2019年6月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2019年6月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2019年07月12日 12時00分]






新品デジカメ6月ランキング
1位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
4位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
5位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ
6位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
7位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ
8位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
9位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
10位 Leica Q2 コンパクトデジタルカメラ

Nikon Z6


Nikon Z6が、「令和」最初の首位であったSONY α7IIIを抜いて1位に。それも大きく差をつけての首位獲得となりました。
やはりこの時期のキャッシュバックキャンペーン投入がお客様の購買意欲に火をつけ、大きな成果を得たようです。

逆にキャンペーンの終わってしまったCanon EOS Rも、それでも4位と奮闘していますから、3強メーカーのフルサイズミラーレス機の争いも熾烈を極めてきました。
特にNikonとSONYは、それぞれ上位機種SONY α7RIIIが8位、Nikon Z7がランク外ですが11位といい位置につけていて、ハイスペック機同士の争いも楽しみに。

APS-C機の争いも激化。
SONY α6400が6位、FUJIFILM X-T30が7位と相譲らず。
どちらにするか迷ったままご来店され、店頭で実機を触られたり、スタッフにアドバイスを求められるお客様も結構いらっしゃいます。

そして、それらライバル対決の合間を縫うように常連コンパクト機がランキングに加わります。

生産完了品ながら強い! OLYMPUS Tough TG-5が3位!!
新製品 Tough TG-6の発売が7月下旬予定ですから、まだ時間があります。ニューモデルを待つか、お買い得価格のTG-5にするか、本当に悩みどころ…
とはいえ、TG-5も在庫限り・売り切れ必至ですから、ご決断はお早めに!

さらに、当ランキングですっかり常連になった1万円台コンパクトCanon IXY 200が5位、未だ品薄状態が続く人気の高画質コンパクトRICOH GR IIIが9位に入りました。
対極にあるともいえる2つのコンパクト機が順位を競うのも、新品ランキングならではの面白いところです。

今回も見どころ多きランキングでしたが、もう一つとっておきの注目株が10位に入ったLeica Q2です!!
3月発売開始から全世界的に品薄状態に陥り、メーカーのお知らせでおよそ3ヶ月待ちといわれていたQ2。その3ヶ月が経ち、ようやく少しずつ入荷してきました。
ご予約されたお客様にとって待ちに待った商品、満を持してのランキング登場です。
Leicaカメラがこのランキングに顔を出すのは、2017年10月のLeica M10以来のこと。あの時も長くお待ちになった方が多数いらっしゃいました。
その前は2016年2月の初代Leica Q(Typ116)ですから、今回のランキングをご覧の皆様はかなりレアな状況を目撃したことになります。

せっかくなので、もう一つ情報を。6月28日発売のFUJIFILM GFX100がランク外15位に登場。
次回110万円越えのカメラがランキング内に入ってくるかも… またまたレアな場面に遭遇か?!




中古デジカメ6月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
3位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
4位 Canon EOS 7D Mark II デジタル一眼レフカメラ
5位 Canon EOS 6D Mark II デジタル一眼レフカメラ
6位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
7位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
8位 Nikon D810 デジタル一眼レフカメラ
9位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
10位 SONY α7RII ミラーレス一眼カメラ

SONY α7III


SONY α7IIIが首位を奪還。今年に入ってから中古部門の1位は、α7IIかα7IIIか、という状況が続いています。

しかし今回、1位に僅差で迫ったのはNikon D850。4位以降もずらっと一眼レフ機がランクインしました。
というのも、マップカメラでは今一度皆様に一眼レフカメラの良さを実感してもらいたく、一眼レフ機の中古価格見直しを大々的に行ったのです。
この試みは功を奏したようで、結果としてNikon・Canonの主要一眼レフ機がランキングに名を連ねることとなりました。
それも、ハイエンドクラス以外のフルサイズ機とハイスペックAPS-C機というように、両メーカーとも似たようなラインアップになっています。

1ランク上のカメラに買い換えの方以外にも、これから本格的にカメラを始めたいという方にも好評で、「一眼レフカメラのシャッター音は、写真を撮っているという気にさせてくれる」と仰る方もいらっしゃいました。
小気味よいシャッター音、どんな状況でもクリアに見える光学式ファインダーなど、一眼レフ機でしか味わえない魅力もあります。
この機会に皆様もいかがでしょうか?!

今回の中古ランキングは3メーカーで占められる結果となりました。
ランク外も11位SONY α6000、12位SONY α7RIII、13位Canon EOS 5D MarkIVと続き、他メーカーが顔を出すのは14位以降となります。
次回、他メーカーの巻き返しはあるでしょうか。このまま3強独占ではないことを期待しましょう。




[ Category:etc.|掲載日時:2019年07月12日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
本日もまた写真日和。五日目。 【増税前にデビュー】本日もまた写真日和。五日目。 2019年09月10日
9月になりました。 暑い、寒い、時々ちょうどいい、そんな気温に包まれながら。 大雨だ、大風だ、夏の名残の日差しが描く虹を眺めながら。 日々は着実に秋へと歩を進めています。 来月で入社して早半年、私が新人スタッフと名乗ってよい期間も、もう短いでしょうか。 一丁前にそんなことを思いながら、この青二才、まだ少しだけ甘えさせて頂きたいと思います。 本日も、新人スタッフのカメラ話に暫しお付き合い下さい。 増税前にデビュー、そう銘打って書かせて頂く本日のブログですが、何も悲...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年8月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年09月09日
新品デジカメ8月ランキング 1位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M7 コンパクトデジタルカメラ 2位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 3位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ 4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 6位 OLYMPUS Tough TG-6 コンパクトデジタルカメラ 7位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.2 2019年09月08日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 One More Times!! Vol.2です。 前回のOne More Times!!はコチラから。 前回に続き本館4Fスタッフのブログをご紹介させていただきます。 まずマップカメラとしては貴重なポートレート写真。 フィルムで撮った「祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート」 デジタルで撮った「キヤノン×ニコン 夏のポートレート」 アクセス数がすごいら...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】地平線の王者:Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8 2019年09月05日
Canon EOS R/Carl Zeiss Milvus 21mm F2.8 21mm 地平線が広がる雄大な風景や 目の前の空間をすべて写し込むような表現に理想的な常用広角レンズ。 とメーカーでも言うとおり、ダイナミックな写真が撮れます。 一つのシーンをドラマチックに、壮大なスケールをそのまま取り込むことが出来る画角。 そんなシーンでは必須とも呼べるレンズですが、使いこなすのには画角への感覚と経験も必要なレンズという印象です。 今回も実際には50mmと21mmを携帯して撮影に臨んだのですが、21mmだけで切り撮った世...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]