【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー | THE MAP TIMES
Select Language

【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]


FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
-言葉を写真に-

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F8 ISO200 WB AUTO

FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と
FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、
この組み合わせで都内へ出かけました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO

ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、
決して軽くはない組み合わせでしたが、
X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、
とっさの撮影でも安定して撮影が楽しめたのが印象的でした。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

最短撮影距離は25cmですので、パースペクティブを生かした撮影が出来ます。
また、高速なAF速度でしたので、スナップ撮影でも臨機応変に対応してくれました。
迷うことなくすぐにピントが合ってくれるので、使いやすかったです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO200 WB AUTO

ボディ内手ブレ補正により、暗所でも安心してこの設定で撮影できます。
このような明瞭差のある場面でも、しっかりと表現してくれました。
開放から鮮明に写してくれる素晴らしいレンズです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F4.5 ISO200 WB AUTO

撮影当日は雨が降っている時間帯もあり、傘を差しながら撮影した場面もありましたが、
ボディ・レンズ共に防塵防滴ですので、非常に安心して撮れました。

雨の日の撮影は億劫な気持ちになりがちですが、機材への配慮がなくて良い分、
晴れの日とあまり変わらず撮影を楽しむことができ、防塵防滴でよかったと感じました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

また、今回はじめて広角レンズ1本で、街に出かけました。
広角レンズをより楽しもうとほとんど広角側の8mmのみで撮影しております。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

広角レンズは写ってほしくないところも写りすぎてしまい、
構図を決めることが難しい場面が多くあります。
ですがそれは同時に、街の雰囲気を通常よりも多く1枚の写真の中に封じ込めてくれます。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO320 WB AUTO

ですので、広ければ広いほど、街の空気感を写真で伝えられると思っております。
35mm換算で8mmは12mm、この超広角でスナップ写真に挑戦してみたいと考えておりました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

そして、今回の写真はすべて、違う街の写真を使用しました。
よく筆者が使用する山手線に乗り、普段降りない駅に降りてみたのですが、
有名な駅の隣の駅でさえも街の雰囲気が全く異なり、
少し歩いただけで、それぞれの個性をそれぞれの街で感じることが出来ました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

通勤・通学等でいつも通るだけの駅、名前しか知らない駅、
あなたの身近にもあるのではないでしょうか。
たった2、3分しか離れていなくとも、並んでるお店や雰囲気が異なる場所がたくさんありました。
都心だろうと、地方だろうと、同じ個性の駅は1つもありません。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

あまり遠くへ行かなくとも、意外といつもの道に新たな発見があったりします。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F9 ISO200 WB AUTO

皆さまも新たなカメラで、いつもの街へ出かけてみてください。
あなただけの発見に出会えることを願っております。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む