Select Language

【Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"】

[ Category: etc.|掲載日時:2019年08月13日 11時14分]

Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"

梅雨も明け、毎日暑い日が続いております。

そんな暑い中、撮ってきましたオリジナルレンズ!
夏らしい写真を撮影して参りました。

今回使用したレンズは【Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"】となります。

マップカメラ25周年にあたり、(株)コシナ様にご協力頂き
先日生産終了となりました「NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM」をベースにシルバークローム梨地の限定ボディに、ちり緬加工の限定レンズフードを同梱しております。
さらに鏡胴素材をアルミから真鍮へと変更した完全限定・オリジナルモデルです。

Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"



ベースのレンズは「NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM」のため、SCと比べクラシカルな写りではなく自然な描写となっております。


Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"


Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"


絞り開放では素直で奥行きのある、なだらかなボケ味と立体感を味わう事ができクラシックレンズ独特の描写を体感できます。


Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"



Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"



開放とは逆に絞り込めば驚くほどシャープな描写と解像感のある写りとなります。



Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"


Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"


クラシカルな描写はもちろんですが、色合いやコントラストは現代のデジタルレンズと遜色のないしっかりとした色調を再現しております。


Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"


Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM "MapCamera 25th Edition"


高精度で加工されたこのレンズは、絶妙なトルク感と滑らかな操作感覚が可能なため細かい被写体や、室内などでもしっかりピント合わせをする事ができます。

また今回のオリジナルレンズはシルバークローム梨地、鏡胴素材をアルミから真鍮へ変更しているため、高級感はもちろん、ブラックボディ、シルバーボディのどちらでも似合うと筆者は感じました。










[ Category: etc.|掲載日時:2019年08月13日 11時14分]

面白いと思ったらコチラをClick!56票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む