Select Language

【増税前にデビュー】[Noct debut] Noctilux M75の描写・画質

[ Category: Leica|掲載日時:2019年09月03日 12時00分]




写真でしか、描き出せない世界があります。
我々人間の目がどんなに高性能でも、たとえ息を呑むような美しい景色が目の前に広がっていても…。
結局は普段通りの「自分の目」で、付き合い慣れた「自分の感性」で視ていることに他なりません。
だからこそ、シャッターを切った先で待っていてほしいのは“どこでもない”ファンタジー。
そこへ至る手段は多々あれど、一番痛烈で、妖艶で、官能的な選択肢はNoctilux M75mm f1.25 ASPH.ではないでしょうか!


数えきれないほどの伝説を遺してきたM型の現行機である「ライカM10」にこの魔物をマウントし、はやる心を抑えながら街へ繰り出します。いったいどんな画が撮れるのでしょうか…!

M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.
今回の作例はビゾフレックス(typ020)を使用し、ピント面をかなりシビアに追い込んでおります。
最初はレンジファインダーを使っていたのですが、私の視力ではどうしても難しく、極薄のピント面を上手くコントロール出来ませんでした。
それに、撮る→確認(ピントずれ)→再撮影→確認(またピンズレ)を繰り返しているうちに、偉大なるステファン・ダニエル氏の声が聞こえてくる様な気がしたのです。「青年よ。それは、チンピングだ」と…
せっかくホモ・サピエンスに産まれたのに、今更進化前に戻るわけにもいきません。プライドは投げ捨て文明の利器を使うことにします。
また、全ての作例はJpeg撮って出しかつ絞り開放です。


M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.

M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.
これはらくちんだ…。あっけないほど簡単に開放でピントが来ます。先ほどまでの苦労は何だったのでしょうか?!ビゾフレックス万歳!ステファン・ダニエル氏万歳!!
ただ一つ惜しむらくはバッテリーの減りが通常より早いことです。
それでもこの利便性の前では些細な問題だと感じました。

M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.

M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.
しかしこのNoctilux、白のいなし方が非常に巧いレンズだと感じます。アポクロマート仕様ではないものの、色収差による濁りは見受けられません。
Noctilux 50㎜ F0.95 ASPH.の持つ独特な「ヌメリ感」に、透明感をプラスしたような大変気品のある描写です。
フォーカスリングや伸縮式フードの操作感もシルキーです。


白が綺麗なのは解りました。ではカラフルな色はどうか!?
色が濃く出すぎるせいで透明感やヌケが損なわれたり、グリーンやマゼンタが乗ってしまうようなことは無いのかも気になります。
M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.

M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.
そんな心配は杞憂でした。M10の持つ「その場の雰囲気を誇張して写し出す」画と相まって、大変魅力的な色です。
(余談ですがM10のjpegは非常に優秀です。「ライカ節」全開かつ破綻の無い絵作りは流石と言うほかありません。)
ポップでキッチュな被写体も、枯れた雰囲気も思いのまま!
M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.



せっかくなので、ちょっと意地悪な「解放四隅解像度チェック」もしてみます。
M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.

M10+Noctilux M75 F1.25 ASPH.
全く問題ありません。安心して使用できます。


ズッシリと来るその重さも、フォーカシングの感触も…。
そのすべてが別次元であるノクティルックス。
中古の入荷数も少なく、なかなか出会えない逸品です。
いつかまた、試写できる日を夢見て。


↓使用した機材とおすすめ商品です↓






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年09月03日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4「50mmノ比較 その①」[2019年11月05日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 今回ご紹介するの...
続きを読む
null

【Leica】北欧への旅[2019年11月02日]

9月中旬に北欧へ旅行に行ってきました。 中判カメラをもっていこうとも考えたのですが7日間の旅行ということもありなるべくコンパクトにと、 M9-PとズマロンM35mm F2.8、ズマロン M28mm F5.6のレンズ2本をもっていきました。 最低気温が一桁まで下がり非常に寒い朝でしたが天気が良く、 ヘルシンキで宿泊したホテル前の公園から綺麗なグラデーションの朝焼けが見れました。 ヘルシンキ市内をバスで観光したなかで、一番印象に残ったのがロシア正教の教会ウスペンスキー寺院。 教会は小高...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.3 ~繋がる夢~[2019年10月29日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 お久しぶりでございま...
続きを読む
hektor7.3cmf1.9

雨ときどき曇り、迷子の日[2019年10月25日]

街でも木の葉は色づき、黄昏も徐々に 黄金色から朱みを帯びてまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、秋色を語った手前ではございますが 撮り貯めたモノクロフイルムが ちょうど収穫時だったようなので この度は豊穣祭のかわりとして 全篇白黒でお送りしたいと存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 どちらかというと日頃から 彩度飽和しきったようなフイルムが好みで よく使っているのですが、 白と黒だけで仕上がった...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.2 ~Apochromat~[2019年10月22日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 Leica SL(Typ601) + A...
続きを読む