Select Language

【私のお気に入り】嵐のち晴天、潮風にゆられて

[ Category: Leica|掲載日時:2019年08月09日 10時45分]

Super-AngulonM21mmf4



冷夏と呼ばれた先月からうって変わり
強い日差しと熱帯夜が続いております。
昼には蝉の大合唱が、夜には羽虫の演奏会が。
まさに日本の夏も本番となってまいりました。
冷たい物の摂りすぎにはご用心を。



Super-AngulonM21mmf4






さてこの度のお題目は【私のお気に入り】。
お気に入りの場所をお気に入りの機材と
【スーパーアンギュロンM21mm f4】で
数枚撮ってまいりました。
またお付き合いいただけると幸いです。



Super-AngulonM21mmf4





Super-AngulonM21mmf4




電車に飛行機、バスに船。
ありとあらゆる交通手段を使って
南の方へ。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4



少し前まで台風の通り道だったとは
思えない空模様です。ここまで
ずっと乗り物の中でしたので
ここらで背筋を伸ばして深呼吸。




Super-AngulonM21mmf4





Super-AngulonM21mmf4




飛んで揺られて半日強。
たどり着くのは小さな島。
10年ぶりに帰ってくる
私のお気に入りの場所です。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4





人間は一生のうちに、
どれだけのものを眼に焼きつけるのだろう。

道中お気に入りの小説を
読み返しておりました。
赤青黄色、黒に白。
数多の光が混ざり合って
出来たこの世界を楽しめるのは
私達が人間である特権のひとつ
なのかもしれません。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




さすが超広角、といいましょうか。
みえた物が粗方全部収まるイメージです。
それでいて歪みが一切見受けられない
この完成度。お手上げです。

同時に後玉が大きく突き出している形状の為
周辺の色被りや光量落ち、物理的な問題もあって
デジタル機で本来の性能を引き出すのが難しい、
まさにその名に相応しい怪獣のようなレンズです。




Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




しゃがんで撮ると
記憶の深いところにある
小さかった頃の世界を
そのまま写し出すような感覚でした。
広く大きく。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4




また被写界深度が深い分、
瞬発的で直感的な画も多く撮れました。
色の出方も柔らかくふわっとしていて
まさに思い出を描き起こす、といっても
相違ない素晴らしいレンズだと感じました。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4




人の数だけ文化や祈りがある今、
選択できる不自由さを考えます。
この島のように、必要なものを
必要なだけ取り込めたらな。
ぬるい潮風にゆられて、
ふいに大きなあくびが出ました。




Super-AngulonM21mmf4




この度はもう少しだけ続きます。
次の機会もお付き合いください。














null

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!こちらの投稿テーマも"私のお気
に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しており
ますので奮ってご参加ください。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年08月09日 10時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②[2019年12月31日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズ...
続きを読む
Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

【Leica】SL2の所感[2019年12月24日]

今回、発売して間もないLeica SL2を使用する機会がありましたので、使用感などをレポートいたします。 まず手にもって驚いたのが、「持ちやすさ」です。 ともすると日本人の手には大きすぎた感もある前作「SL」と違い、しっかりと抉れのついたグリップは長時間の撮影でも疲れを感じさせないものでした。 大柄なスーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.をマウントしても、まるで手に吸い...
続きを読む
Leica M3×ズマロン M35mm F2.8 眼鏡付

【Leica】東京下町×モノクロ×M3[2019年12月21日]

Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax(以下すべて同じ) 令和の時代になっても昭和レトロな雰囲気が残る東京の下町。 時代の流れとともに多くの地域で再開発が進み変貌していく中で、その雰囲気を写真に残したいという思いでカメラを向けました。 今回撮影に行ったのは東京都葛飾区立石。 京成立石駅の周辺では再開発計画があり、数年前に訪れた際より建物の取り壊...
続きを読む
ところにより霧雨

【Leica】ところにより霧雨、空を覗く[2019年12月01日]

日に日に朝の冷え込みが 厳しくなる今日この頃、 瞼を擦る冷たい手で冬の到来を感じます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は先のモノクロ記事で あえて触れなかったレンズになりますが 改めて紹介させていただきたく存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 皆様にとって標準レンズとは どういったものを想像されるでしょうか。 目でみえるすべて...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』

【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』[2019年11月30日]

  11/15より始まったブログ企画『11月30日はカメラの日』。そのタイトルに掲げられている本日11/30は、今から42年前の1977年(昭和52年)に小西六写真工業(コニカ)が世界初のオートフォーカス搭載カメラ「コニカC35AF」を発売した日です。 今やオートフォーカス技術は格段に進化しました。AIと組み合わせることによってカメラが被写体を自動認識し、手動で行うマニュアル...
続きを読む