【私のお気に入り】広角ライカ! | THE MAP TIMES 
Select Language



【私のお気に入り】広角ライカ!

[ Category:Leica|掲載日時:2019年07月23日 13時23分]




「ライカレンズのメジャーラインは35mmと50mm」という言葉を、よく耳にします。
確かにこの焦点距離は使い易い。銘玉も多い。
ですが筆者は、あえて28㎜をチョイスすることがままあります。

元はと言えば、インターネット上での作例が少なかった為に「自分で使ってみよう」と思い立った所から始まったのですが、今ではすっかりお気に入りになりました。
今日はそんな私のおすすめレンズであるズミルックス M28mm F1.4 ASPH.についてお話ししたいと思います。



まずこのレンズ、フィルターの装着について注意があります。
ねじ込み式のレンズフードの内側に「化粧リング」というものがありまして、そちらを外すと「49mm」のフィルターが装着できるようになります。
図解



以下の作例は、全てLEICA M(Typ240)を使用し、jpeg撮って出しのものです。
設定はデフォルトを使用しておりますので、ホワイトバランスや彩度、コントラストも標準です。


LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
開放付近の描写はスカッと抜けが良く、高解像ですがパリパリにシャープではない、正にズミルックス!と言えるものです。
「滲み」とまではいかないですが、光が回りこんだ写真はどこか懐かしい雰囲気を持っています。



LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
コントラストはわりと高めで、黒はちゃんと締まる印象です。
ただ、暗部がいきなりストンと落ちてしまうタイプではありませんので、露出補正でのシャドウのコントロールは比較的しやすいかと思います。
Leica M(Typ240)との組み合わせでは、空の色もガツンと出ます。



LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
歪曲収差は若干の樽型でしょうか。実写で問題になることはまずありません。



LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
こちらはf8まで絞って撮影。周辺画質は上々です。
遠景をしっかりと解像させたい場合は5.6程度まで絞ってあげると吉。以下はピクセル等倍での周辺部の抜き出しです。
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.




「固すぎない・光がまわる」というと、こういう被写体をチョイスしたくなりますね。どちらも良い雰囲気です。
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.




逆光耐性はなかなか良いです。
室内から窓越しに太陽を撮影してもゴーストはこの程度。
やはり新型レンズです。
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.



最後に、個人的なおすすめポイントを一つ。
ライカのM型ボディを使用しレンジファインダーで撮影をする場合、28mmのブライトフレームはかなり外側に位置します。
メガネをかけている方ですと、周辺まで視界を巡らさないと確認できません。
ですので、あえてブライトフレーム(写る範囲)を気にせず水平だけをだして撮影してみてください。
普段一眼タイプのカメラを使用している方であれば、いつもの自分では撮らない構図の写真がディスプレイに映し出され、感動します。
そこから新しい構図のヒントなどが見つかったりして、それもまた嬉しかったり…。

ライカの28mm。良いですよ!
LEICA M(Typ240)+ズミルックス M28mm F1.4 ASPH.












earth photo contest

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年07月23日 13時23分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む
TeleElmare135mm+monochrom 【私のお気に入り】MMvol.3 2019年08月14日
前回に続きわたしのお気に入り『LEICA M Monochrom』 まだまだレンズを模索する日々、 今回は普段個人では使わない望遠を攻めてみました。 ここでいきなり【Tele Elmar135mm】を持ち出す事に。 ちなみにわたしが使っているモノクロームCCDタイプのもの ライブビューありません。AFもそこはM型、ありません。 いけるのでしょうか… よって撮ってみたり 眼圧の限界を感じながらも引いてみたり 通りがかりでやっていた阿波踊り とてつもなく混み合っていた...
続きを読む
嵐のち晴天、潮風にゆられて 【私のお気に入り】嵐のち晴天、潮風にゆられて 2019年08月09日
冷夏と呼ばれた先月からうって変わり 強い日差しと熱帯夜が続いております。 昼には蝉の大合唱が、夜には羽虫の演奏会が。 まさに日本の夏も本番となってまいりました。 冷たい物の摂りすぎにはご用心を。 さてこの度のお題目は【私のお気に入り】。 お気に入りの場所をお気に入りの機材と 【スーパーアンギュロンM21mm f4】で 数枚撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 電車に飛行機、バスに船。 ありとあらゆる交通手段を...
続きを読む
Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 【私のお気に入り】M9-Pと長野への旅 2019年07月27日
先日のお休みに愛機のM9-Pを携えて日帰りで長野旅行に行ってまいりました。 東京駅から長野駅までは2時間弱ですが、朝食をとって旅行のプランを考えているとあっという間に到着しました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 長野といえば善光寺ということで参拝に訪れると、ながの祇園祭当日で御祭礼屋台巡行が行われておりました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM 町内毎の屋台の賑やかなお囃子や舞を堪能することができました。 Leica M9-P×C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM ...
続きを読む
【私のお気に入り】広角ライカ! 【私のお気に入り】広角ライカ! 2019年07月23日
「ライカレンズのメジャーラインは35mmと50mm」という言葉を、よく耳にします。 確かにこの焦点距離は使い易い。銘玉も多い。 ですが筆者は、あえて28㎜をチョイスすることがままあります。 元はと言えば、インターネット上での作例が少なかった為に「自分で使ってみよう」と思い立った所から始まったのですが、今ではすっかりお気に入りになりました。 今日はそんな私のおすすめレンズであるズミルックス M28mm F1.4 ASPH.についてお話ししたいと思います。 まずこのレンズ、フィルターの装着...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]