Select Language

【私のお気に入り】嵐のち晴天、潮風にゆられて

[ Category: Leica|掲載日時:2019年08月09日 10時45分]

Super-AngulonM21mmf4



冷夏と呼ばれた先月からうって変わり
強い日差しと熱帯夜が続いております。
昼には蝉の大合唱が、夜には羽虫の演奏会が。
まさに日本の夏も本番となってまいりました。
冷たい物の摂りすぎにはご用心を。



Super-AngulonM21mmf4






さてこの度のお題目は【私のお気に入り】。
お気に入りの場所をお気に入りの機材と
【スーパーアンギュロンM21mm f4】で
数枚撮ってまいりました。
またお付き合いいただけると幸いです。



Super-AngulonM21mmf4





Super-AngulonM21mmf4




電車に飛行機、バスに船。
ありとあらゆる交通手段を使って
南の方へ。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4



少し前まで台風の通り道だったとは
思えない空模様です。ここまで
ずっと乗り物の中でしたので
ここらで背筋を伸ばして深呼吸。




Super-AngulonM21mmf4





Super-AngulonM21mmf4




飛んで揺られて半日強。
たどり着くのは小さな島。
10年ぶりに帰ってくる
私のお気に入りの場所です。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4





人間は一生のうちに、
どれだけのものを眼に焼きつけるのだろう。

道中お気に入りの小説を
読み返しておりました。
赤青黄色、黒に白。
数多の光が混ざり合って
出来たこの世界を楽しめるのは
私達が人間である特権のひとつ
なのかもしれません。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




さすが超広角、といいましょうか。
みえた物が粗方全部収まるイメージです。
それでいて歪みが一切見受けられない
この完成度。お手上げです。

同時に後玉が大きく突き出している形状の為
周辺の色被りや光量落ち、物理的な問題もあって
デジタル機で本来の性能を引き出すのが難しい、
まさにその名に相応しい怪獣のようなレンズです。




Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




しゃがんで撮ると
記憶の深いところにある
小さかった頃の世界を
そのまま写し出すような感覚でした。
広く大きく。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4




また被写界深度が深い分、
瞬発的で直感的な画も多く撮れました。
色の出方も柔らかくふわっとしていて
まさに思い出を描き起こす、といっても
相違ない素晴らしいレンズだと感じました。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4




人の数だけ文化や祈りがある今、
選択できる不自由さを考えます。
この島のように、必要なものを
必要なだけ取り込めたらな。
ぬるい潮風にゆられて、
ふいに大きなあくびが出ました。




Super-AngulonM21mmf4




この度はもう少しだけ続きます。
次の機会もお付き合いください。














null

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!こちらの投稿テーマも"私のお気
に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しており
ますので奮ってご参加ください。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年08月09日 10時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む