【祭り特集 特別編】「郡上踊り発祥祭」レポート | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【祭り特集 特別編】「郡上踊り発祥祭」レポート | THE MAP TIMES
Select Language

【祭り特集 特別編】「郡上踊り発祥祭」レポート

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月25日 18時00分]




祭り特集も今回で3回目となりました。夜祭がテーマなので『郡上踊り』をご紹介したいと思います。

岐阜県の山間部に位置する城下町の郡上八幡にて毎年7月から9月上旬にわたり計30回以上開催される日本一長い盆踊りです。更にお盆期間のクライマックスは4夜連続の徹夜踊りが有名で、平成から令和へ元号が変わる日にもこの祭りが開催されており、テレビでご覧になった方も多いと思います。







ちょうど私が立ち寄った日(2019年7月13日)は今年の踊り初日にあたる「郡上踊り発祥祭」の日でした。
夜の開催を待ちきれない踊り子たちが街に繰り出して散策中。この日はあいにくの梅雨空でしたが、お店には和装に似合う雨対策商品が並び備えは万全でした。







天候は梅雨前線も活発な大雨の日となってしまい「中止かな・・」と残念に思っていたところ「郡上踊りは警報が出ない限り必ず踊りますよ」とホテルの方の嬉しい情報を得て、夕食後20時に会場へ向かいました。

今回は超広角から望遠まで機材を持ち込みましたが、生憎の荒天になってしまったために現場でのレンズ交換のリスクを回避すべく結果的にレンズ1本勝負となりました。

ボディは私のメイン機α7RIII。標準撮影ISO感度が100〜32000と高感度にも強く、荒天でも信頼できる防塵・防滴仕様のカメラです。
レンズは悩んだ末、踊り子にグッと寄れるFE 12-24mm F4 Gチョイス。このレンズも防塵・防滴仕様なので、カメラ・レンズ共に雨天撮影の頼もしい相棒となってくれました。







会場に到着したときは既にかなりの豪雨。さすがに踊ってる人なんていないよね・・・の想像を一瞬で消し去るほど会場に集う人・ヒト・ひと。
中央の山車の奏者を囲み踊り子たちが幾重にも重なり踊ります。皆さん合羽は着ていますが、その下は全員浴衣姿。中には雨具なしでびしょ濡れの浴衣のまま踊る方も結構いました。それに比べ雨具を着込みカメラには防水カバーで重装備の自分がなんだか申し訳ない気持ちになりました…。







夜空には雨に煙る郡上八幡城が踊り子たちを見守っています。参加者は踊りもさることながら皆口々に唄も上手に歌っているので、幼き頃からこの踊りに親しんでいたことが初めて見た自分にも伝わってきました。皆さん本当に楽しそうで「雨?関係ないよ!」という元気なお年寄りもいて「あんたも写真ばかり撮ってないでこっち来て踊りなよ!」と言われてしまいました。たぶんこれが徹夜踊りの日であればナチュラルハイも手伝って踊って撮れるカメラマンになっていたことでしょう!







夜祭のもう一つの楽しみといえばやはり屋台でしょう。
ここ郡上八幡の子供たちも元気いっぱい。雨降りなんてものともせず射的の景品を獲得するための作戦会議中でした。その姿を見てテレビゲームで鍛えた腕前をぜひコルク玉のライフルで見せて欲しいと思った私。やっぱり夜祭って子供も大人もワクワクするものなのですね!





宿への帰り道、昼間は気付かなかったお店の窓の飾りがひときわ輝いていました。
郡上踊りは初めて見た祭りでしたが、どこか懐かしい感じが優しく感じられ、また訪ねてみたいと思わせる素敵なお祭りでした。次回は是非、朝まで踊り続ける徹夜踊りを体験してみたいと思います。













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月25日 18時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!10票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む