【私のお気に入り】広角ライカ! | THE MAP TIMES 
Select Language



【私のお気に入り】広角ライカ!

[ Category:Leica|掲載日時:2019年07月23日 13時23分]




「ライカレンズのメジャーラインは35mmと50mm」という言葉を、よく耳にします。
確かにこの焦点距離は使い易い。銘玉も多い。
ですが筆者は、あえて28㎜をチョイスすることがままあります。

元はと言えば、インターネット上での作例が少なかった為に「自分で使ってみよう」と思い立った所から始まったのですが、今ではすっかりお気に入りになりました。
今日はそんな私のおすすめレンズであるズミルックス M28mm F1.4 ASPH.についてお話ししたいと思います。



まずこのレンズ、フィルターの装着について注意があります。
ねじ込み式のレンズフードの内側に「化粧リング」というものがありまして、そちらを外すと「49mm」のフィルターが装着できるようになります。
図解



以下の作例は、全てLEICA M(Typ240)を使用し、jpeg撮って出しのものです。
設定はデフォルトを使用しておりますので、ホワイトバランスや彩度、コントラストも標準です。


LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
開放付近の描写はスカッと抜けが良く、高解像ですがパリパリにシャープではない、正にズミルックス!と言えるものです。
「滲み」とまではいかないですが、光が回りこんだ写真はどこか懐かしい雰囲気を持っています。



LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
コントラストはわりと高めで、黒はちゃんと締まる印象です。
ただ、暗部がいきなりストンと落ちてしまうタイプではありませんので、露出補正でのシャドウのコントロールは比較的しやすいかと思います。
Leica M(Typ240)との組み合わせでは、空の色もガツンと出ます。



LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
歪曲収差は若干の樽型でしょうか。実写で問題になることはまずありません。



LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
こちらはf8まで絞って撮影。周辺画質は上々です。
遠景をしっかりと解像させたい場合は5.6程度まで絞ってあげると吉。以下はピクセル等倍での周辺部の抜き出しです。
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.




「固すぎない・光がまわる」というと、こういう被写体をチョイスしたくなりますね。どちらも良い雰囲気です。
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.




逆光耐性はなかなか良いです。
室内から窓越しに太陽を撮影してもゴーストはこの程度。
やはり新型レンズです。
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.



最後に、個人的なおすすめポイントを一つ。
ライカのM型ボディを使用しレンジファインダーで撮影をする場合、28mmのブライトフレームはかなり外側に位置します。
メガネをかけている方ですと、周辺まで視界を巡らさないと確認できません。
ですので、あえてブライトフレーム(写る範囲)を気にせず水平だけをだして撮影してみてください。
普段一眼タイプのカメラを使用している方であれば、いつもの自分では撮らない構図の写真がディスプレイに映し出され、感動します。
そこから新しい構図のヒントなどが見つかったりして、それもまた嬉しかったり…。

ライカの28mm。良いですよ!
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.












earth photo contest

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年07月23日 13時23分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]