Select Language

【私のお気に入り】Canon EOS RPとウォーキングデート

[ Category: Canon|掲載日時:2019年08月30日 18時15分]


Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM
Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

私のお気に入り。待っていました小型・軽量フルサイズ「EOS RP」
この小さなボディで、フルサイズのイメージセンサーを搭載しているというのだから驚きです。
折角なので、レンズも小型のモノを選択。
今回使用したレンズは「Canon EF50mm F1.4 USM」 これ1本です。
このレンズもお気に入りです。F値が1.4と明るいレンズなのですが、価格も手に取りやすく、初めての単焦点レンズで使用して以来今も常に持ち歩いています。
さて、いつも撮影する時は計画を立ててついつい気構えてしまう私ですが、今回は初のノープラン。何も考えずに近所のスナップ、風景写真を撮ろうと家を出ました。

こんな事は初めてで、最初は何を撮っていいのかわからなくなり、写真って難しいと改めて感じさせられる体験でした。
Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

考えていても進まないので、ひたすら歩きながら、とりあえずシャッターを切ってみます。誰もいないベンチを見つけたので、モノクロで撮影してみました。

すると、モノクロが醸し出す雰囲気が面白くて、先程までの不安が無くなり、今日はモノクロ撮影で行ってみようと勝手に舞い上がっておりました。
Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

EOS Kiss M+EF-M32mm F1.4 STM

Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

まさにRPが、カメラが私の日常に溶け込んだ瞬間でした。
初めのうちは自由に街撮り、目についた風景を撮るということが難しく、これまではいわゆる撮影スポットのような場所に足を運んで写真を撮っていたので、被写体に困ることがありませんでした。

Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM
Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

Canon EOS RP EF50mm F1.4 USM

いざ自由に撮ろうとすると急にシャッターが止まってしまうのですから、とても不安でした。同時に写真の奥深さを感じました。今回の経験を活かして、もっと積極的に日常をカメラに収めたいと思いました。
何を撮るのか決めない撮影に最初は苦戦しましたが、まだまだめげずに頑張ります。
私のお気に入りCanon EOS RPと共に。







マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。
様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。



〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年08月30日 18時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む