【増税前にデビュー】[フィルムデビュー] TC-1と過ごす一週間 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【増税前にデビュー】[フィルムデビュー] TC-1と過ごす一週間 | THE MAP TIMES
Select Language

【増税前にデビュー】[フィルムデビュー] TC-1と過ごす一週間

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月02日 17時30分]



一瞬だけ目線をくれた猫




秋になるといつか行った公園の近くのカフェを思い出します。
あの頃の私はまだカメラを持っていなかったので写真はあまり残っていないのですが、
公園のいちょう並木が綺麗だったこと、それから不思議なカフェがあったことを覚えています。


店内に入ったときお客さんは他におらず、お店の人だと思われる旦那さんがテレビを見ながらコーヒーを飲んでいました。
なぜかそのまま私もテレビを見て、始まってしまった洋画から目を離せず長居をしてしまったのでした。


もう少し涼しくなったら今度はカメラを持って行ってみたいなと思いながら、名前もわからないカフェのことを思い出す今日この頃です。


minolta tc-1



さて、そんな新人スタッフの私が今回ご紹介するのは、MINOLTAのTC-1です。
私が初めてちゃんと自分でフィルムをセットして、現像まで出したフィルムカメラ。
まだカメラのこと一つ一つが初めてでどれもデビューではあるのですが、今回はその中からフィルムとの出会いを書かせて頂きます。


The Cameraを名乗る小さいながらも堂々とした佇まいの高級コンパクトカメラ、こんな立派なものを新人の私が触っていいのかな、
そんなことを思いながら一週間ともに過ごしてみました。



小さくシンプルなデザインのボディ、手に取るだけで心が動いてしまいますが、さらに心惹かれるのが絞りです。

F8とF16だと絞りの枠が2枚重ねに


レンズ横のつまみを動かすと、完全円形の絞りがまわりカシャン、カシャン、と切り替わります。
これを見てるだけでワクワクがとまりません。この絞りが大好きな人は私だけではない、はず。


最初に入れるのはISO400のフィルム。フィルムをいれて蓋を閉じると自動的に巻き始めます。
ちゃんとセットできたのだろうか、とドキドキしながら待っていると、TC-1から準備万端のサイン。さぁ何を撮ろうか。


minolta tc-1



はじめの一本は絞りだけ設定してその他はTC-1にお任せしました。
ISO感度の設定や、マニュアルでのフォーカス設定など、ボタンが少ないのに設定が分かりやすいのもTC-1の良いところです。
気取っていそうで、誰にでも優しい。こんなところにも品を感じてしまいます。


私にもかつて女子高生の時がありました



minolta tc-1


今思えばAPS-Cのカメラばかり使ってる私には、28ミリという画角も初めての広角です。
初めての画角にも振り回されて。


最後にピンボケの写真を撮ってこのフィルムは終了しました。
ちょっと近づきすぎたようで。
ああ、そういえばマニュアルフォーカスもあったな、と終わってから気づくのです。


次にいれたフィルムはISO800のフィルム。
フィルムというと100という数字に見慣れてるせいで、800という数字にまたドキドキします。
買ったフィルムを装填。今度は2回目なので少し得意げです。


minolta tc-1



この日は水族館へ。フィルムでの水族館は初めてでした。
こんなに暗いのにちゃんと撮れるのだろうか・・・。
正直撮ってるときはちゃんと撮れてるか分かりませんでした。
一枚撮っては、見ても何も分からないのにレンズ側からカメラをのぞき込みます。

どうでした?今のは。

返答が返ってくるのはまだだいぶ先です。


この時はお供にX-T2を



現像が返ってきたときは少し驚きました。
ちゃんと撮れてる・・・。それどころかこの上の写真に関してはデジタルで撮ったものより色が好みでした。
これを撮っているときの私はこんな色が出るなんて思っていなかったはずです。


minolta tc-1




minolta tc-1



描写に関してもデジタルに負けず劣らずではないでしょうか。
今回はマニュアルフォーカスにも挑戦してみましたが、
今となってはどれがオートフォーカスでどれがマニュアルフォーカスなのかまったくわかりません。


minolta tc-1



いつもの街に帰ってきました。
残り少ないフィルムを撮ってしまおうと、なにかを探して彷徨います。
一本目のフィルムを現像に出している間にと思っていたはずが、気づけば時間が過ぎていました。
そしてあっさり撮り終わる2本目のフィルム。


minolta tc-1



minolta tc-1



私はコンパクトカメラのレンズを出す瞬間と、フィルムを巻き戻す音がたまらなく好きです。
カメラに耳をあてて、1本撮り終わった達成感を感じながらカメラの頑張る音を聞く時間がたまらなく好きなのです。


機械式のフィルムカメラでもデジタルカメラでも味わえないこの感覚。
この小さなカメラには、ボディにはおさまりきらない何かが詰まっています。








〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月02日 17時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む