【私のお気に入り】オモイデバックパック | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【私のお気に入り】オモイデバックパック | THE MAP TIMES
Select Language

【私のお気に入り】オモイデバックパック

[ Category: etc.|掲載日時:2019年08月05日 14時40分]




“私のお気に入り”というテーマで繋ぐマップカメラスタッフのブログ。皆お気に入りのカメラやレンズを題材に書いていますが、すみません、私が今回書きたいのはカメラやレンズではありません。

“私のお気に入り”はDANA DESIGN Mazamaです!

今は無きバックパックブランドDANA DESIGN(デイナデザイン)の大型ザック。のちにこのDANA DESIGNを立ち上げた創始者2人が今ストリートファッションでも大人気のMYSTERY RANCH(ミステリーランチ)を作ったのはDANA好きには有名な話です。
このザックは私が20代の頃一緒に旅をし、苦楽を共にした相棒です。







PENTAX K20を破損した灼熱のヴァラナシ、世界最悪の悪路と呼ばれている道を乗り合いバンで移動したカンボジア、土砂降りの中、その日の宿探しに歩きまわったデリー。夕日に照らされるマチャプチャレを眺めながら仲間と語り合ったポカラ。幸福について考えたラダック。一緒に旅をした思い出は数え切れません。

実はこのザックと写真は私の中で親密に繋がっている存在です。私が写真を本気で始めるキッカケになったのが一人旅を通してなのです。






初期の旅の頃は自分で写真を撮っていながら「私が感じてきたのはこんな事じゃない」とダメ出しをしていました。友人に写真を見せた時にも「絵ハガキみたい」と言われるのが嫌で嫌で。キレイな写真を超えるもっと力のある写真を撮りたいと思いデジタル一眼レフを購入。当時は無我夢中でシャッターを切ってきました。






我ながら初期の頃は「甘いな〜雑だな〜」と思える写真が多いのですが、妙にリアリティがある写真も多く、久々に見返したら当時の事を色々と思い出してしまいます。











ピンが甘いですが、自分の旅ってこうだったよねと思ってしまった一枚。電車に揺られ、バスに揺られ、異国の地で移動を繰り返した日々。






憧れの地だった北インドの秘境ラダック。この時が一番機材を多く持っていった旅でした。











僧院の窓から外を眺める若い二人の僧侶。
写真の基礎知識を身につけ、一枚一枚構図を意識しながら撮影しました。






この頃から旅先で出会った人々の写真も増えました。客観的に見た写真だけでなく、コミュニケーションを取って撮れるようになったと思います。











中国・広州の旧市街で撮影した一枚。少しステップが上がって写真の完成形を意識しながらシャッターを切るようになります。






何度目かのインド。






自分の中で旅と呼べる最後の記録、2011年に再び訪れたネパール。初めての一人旅がネパールから始まった私にとって特別な国でした。この時は東日本大震災で亡くなった知人や友人家族の追悼のため、聖地を点々と巡り祈りを捧げました。






踊るおじさん。そのステップに夢中の子供。こちらを見つめる歌い手とタブラ奏者。別の方向を見続ける警備の兵士。構図だけでなく自分の中で“いい写真”の基準が明確になってきた頃です。






写真の中でも報道写真やドキュメンタリー写真が一番好きで、当時の夢は旅をしつつ写真を撮るフォトジャーナリスト。





















震災追悼の意味も込めて訪れたネパール。その後2015年にはネパールでも大地震が発生し、掲載した写真の撮影地を含め甚大な被害が出ました。
本当は飛んで帰りたい気持ちだったのですが、その時私は父になっていたため渡航はできず。そのため自分の旅はまだ続いていると思っています。

今回ブログを書きながら“私のお気に入り”を通して色々考えさせられました。自分にとって思い出深い道具たちは、相棒のような存在なのかなと思います。カメラやレンズはもちろん、大切な道具たちをこれからも使い続けたいと思います。








Map Camera Earth Photo Contest

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!
お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年08月05日 14時40分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む