Select Language

【私のお気に入り】ひまわりの咲く頃に。

[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月31日 11時00分]
α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


おもちゃが動き回る映画の最新作が出たので前作のおさらいをしたら
涙腺が脆くなってきたことを実感しました。
こんにちは、お年頃です。

もうじき夏が終わる。
家を出る時に涼しい風が吹いてきて、
まだ聞こえてくる蝉の鳴き声もただ、名残りのように感じた八月の終わり。

夏のあいだにどうしても見たかった向日葵と海。
ギリギリになって観に行く事が叶いました。
これはその思い出の一節です。

α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


向日葵は明野の向日葵を観に行ってきました。
メイン会場は既に枯れてしまっていましたが時期をずらした別の会場の向日葵を楽しむことが出来ました。

今回使用したレンズは
TAMRON 「35-150mm F2.8-4 Di VC OSD」
SONY 「α7RIII」にアダプターSIGMA「MC-11」で繋げています。

最近中望遠の距離で撮る際にはアスペクト比を[16:9]で撮るというのが癖になっています。

α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


標準~中望遠画角を好む筆者としては広角側35mmという画角は
全体を取り入れたいときに丁度良く、気持ちの良い画角です。
画にすればこれだけの引きと寄せを一本で運用出来るのですから素晴らしいレンズだと思います。

単焦点の135mmなども持っている身としては
明るいF値による雰囲気や表現力に確かに違いは感じます。
しかし筆者にとっては絶妙なズーム域。
小さくて動き回る被写体などがいるファミリーカメラマンには
まさにピッタリなレンズだと感じました。
どちらも持っていって、写りを楽しむというのもありです。
(実際にどちらも持っていきました)

α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


テレ端150mmでのF4開放ショット。


α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


なつの、おわり。


α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


早く夏が終わってほしい、と思うほどの暑さで
あれだけうんざりしていたのに
こうして夏がひとつひとつ色褪せていくたびに寂しさを感じます。

もうこれで今年は見納めだと撮った向日葵に
カウボーイの最後のセリフを重ねたりして。
一番エネルギーに溢れた季節だからこそ終わり際が際立ちます。

α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4


というわけで
2019年、八月、夏。
私のお気に入り、「向日葵」でした。

とはいえ秋の美しい紅葉も大好きです。
天高く馬肥ゆる秋。
また次の季節を楽しんで、また来年
ひまわりの咲く頃に。


※今回使用した機材の組み合わせは動作を保証されたものではございませんので
ご使用になる際はご注意ください。







マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも"私のお気に入り"!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。
様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。





[ Category: SONY|掲載日時:2019年08月31日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む