【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A | THE MAP TIMES
Select Language

【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月15日 11時00分]




SONY RX100M5A
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm
観覧車からのラスベガス夜景


SONY RX100M5A
F2.8 1/50 ISO-1600 53mm
アンテロープ・キャニオン


アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。
そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。

メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、
フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!!
今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。



SONY RX100M5A
F2.8 1/160 ISO-500 70mm

まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。
飛行機を降りると早速目の前にスロットがありました。
空港内にスロットがあるなんて、さすがカジノの街ですね。

空港内で大きな荷物がある中で、鞄からごそごそとフルサイズ機を取り出してレンズをセット…なんて大変ですが、
こういう時にサッと取り出して気軽に撮影出来るコンデジは非常にありがたいです。


SONY RX100M5A
F1.8 1/160 ISO-6400 24mm

ホテルに荷物を置いて、夜のショーを鑑賞するためにホテル・ベラージオへ。
ISO6400で撮影して、このシャープさに驚きです。


SONY RX100M5A
F1.8 1/60 ISO-4000 24mm

ベラージオ内にあるこの会場で、サーカス団シルク・ドゥ・ソレイユの『オー』というショーが公演されています。
水を使った演目で、非常に見ごたえがありました。
ラスベガスに行く機会があれば、必ず見てほしいショーです!


SONY RX100M5A
F1.8 1/10 ISO-3200 24mm

別日にもシルク・ドゥ・ソレイユの『カー』を鑑賞。
炎をイメージしたショーです。
機械的なイメージで創られた内装、とても力強いイメージを感じました。
こちらも会場内非常に暗く1/10で撮影しましたが、ブレていないのです!


昼間にもRX100M5Aを持ってラスベガス市内を色々と観光しました。


SONY RX100M5A
F4 1/400 ISO-320 24mm
ラスベガス市内のホテル


SONY RX100M5A
F4.5 1/160 ISO-500 24mm
ホテル内装


SONY RX100M5A
F8 1/160 ISO-200 54mm
ラスベガス市内


SONY RX100M5A
F4 1/160 ISO-400 24mm
ダウンンタウン


SONY RX100M5A
F2.8 1/25 ISO-2000 48mm
昼食の牛肉ステーキ

ラスベガスは巨大なホテルが連なるのが特徴で、ホテル内見学がメイン。
ホテル内で大きなカメラを構えるのは気がひけたのと、荷物を軽くしたかったので、
この日はフルサイズ機を置いてRX100M5Aのみを所持。
非常に身軽で快適なら、充分満足のいく思い出の写真を沢山残せました。


続いて、西海岸のキャニオン観光です。



SONY RX100M5A
F4 1/60 ISO-125 24mm
ブライス・キャニオン国立公園



SONY RX100M5A
F1.8 1/3200 ISO-500 24mm


SONY RX100M5A
F2.8 1/1250 ISO-500 47mm
アンテロープ・キャニオンへ向かう車

ガタついた砂道で、激しく揺れる車。
手ぶれを気にしてシャッタースピードを速くして撮影。
操作感が良く、マニュアルで細かい設定で撮影出来るのもお気に入りのひとつです。


SONY RX100M5A
F1.8 1/15 ISO-1600 24mm
アンテロープ・キャニオン


SONY RX100M5A
F1.8 1/80 ISO-1600 24mm
アンテロープ・キャニオン

コンデジで撮影したとは思えない、惚れ惚れするような画の数々。
この時フルサイズ機も持っていましたが、
アンテロープは細かい砂が舞っているのでレンズ交換はオススメ出来ないとのこと。
散々機材に悩んだ私は、広角域をフルサイズ機、標準域はRX100M5Aで挑み、大正解でした。
狭く暗い峡谷のため、F1.8-2.8という明るさと5軸手ブレ補正が非常に重宝し、思い残すことのない画を残せました。



SONY RX100M5A
F4 1/80 ISO-125 70mm
ペイジの夕景色



実は今回、自撮り用にと持って行ったRX100M5Aですが、
景色を撮影するためのサブ機としても充分活躍しました。
やはり24-70mm F1.8-2.8という明るいレンズと、なによりポケットに入る軽量さに助けられ、とても快適な旅となりました。
今後も旅には必ず連れていくことでしょう。
今では手放せない、すっかり私のお気に入りの一台です。



↓今回使用した機材はコチラ!↓








null
マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月15日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む