【私のお気に入り】本日もまた写真日和。三日目。  | THE MAP TIMES 
Select Language



【私のお気に入り】本日もまた写真日和。三日目。 

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月30日 20時00分]




SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

関東地方はようやく梅雨明け。
いよいよ、本格的な夏を感じる気温となってまいりました。
どれだけ暑くても、やはり、今日も今日とて写真日和でございます。夏の色をシャッターに収めましょう。
7月二度目の筆を執ります。新人スタッフのカメラ話に暫しお付き合い下さいませ。

同じ7月と言えど、季節は大きく移ろいました。
空は青すぎるほど青く、窮屈そうな積乱雲ははるか上空から影を落とします。
沢山の水が天から落ちてこようものなら、もうそれに可愛い名前は付けられず、ゲリラ豪雨、などと呼ばれるのでしょう。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

とは言え、本日は快晴も快晴。
前回に引き続いて運がよいです、晴れ男なのかもしれません。
此度は銀座へぶらりと参りましょう。私のお気に入り、でございます。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

SONYα7RⅢ
voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2.0 Aspherical
前回のブログから使い始めたこの組み合わせ、やはり空の色が映えます。
ただ、青と言ってしまうのは勿体なくすら感じませんか?
“青”とは決定的に違う“空の色”ですから、空色、や天色と表現したいところです。
ただ、言うは易し。「ええ青やなぁ」、ぽつり口を衝いて出るのは、いつもそんな言葉なのです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

お気に入り、とは言いましても、実は銀座、訪れるのは指折り数えるほどです。
ですが、よいです。その数回で感じる特別な空気。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

この街が重ね続けた時間は、何も知らない若造の心にも、とす、と刺さってしまい、
その切っ先が魅せる光は、重く、明るく、銀座という空間を照らし浮かび上がらせているように感じます。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

しかし、まあなんといっても、暑いです。
銀座に来ても珈琲が飲めない私は、照りつける日差しを避けてこんな世界に転がり込むのです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

広大な世界の中に、更に世界は広がっています。
井の中の蛙、大海を知らず。
ただし、大海を知って井の中を忘れる蛙にはなりたくないものです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

この機材たちもようやく手に馴染んできました。
使い慣れる、と言うにはまだ程遠いですが、ようやく何も考えずに撮影できるようになってきた、と言ったところでしょうか。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

最後に、今回の撮影で一番の「私のお気に入り」をお見せ致します。
使用レンズはEマウント用HOLGA HL(W)-SN。今回メインだったMACRO APO-LANTHARとはかなり毛色が違います。
APS-C用レンズであるためフルサイズセンサーのカメラに付けると、もちろん周辺部に光は届きませんが、
私はいつもAPS-Cクロップ機能を使わずに撮影しています。
いつまで経っても視野が狭い私には、この井戸から見上げる空のような写真がとんでもなく魅力的で、等身大で、涙が落ちるのです。
私もまだまだ、井の中の蛙なのでしょう。

いかがでしょうか。
添える言葉は、必要ありません。

SONYα7RⅢ + HOLGA HL(W)-SN 25mm F8

今日のお話はこれでお終いです。
それではまた、今より、暑い、熱い、夏で逢いましょう。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年07月30日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]