Select Language

【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年09月12日 14時30分]




Panasonic DC-S1M

さて今回は、Panasonic DC-S1M
レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
で撮影した写真をご紹介いたします。

折角の機会だったのですが雨降りの一日。
というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。
DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、
写真機として十分な画質を誇ります。

赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。
椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。

Panasonic DC-S1M

雨の日の室内というのは光が柔く、
射す、というほど強くなく、そおっと入り込んでくるかのよう。
雨の日だから見れる一面です。
お茶とお茶菓子をいただきながら静かに流れる時間を楽しみつつまた椅子を撮ります。


Panasonic DC-S1M


また椅子、という声が耳元で…
申し訳ありません、これで最後です。
好きなものは何度も撮りたくなる性分です。
今回は二階から俯瞰で撮りました。

ピタっと整列されたものも美しいですが
少しの変化があるというのもまた良いです。
この空間は何度も試行錯誤して撮りたくなりました。
あ、もう一枚あった。はい、次にまいります。


Panasonic DC-S1M


窓辺に咲く花。(置かれた花)
こういう窓、もとい直線を見ると何がなんでも
ビシっと合わせたくなるので結果、何枚も撮ります。
人の視「線」も気になってきますがこっちは気にしないようになりたいものです。
※守るべきところは守るようにいたします。


Panasonic DC-S1M


柔らかい光。
白と溶け合うことでさらに甘美なものになります。


Panasonic DC-S1M


しかし光の当たり方で見え方は変わります。
S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.は多様な撮り方が出来る万能ズームレンズです。


Panasonic DC-S1M


光と影。


Panasonic DC-S1M


いつか誰かがここにいて、
その「いつか」に思い巡らせながらここに座る。
こういう場所にくると暫くぼぉーっとゆっくりしてしまいます。


Panasonic DC-S1M


水平取れていないのが残念ですが記念に一枚。


Panasonic DC-S1M


こういう家具類のキズなどもどんな人が使ったんだろう、
とか考えると面白いです。それぞれにあるものがたり。


Panasonic DC-S1M


というわけで室内撮影を満喫しました。
細かいディテールもしっかり撮れる、
ということをお伝えしたいのもありましたがいかがでしたでしょうか。

雨の一日、でもせっかくの休日。
何か写真を撮りにいきたい、と思ったら
洋館巡りなんていかがでしょうか。
勿論、陽が射しこむ室内の写真は素敵ですが
雨の日特有の光の柔らかさも写真に収める価値があると思います。

Panasonic DC-S1Mのご紹介のつもりが
洋館巡りのススメみたいな感じで終わってしまいました。
それではまた。









[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年09月12日 14時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
null

【Panasonic】G9とMFレンズで動画に挑戦しました![2020年02月03日]

登場した時はその開放F値の明るさが大変な話題になりました。 Voigtlander Nokton 25mm F0.95 使う使わないに関わらず、F値の明るいレンズには羨望にも似た憧れがあります。 パナソニック G9PRO+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 typeⅡ MFでのピント合わせは至難ですが、 驚異的な明るさを体感すべく、Voigtlander Nokton 25mm F0.95 typeⅡを持ち出して、動画を撮影してみました! (typ...
続きを読む
Panasonic LUMIX DC-GX7MK3 + Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.

【街で見つけた形にフォーカス】光と影が織りなすかたち【Panasonic】[2020年01月09日]

形にも様々なものがあります。 マル・サンカク・シカクと言った人工的な幾何学模様や、 どの形にも属さない少し歪な自然の形。 形を探しながら撮影するというのは童心に帰った気分で、 中々楽しいものです。 今回は光の形。 目に見えているようで、見えていない様な形に少し注目して見ようかと思います。 駐輪している自転車をモノクロで撮影。 明暗差が車輪に一本の線を作り出して...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3l

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3 「LUMIX DC-GH5SとS1Hを検証」[2019年12月22日]

  LUMIX S1H特集の第三弾 今回はLUMIX DC-GH5SとS1Hの検証動画となります。 記録方式:MOV形式、4K [3840×2160]、29.97p、400Mbps(4:2:2,10bit ALL-I)、S1H V-Log /GH5S V-Log L Log撮影とは Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメー...
続きを読む
GM5

【Panasonic】LUMIX G 20mm F1.7 と行く三都物語【カメラを愉しむ vol.7】[2019年12月21日]

仕事の休憩中に『京都で紅葉の撮影がしたい!』 そんな衝動に。 しかしながらカメラも自宅、着替えも自宅、車も自宅。 一度○○をしたいと考えると実現しなくては気がすまない性格の私は、休憩時間が終わるまでに「中古カメラ」と「深夜バス」の予約を済ませておりました。 そこでセレクトした機材は『Panasonic GM5』と『Panasonic LUMIX G 20mm F1.7(初代)』。 使いたい時だけ中古...
続きを読む