Select Language

【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた

[ Category: Leica|掲載日時:2019年08月16日 10時30分]

Super-AngulonM21mmf4




ライツレンズはその端正な造りもあって
こういった空間にもうまく溶け込んでいます。
おわかりいただけるでしょうか。



Super-AngulonM21mmf4




閑話休題、お盆も明けて
そろそろ素麺や冷や麦に
飽きてきた頃合いかと思います。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。
またお付き合いいただけると幸いです。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4



背中。

何も告げず帰ってきた私にも
ふたりは昔と変わらない
あたたかさで迎えてくれました。
祖母は明るく少し皮肉屋で、
私に笑いかけてくれます。
祖父は今年で90余歳。
口数はあまり多くありませんが、
この島の海と空のような
聡明で澄みきった眼をしています。



Super-AngulonM21mmf4Super-AngulonM21mmf4




年輪、或いは年表。


今でも祖父母は自身や私の親兄弟方、
様々な家族写真を大切に持っています。
父共々、どうやら写真好きは
遺伝するようです。
この人たちがみた世界の色を、
私の眼も描けているのでしょうか。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




ゆっくり落ちる夕日を背に
夕餉のお遣いへ。
いつの間にか来訪者になった
私を一瞥し、先住民の猫さんは
怪訝な顔をしています。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




10年ぶりのいつもの道。
この道は小さい頃のままで
やっぱり少しだけ怖いです。
ついでに海をみにいこう。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4





兄弟や島の子と公園で遊んだ事、
顔が青くなるまで海で泳いだ事、
牛小屋にすいかを持って行った事。
墓前で花火をした事もあります。
中には喧嘩した事も、帰りたくなくて
泣きながら家出した事もありました。





Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4




この日が落ちて、また昇る頃には。
そう思った私が口を開くよりも先に、
潮風に乗った鐘の音と共に遠く黄昏が告げる。



Super-AngulonM21mmf4




碌な返事も出来ず、ただその声に耳を澄ませ
立ちつくす事しかできませんでした。



Super-AngulonM21mmf4




Super-AngulonM21mmf4



いかなるものにも刻まれる時は平等。

ひと粒、またひと粒と
砂時計の中で零れていくその瞬間の感情を
ほんの少しでもこの手、この眼に
捉えておきたい。焼き付けておきたい。
月並ですが、これが私の写真を始めた
きっかけなのかもしれません。



Super-AngulonM21mmf4



Super-AngulonM21mmf4




去りゆくものに継ぎ繋げるもの。
変わりゆくものに在り続けるもの。
若輩の私はまだそれぞれの
価値を見出せずにいます。
ただ今はここで撮った、みてきた
【私のお気に入り】たちもまた
やがて私の人生と題目がついた
長巻フイルムのひとこまになるんだと
深く、確信にも似た何かが
込み上げております。



Super-AngulonM21mmf4




さて、この度はここまで。
前篇、後篇と長きにわたるお目通し
まことにありがとうございました。
私からはこれをもちまして
暑中お見舞いの代わりと
させていただきます。

また大変恐縮ですが弊社も私自身も
今月で25周年目を迎えました。
皆様もどうか、この25周年祭を
目一杯お楽しみいただければと存じます。
暑い日は続きますが何卒。
心よりお待ちしております。

ではこれにて。またいつか。


Super-AngulonM21mmf4















null

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!こちらの投稿テーマも"私のお気
に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しており
ますので奮ってご参加ください。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: Leica|掲載日時:2019年08月16日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4「50mmノ比較 その①」[2019年11月05日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 今回ご紹介するの...
続きを読む
null

【Leica】北欧への旅[2019年11月02日]

9月中旬に北欧へ旅行に行ってきました。 中判カメラをもっていこうとも考えたのですが7日間の旅行ということもありなるべくコンパクトにと、 M9-PとズマロンM35mm F2.8、ズマロン M28mm F5.6のレンズ2本をもっていきました。 最低気温が一桁まで下がり非常に寒い朝でしたが天気が良く、 ヘルシンキで宿泊したホテル前の公園から綺麗なグラデーションの朝焼けが見れました。 ヘルシンキ市内をバスで観光したなかで、一番印象に残ったのがロシア正教の教会ウスペンスキー寺院。 教会は小高...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.3 ~繋がる夢~[2019年10月29日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 お久しぶりでございま...
続きを読む
hektor7.3cmf1.9

雨ときどき曇り、迷子の日[2019年10月25日]

街でも木の葉は色づき、黄昏も徐々に 黄金色から朱みを帯びてまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、秋色を語った手前ではございますが 撮り貯めたモノクロフイルムが ちょうど収穫時だったようなので この度は豊穣祭のかわりとして 全篇白黒でお送りしたいと存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 どちらかというと日頃から 彩度飽和しきったようなフイルムが好みで よく使っているのですが、 白と黒だけで仕上がった...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.2 ~Apochromat~[2019年10月22日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 Leica SL(Typ601) + A...
続きを読む