【私のお気に入り】本日もまた写真日和。三日目。  | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【私のお気に入り】本日もまた写真日和。三日目。  | THE MAP TIMES
Select Language

【私のお気に入り】本日もまた写真日和。三日目。 

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月30日 20時00分]



SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

関東地方はようやく梅雨明け。
いよいよ、本格的な夏を感じる気温となってまいりました。
どれだけ暑くても、やはり、今日も今日とて写真日和でございます。夏の色をシャッターに収めましょう。
7月二度目の筆を執ります。新人スタッフのカメラ話に暫しお付き合い下さいませ。

同じ7月と言えど、季節は大きく移ろいました。
空は青すぎるほど青く、窮屈そうな積乱雲ははるか上空から影を落とします。
沢山の水が天から落ちてこようものなら、もうそれに可愛い名前は付けられず、ゲリラ豪雨、などと呼ばれるのでしょう。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

とは言え、本日は快晴も快晴。
前回に引き続いて運がよいです、晴れ男なのかもしれません。
此度は銀座へぶらりと参りましょう。私のお気に入り、でございます。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

SONYα7RⅢ
voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2.0 Aspherical
前回のブログから使い始めたこの組み合わせ、やはり空の色が映えます。
ただ、青と言ってしまうのは勿体なくすら感じませんか?
“青”とは決定的に違う“空の色”ですから、空色、や天色と表現したいところです。
ただ、言うは易し。「ええ青やなぁ」、ぽつり口を衝いて出るのは、いつもそんな言葉なのです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

お気に入り、とは言いましても、実は銀座、訪れるのは指折り数えるほどです。
ですが、よいです。その数回で感じる特別な空気。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

この街が重ね続けた時間は、何も知らない若造の心にも、とす、と刺さってしまい、
その切っ先が魅せる光は、重く、明るく、銀座という空間を照らし浮かび上がらせているように感じます。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

しかし、まあなんといっても、暑いです。
銀座に来ても珈琲が飲めない私は、照りつける日差しを避けてこんな世界に転がり込むのです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

広大な世界の中に、更に世界は広がっています。
井の中の蛙、大海を知らず。
ただし、大海を知って井の中を忘れる蛙にはなりたくないものです。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

この機材たちもようやく手に馴染んできました。
使い慣れる、と言うにはまだ程遠いですが、ようやく何も考えずに撮影できるようになってきた、と言ったところでしょうか。

SONYα7RⅢ + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

最後に、今回の撮影で一番の「私のお気に入り」をお見せ致します。
使用レンズはEマウント用HOLGA HL(W)-SN。今回メインだったMACRO APO-LANTHARとはかなり毛色が違います。
APS-C用レンズであるためフルサイズセンサーのカメラに付けると、もちろん周辺部に光は届きませんが、
私はいつもAPS-Cクロップ機能を使わずに撮影しています。
いつまで経っても視野が狭い私には、この井戸から見上げる空のような写真がとんでもなく魅力的で、等身大で、涙が落ちるのです。
私もまだまだ、井の中の蛙なのでしょう。

いかがでしょうか。
添える言葉は、必要ありません。

SONYα7RⅢ + HOLGA HL(W)-SN 25mm F8

今日のお話はこれでお終いです。
それではまた、今より、暑い、熱い、夏で逢いましょう。



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年07月30日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 ×  ポートレート撮影

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × ポートレート撮影[2019年10月04日]

SONY α7RIV × 最新瞳AF ヒガンバナ(彼岸花:曼珠沙華)が綺麗な季節にポートレート撮影の機会に恵まれましたので、発売して間もないSONY α7RIVを持ち出して撮影を行いました。 α7RIVのポートレート撮影/瞳AFを題材としたブログは本編が2回目です。    1回目のブログはこちらから         動物瞳AFのブログはこちらから 今回は今年発売された"FE 135mm F1.8 GM"をメインに、筆者が使用しているキヤノンマウントのレンズをMC-11を介して撮影を行いました。 その他にHVL-F60RM 2灯、...
続きを読む
見上げる町 一丁目

見上げる町ー1丁目[2019年10月01日]

空は、誰の頭上にも等しく覆いかぶさります。 時に、うららかな日差しを投げかけ。 時に、幾万の水の粒を落とし。 時に、空色のキャンバスに雲で絵を描き… 神無月の一日目。 八百万の神々が出雲の地へ会議へ赴き、不在になることから名づけられたこの10月、神無月。 本日『見上げる町』と銘打って、頭上の景色を写しながら書かせて頂きます。 此度見上げる秋空は、東京都のとある場所。 見上げた視界には、この街の見慣れない表情が垣間見えます。 一階はいつものコンビニ、お寿司...
続きを読む
【増税前にデビュー】この一本で旅の思い出を残す

【増税前にデビュー】この一本で旅の思い出を残す[2019年09月30日]

F16 1/200 ISO-100 105mm グランドキャニオン マーサーポイント 増税前に何を購入しようかお悩みの方へ、ぜひおすすめしたい。 スタンダードで万能かつ高画質のこのレンズ。 『SONY FE24-105mm F4 G OSS SEL24105G』 旅行には欠かせない素晴らしいレンズです。 今回はアメリカ西海岸のキャニオンツアーへ車で巡りました。 とても広いので車窓内からの観光が多かったですが、車内からでも充分素晴らしい画が沢山撮影出来ました。 F5.6 1/1250 ISO-640 37mm F6.3 1/400 ISO-6...
続きを読む
ピクセルシフトマルチ撮影

【SONY】α7RⅣ:第4世代の真価 × ピクセルシフトマルチ撮影[2019年09月28日]

α7RⅣ + FE12-24mm F4 G 14mm | F8 | 1/10 | ISO100 ※画像をクリックすると2億4080万画素のフルデータを閲覧可能です。(注意:129MB) ※通信環境、端末によっては閲覧出来ない場合があります。 驚異!2億4080万画素の世界! ピクセルシフトマルチ撮影は、ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御して複数画像を撮影、PC上で合成することで、極めて高い解像感を持つ画像を生成されます。従来のα7RⅢより大幅に進化し、4枚に加え、α7R IVでは計16枚の画像の持つ約9億6320万画素分の膨大な情報か...
続きを読む