【CONTAX】いつも傍に置いておけるフィルムカメラ | THE MAP TIMES 
Select Language



【CONTAX】いつも傍に置いておけるフィルムカメラ

[ Category:etc.|掲載日時:2019年07月07日 10時00分]



CONTAX T3

デジタル全盛の時代にあっても、手放せないフィルムカメラがいくつもあります。
Nikon S2やF100、Rolleiflex 3.5BやAsahi Pentax SPなど、手元には様々なカメラがありますが、
とりわけこの一台というものがあります。
それは「CONTAX T3」というコンパクトフィルムカメラです。
フィルムコンパクトカメラの頂点をRicoh GR1やMinolta TC-1などと競い合った銘機。
どれもこれも個性派揃いですが、その中でも使っていて、とりわけ私を魅了した描写をしたカメラがCONTAX T3でした。



CONTAX T3

空のトーンも美しく描いてくれるだけでなく見たときの気持ちをそのまま写し取ってくれる気がしてなりません。
TC-1のガツンとくるコントラスト溢れる描写と違い、自然な写りをしてくれます。


CONTAX T3

コンパクトカメラにおいて中抜けが少なく、非常に優秀なAFです。
フィルムコンパクトに多い中抜けが嫌いで、一眼レフを使わざるを得なかったことも多いのですが、
CONTAX T3は他のコンパクトカメラの中でもとりわけ中抜けが少ないカメラです。
ピント面の解像力も高いのは当然と言わんばかりの描写をします。



CONTAX T3

とはいえ、中抜けしないわけではありません。強烈な逆光時など中抜けをすると、いったりきたりでピントを外すこともあります。
ピントを外してもボケが綺麗なため、その場の雰囲気を持ち帰るような写真になったりもします。
そのためでしょうか。不思議なことに、T3なら中抜けしても許せる事が多い気がします。


CONTAX T3

秩父にある天空のポピー畑です。撮影したころは今ほど有名でもなく、整備もほとんどされていない状態でした。
35mm F2.8というレンズではありますが、これだけ離れた人物でも自然と浮かび上がるような雰囲気で撮影できます。


CONTAX T3
CONTAX T3
CONTAX T3

ツァイス単焦点×フルフレームをジーンズのポケットに収め、銘レンズCarl Zeiss Sonnar 2.8/35を存分に
楽しめるだけの操作性を、小さな筐体にギュッと詰められたカメラ。
いつも傍らに居てくれる孤高のツァイスがCONTAX T3というカメラです。
デジタルとは違い、ネガもポジもフィルムとして形が残るフィルムカメラは、その日、その場所にあった光を
一緒に居てくれたフィルムに残してくれること、デジタル全盛の時代にあっても、やはりフィルムカメラを
手放すことができない理由のひとつです。













〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年07月07日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]