【私のお気に入り】MACRO日記 Vol.1 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【私のお気に入り】MACRO日記 Vol.1 | THE MAP TIMES
Select Language

【私のお気に入り】MACRO日記 Vol.1

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年07月30日 14時30分]

私のお気に入りのレンズは「超望遠レンズ」と「マクロレンズ」。
被写体は植物がお気に入りです。
超望遠レンズのブログはBAZOOKA日記で書き、
MACRO日記ではマクロレンズについて書いていきたいと思います。

さて、初回は紫陽花を撮って参りました。

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED


今回は4月に購入した新しい相棒、Z6で撮影しました。
レンズはFマウントのNikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED。
マウントアダプターのFTZと使いました。

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED


最近、私がハマっているのはこのような写真です。
黒の画面の中に花がぽつんと存在している写真ばかり撮っています。
紫陽花には毒を含む品種もあり、そのイメージとガクの繊細さが伝わるでしょうか。

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED


マクロレンズと花の相性は抜群。
花弁の細かい描写を撮るには必要不可欠なレンズです。
特に、105㎜では、寄りたい時は0.314mまで、遠くの被写体も十分に撮れます。
便利な単焦点レンズです。

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED


マクロ撮影の際、私が気を付けていることは画面の周辺。
主題となる被写体にばかり気を取られ、四隅に他の被写体が写り込んでしまうことがあります。
主題が大きく写るマクロだからこその重要なポイントだと思います。

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED


今回掲載している写真は全てNikonの編集ソフト、Capture NX-Dで編集をしております(RAWデータ)。
撮影した時点でほぼ完成した状態であるため、そのデータを調整する目的で使用しました。

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED

Z6 + FTZ + Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED


Z6はオールラウンドで写真を楽しめるカメラです。
Z6を購入するまではNikon D810をメインで使っていた私ですが、
最近はZ6のコンパクトさとミドルレンジシャープの描写に魅了され、Z6ばかり使っています。
決してD810が使えなくなったわけではありません。
この日はD810にNikon AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ライトグレーを付けてサブ機として持ち歩いていました。
ミラーレスカメラの無音、無振動で撮るのも楽しいですが、
一眼レフカメラのシャッター音、手に伝わるミラーショックは写真を撮ってる感があり心地いいものです。
ミラーレスカメラも一眼レフカメラもそれぞれ良いと思う部分があると再確認した撮影でした。

D810 + Nikon AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ライトグレー

D810 + Nikon AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ライトグレー


7月はもう終わり、本格的な夏の暑さを感じるようになってきました。
皆様も、お気に入りのカメラを持って出掛けてみてはいかがでしょうか。
その際は水分補給など、熱中症対策をしっかりしましょう。


今回使用したカメラ











マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。
様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。



〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: Nikon|掲載日時:2019年07月30日 14時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!12票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む