【私のお気に入り】今は懐かしきSIGMA DP2 Merrill | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【私のお気に入り】今は懐かしきSIGMA DP2 Merrill | THE MAP TIMES
Select Language

【私のお気に入り】今は懐かしきSIGMA DP2 Merrill

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年07月22日 20時30分]


SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP2 Merrill + 汎用フード(ステップダウンリング使用)


SIGMAフルサイズ機 fpがサプライズ発表され、カメラ業界では大変話題になりました。

fpは敢えてベイヤーセンサーを搭載。
世界最小ながらスチル/動画の両刀スペックを兼ね備え、様々な拡張性を秘めたカメラとなっており、大変魅力的なカメラに仕上がっています。

このタイミングでfpが出たのであれば、次はSIGMAのお家芸であるFoveonセンサー搭載機が出るのでは…!?なんて想像をしている方も少なからずいらっしゃると思います。
私もそのFoveonセンサーの虜になった1人、出るかどうかも分からないとはいえ、期待だけが膨らみます。

歴代のFoveonセンサー搭載機にはいろいろな型番がありますが、個人的にはSIGMA DP2 Merrillがお気に入りです。

発売は約7年前の2012年。
NikonのD800が発売され、大変話題になった年です。

D800は約3600万画素センサーを搭載し、当時としては群を抜いた画質でしたが、このDP2 Merrillはコンパクトカメラにも関わらず4600万画素センサーを搭載。
発表された時は大変驚かされました。

発表後早々に予約を行い、発売日にカメラを手に入れてワクワクした気分のまま、横浜の山手西洋館に向かったことは今でもよく覚えています。

SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
山手西洋館にて

SIGMA DP2 Merrill
当時の愛機 Canon EOS 5DmarkII

SIGMA DP2 Merrill
帰り道 夕暮れの空


JPG撮って出しも大変綺麗な画質ではありますが、SIGMAのDPシリーズはRAW現像が真骨頂。
他のカメラでは決して味わえない超解像力、立体感、空気感に圧倒されました。


SIGMA DP2 Merrill


白い花はどうしても白とびに悩まされ、なかなか難しい被写体ですが
Foveonセンサーなら表面の質感、雫の立体感まで見事に表現する事ができます。



SIGMA DP2 Merrill

SIGMA DP2 Merrill

SIGMA DP2 Merrill

SIGMA DP2 Merrill


何となくSIGMAシリーズの機材を使っていると、廃退的な写真が撮りたくなるのは私だけでしょうか?
寂しい空気感、少し錆びた金属の表現力、モノクロの質感もまた良し…ついついシャッターを切ってしまいます。



SIGMA DP2 Merrill
浅草 浅草寺

SIGMA DP2 Merrill
秩父 三十槌の氷柱


SIGMAの現像ソフトに搭載されているX3 Fill Light(暗部のみを明るくする機能)を使う事で、黒潰れしがちな影の部分も綺麗に表現する事ができます。
HDRのような表現をしつつ自然なタッチで表現できる部分も、DP2 Merrillの魅力の一つです。


SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP2 Merrill + SIGMA LIFE-SIZE ATTACHMENT(ステップアップリング使用)


DP2 Merrillは最短撮影距離が28cm 最大撮影倍率が1:7.6とあまり寄る事ができない部分がネックと言われることがありますが
そういう時はクローズアップレンズの使用もオススメです。
解像力はどうしても落ちてしまいますが、Foveonセンサーに代わりありませんので、十分楽しむことが出来ます。

カタログに記載はありませんが、49mmのフィルターが装着できるので、保護用プロテクターや偏光フィルターの使用も可能です。


SIGMA DP2 Merrill

SIGMA DP2 Merrill

SIGMA DP2 Merrill

現在は販売していないのですが、No,4-5程度のクローズアップ性能を持つLIFE-SIZE ATTACHMENT を着用して撮影しました。
開放ではさすがに解像力が落ちますが、少し絞れば本来のシャープさを取り戻し、十分実用に耐える画質になります。

蝶の写真はF8まで絞り込みましたが、ボケも綺麗で違和感も感じる事はありません。
コンデジながらフィルターを付けられる仕様なので、冒頭の写真の様に様々なフードを装着出来るなど、ドレスアップも捗ります。


今回はSIGMAの新製品をきっかけに、思い入れのあるDP2 Merrillを久々に持ち出して使用しました。
発売から月日が経っても名機である事には変わりなく、当時の様なワクワク感を感じる事ができました。

皆様も何かのきっかけに、思い入れのあるカメラで撮影を楽しんで頂ければ幸いです。


↓今ならマップカメラオリジナル商品 ポイント10倍!↓
↓こちらのフィルターは安心の国産メーカー made in JAPANです↓


↓当店ではSIGMA DPシリーズの中古品を取り扱っております↓
↓在庫僅少商品の為、欲しい時が買い時です!↓






Earth Photo Contest

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!こちらの投稿テーマも"私のお気
に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しており
ますので奮ってご参加ください。


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年07月22日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!36票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む