動物たちと暮らしてきた。 近所の文房具屋から貰ってきたハムスター、 15年も生きた縁日の金魚、 祖母の家にはイグアナと猫がいて、 ある日突然家にやってきた犬とは人生の半分を共にした。 動物たちとの思い出はずっと心に残っている。 そんな動物たちのことが恋しくなると、 私はたくさんの生き物に会いに行く。 梅雨の晴れ間に水族館へ行ってきた。 青色の空間でゆらゆら泳ぐ魚たち。涼しい。 クーラーが効いている。 カメラは映画制作を学んでいた学生時...
続きを読む