Select Language

【私のお気に入り】OM-D E-M1 MarkⅡ×夏の灯り

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年08月29日 16時00分]

そろそろ夏も終盤に近づいて来ました。
少しずつ涼しくなり、ひぐらしのなく夕方になると毎年少し寂しさを覚えます。

そんな夏の終わり。

私のお気に入りの機材はOLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ

ミラーレスは一眼レフに比べて小さく軽い。
1日首にかけていても負担が少なく、邪魔にもなりません。
防塵防滴で安心感があり、強い手ぶれ補正と高画質で妥協しない写真が簡単に撮れます。

レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2

今回はOLYMPUSならではの色合いを、軽井沢の風景や避暑地の涼しさと合わせてお届けいたします。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8 f/2.2 1/2500sec ISO-200



撮影に出掛けたのはお盆明け
天気は雨のち曇り。霧やゲリラ豪雨も。
車の中から写真を撮りつつホラー映画のような雰囲気にわくわくしておりました。
その日は地域のお祭りだったようです。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75F1.8 f/2.2 1/1000sec ISO-200



土砂降りの後、びしょ濡れの子供達がニカッと笑いながらすごいスピードで神輿を担いでいました。
本当に早かったので、カメラで追えているか?と心配になりましたが流石OLYMPUS。高速AFでしっかり撮影ができています。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2 f/3.2 1/160sec ISO-200



雨も過ぎ去り霧を抜けると、雲の間に青空が見えました。
めがね橋で知られる碓氷第三橋梁
国内最大の煉瓦造りアーチです。その大きさに上を見上げながら口が開いてました。
使用したアートフィルターはラフモノクロームII、粒子の粗い白黒が風景を引き立てています。
今回押していきたい私のお気に入りのひとつ。
アートフィルターを使用することで、撮影者の心情や、風景の表現が豊かになります。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2 f/2 1/60sec ISO-3200



橋上を歩くことができ、先のトンネルを進むことができます。
トンネルを進んで3分ほど。外の灯りがみえなくなり友人と怖くなって引き返しました。今度は大人数で再度挑戦しようと思います。
上の写真はアートフィルターのポップアートⅡを使用。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8 f/5.6 1/320sec ISO-200



旧熊ノ平駅
今は廃線になり、めがね橋率いるアプト街道の最終ポイントとなっています。
トンネルを断念した我らは車で駅のふもとの駐車場から山を登ります。
蜂に襲われつつたどり着いた旧熊ノ平駅。
人は誰もおらず、鳥と虫の鳴き声だけが広がる美しい空間でした。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2 f/2.2 1/60sec ISO-2000



軽井沢高原教会
ここでは毎年8月にサマーキャンドルナイトが行われています。
人が多く、日が落ちきっていないため上手く撮れません。
こんな時はモードをポップアートⅠに変えます。そうすると光の温かさが演出できます。あとは明るさを調節すると空の日が沈む直前の青さや、森の緑も一体に撮影ができます。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8 f/1.8 1/60sec ISO-6400



自然の色と人の灯り。それはとても美しく儚さがあります。
今回の写真は全て手持ちです。人の動きや夜の写真でもほとんど手ブレせず撮影可能。


OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2

OM-D E-M1 MarkII+ M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2 f/2 1/60sec ISO-2000



夏から秋へ
移りゆく季節を感じながらその時の流れを切り取り残す。
秋には紅葉や美味しい食べ物と、その時の楽しみがあり、今からグリップをにぎりしめワクワクが止まらない筆者なのでした。





マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。
様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。



〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年08月29日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む