Select Language

【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月15日 11時00分]




SONY RX100M5A
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm
観覧車からのラスベガス夜景


SONY RX100M5A
F2.8 1/50 ISO-1600 53mm
アンテロープ・キャニオン


アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。
そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。

メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、
フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!!
今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。



SONY RX100M5A
F2.8 1/160 ISO-500 70mm

まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。
飛行機を降りると早速目の前にスロットがありました。
空港内にスロットがあるなんて、さすがカジノの街ですね。

空港内で大きな荷物がある中で、鞄からごそごそとフルサイズ機を取り出してレンズをセット…なんて大変ですが、
こういう時にサッと取り出して気軽に撮影出来るコンデジは非常にありがたいです。


SONY RX100M5A
F1.8 1/160 ISO-6400 24mm

ホテルに荷物を置いて、夜のショーを鑑賞するためにホテル・ベラージオへ。
ISO6400で撮影して、このシャープさに驚きです。


SONY RX100M5A
F1.8 1/60 ISO-4000 24mm

ベラージオ内にあるこの会場で、サーカス団シルク・ドゥ・ソレイユの『オー』というショーが公演されています。
水を使った演目で、非常に見ごたえがありました。
ラスベガスに行く機会があれば、必ず見てほしいショーです!


SONY RX100M5A
F1.8 1/10 ISO-3200 24mm

別日にもシルク・ドゥ・ソレイユの『カー』を鑑賞。
炎をイメージしたショーです。
機械的なイメージで創られた内装、とても力強いイメージを感じました。
こちらも会場内非常に暗く1/10で撮影しましたが、ブレていないのです!


昼間にもRX100M5Aを持ってラスベガス市内を色々と観光しました。


SONY RX100M5A
F4 1/400 ISO-320 24mm
ラスベガス市内のホテル


SONY RX100M5A
F4.5 1/160 ISO-500 24mm
ホテル内装


SONY RX100M5A
F8 1/160 ISO-200 54mm
ラスベガス市内


SONY RX100M5A
F4 1/160 ISO-400 24mm
ダウンンタウン


SONY RX100M5A
F2.8 1/25 ISO-2000 48mm
昼食の牛肉ステーキ

ラスベガスは巨大なホテルが連なるのが特徴で、ホテル内見学がメイン。
ホテル内で大きなカメラを構えるのは気がひけたのと、荷物を軽くしたかったので、
この日はフルサイズ機を置いてRX100M5Aのみを所持。
非常に身軽で快適なら、充分満足のいく思い出の写真を沢山残せました。


続いて、西海岸のキャニオン観光です。



SONY RX100M5A
F4 1/60 ISO-125 24mm
ブライス・キャニオン国立公園



SONY RX100M5A
F1.8 1/3200 ISO-500 24mm


SONY RX100M5A
F2.8 1/1250 ISO-500 47mm
アンテロープ・キャニオンへ向かう車

ガタついた砂道で、激しく揺れる車。
手ぶれを気にしてシャッタースピードを速くして撮影。
操作感が良く、マニュアルで細かい設定で撮影出来るのもお気に入りのひとつです。


SONY RX100M5A
F1.8 1/15 ISO-1600 24mm
アンテロープ・キャニオン


SONY RX100M5A
F1.8 1/80 ISO-1600 24mm
アンテロープ・キャニオン

コンデジで撮影したとは思えない、惚れ惚れするような画の数々。
この時フルサイズ機も持っていましたが、
アンテロープは細かい砂が舞っているのでレンズ交換はオススメ出来ないとのこと。
散々機材に悩んだ私は、広角域をフルサイズ機、標準域はRX100M5Aで挑み、大正解でした。
狭く暗い峡谷のため、F1.8-2.8という明るさと5軸手ブレ補正が非常に重宝し、思い残すことのない画を残せました。



SONY RX100M5A
F4 1/80 ISO-125 70mm
ペイジの夕景色



実は今回、自撮り用にと持って行ったRX100M5Aですが、
景色を撮影するためのサブ機としても充分活躍しました。
やはり24-70mm F1.8-2.8という明るいレンズと、なによりポケットに入る軽量さに助けられ、とても快適な旅となりました。
今後も旅には必ず連れていくことでしょう。
今では手放せない、すっかり私のお気に入りの一台です。



↓今回使用した機材はコチラ!↓








null
マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月15日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!27票


indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.01[2020年04月01日]

本日の機材 Nikon Z6 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759149534" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759901514...
続きを読む
お散歩

【Hassel blad】フィルム散歩[2020年03月31日]

妻、「天気いいし、散歩しましょう!」 少し前のことですが、妻と二人で多摩川まで散歩に出かけました。 自宅から徒歩だとちょっと距離があるのですが、冬にしては暖かな午後、休日は家でゴロゴロが当たり前の私を見かねての妻の決断です。 私、「……」 従うしかありません。 まぁ、どうせならと、今回お伴に選んだのは(…勿論、一番のお伴は妻ですが……)、ハッセルブラッド 500C/Mにプ...
続きを読む
邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む
ニホンリスがかわいい

【Canon】ニホンリスがかわいい!【85mm F1.4 L玉の世界】[2020年03月31日]

今回は以前動物園へ撮影に行ったときの写真をご覧いただきます! 機材は「Canon EOS 5D Mark IV」と「Canon EF85mm F1.4L IS USM」を組み合わせました。 私のお気に入りの動物の中から(動物はみんな好きですが!)、今日はニホンリスの写真をご紹介。 85mm F1.4がまた、リスのポートレート撮影にピッタリなのです。 全て開放F値1.4でお届けします! リンゴを咥えています。 このあと、巣箱の裏...
続きを読む
【Leica】The World of Monochrom Episode V

【Leica】The World of Monochrom Episode V[2020年03月31日]

Leica M10 monochrome+Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH. ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ The World of Monochrom Episode Vです。 今回はLeica Summilux 50mm F1.4 ASPH.とCarlZeiss C Sonnar 50mm F1.5 それとNOKTON 35mm F1.4 MC VM MapCamera 25th Editionを使用しました。 Episode Vと聞くと雪だなぁ。と思っていたら…見事に降りました。 少し...
続きを読む