【Leica】オペレーション・ノクト! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】オペレーション・ノクト!

[ Category:Leica|掲載日時:2019年07月09日 20時50分]


オペレーション・ノクト!

今回、光栄にもライカM(Typ240)ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)のセットで撮影する機会を得ましたので、そちらのレポートを綴ってみようと思います。
巷で言われているように、レンジファインダーだとノクティルックスのピント合わせは難しいのか。ずっと気になっていた疑問に真正面から挑む良い機会です。
なお、全ての写真は一切の編集を加えていないjpegとなります。

それではどうぞ。


Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)

まずはピント合わせが難しいと言われているファインダー像を見てみましょう。
このレンズ、かなり大柄ですのでご覧の様にケラレが発生します。ですがこれはこれで、「撮るぞ!」と気合が入る出で立ちです。


さて、簡単にレンズの紹介を。
ノクティルックス(Noctilux)の「NOCT」とは、‘夜’を意味し、圧倒的な明るさを誇るレンズであり、従来は不可能であった夜間の撮影を可能にした偉大なるレンズです。
そんなレンズですので、ファーストショットは夜の写真と決めておりました。
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)
素通しのファインダーは非常に明るく、ピント合わせも容易に行うことが出来ました。
このレンズと、M(Typ240)の高感度性能があればもう夜など敵ではありません。


・・・



ここからは日を変えて街中スナップを。
以降のカットは全て絞り開放、つまりF1.0です。

今回初めて気が付いたのですが、スナップ撮影では開放を使用できる機会が意外と多いのです。
暗い日陰や路地裏はもちろん、ちょっとした日陰と明るいところが混じったようなシーンでも案外普通に撮れてしまうなと感じました。
しかし当日は晴天下でしたので、ISOを100にしても露出オーバーになることがままあります。
そういった場合でも独特の艶やかな描写とドリーミーさが相まって雰囲気は上々。収差の残し方が佳く、良い方向に働いているようです。
M型のデジタルライカは、基本的に1/4000秒までしかシャッタースピードを選択できないのですが、これならば全く問題ありません。
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)



筆者は今まで色々なレンズを使用してきましたが、50㎜で開放f値1.0というスペックは初めて。
ボケ量やピント面の解像なども含め、全く未知の領域でした。
「知らないもの」は「たのしいもの」。
シャッターを切るたびにドキドキできたのは久しぶりで、カメラを始めたばかりの頃こんな風にワクワクしながら撮っていたっけなあ…。
と懐かしくなってしまいました。どうやら少し歳をとったようです。
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)

撮影日は猛暑だったので、首の後ろとおでこに冷却シートを張り付けて撮影しました。いやあ、本当に暑かった・・・。
そんな中で気がついたのですがこのレンズ、空気の「ヌメリ」を表現するのが大変上手いように感じるのです。
むっとする暑さと、真昼の重さ。
夏の白昼夢の様に曖昧になりがちな「世界と自分の境界線」に気付かせてくれる描写が、ノクティルックスの魅力なのかもしれません。
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)
Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)

「何が何でも開放で撮影する」という意地を貫いた今回、そのせいで絞りリングの操作感をチェックするのを忘れてしまいました・・・。
このクラスのレンズは、フィーリングも重要なステータスですのでちょっと後悔。
高嶺の花ではありますが、いつかは手にしてみたいものです。

Leica M(Typ240)+ノクティルックスM50mm F1.0(フード組み込み)




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:Leica|掲載日時:2019年07月09日 20時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]