Select Language

【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]


FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
-言葉を写真に-

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F8 ISO200 WB AUTO

FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と
FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、
この組み合わせで都内へ出かけました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO

ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、
決して軽くはない組み合わせでしたが、
X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、
とっさの撮影でも安定して撮影が楽しめたのが印象的でした。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

最短撮影距離は25cmですので、パースペクティブを生かした撮影が出来ます。
また、高速なAF速度でしたので、スナップ撮影でも臨機応変に対応してくれました。
迷うことなくすぐにピントが合ってくれるので、使いやすかったです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO200 WB AUTO

ボディ内手ブレ補正により、暗所でも安心してこの設定で撮影できます。
このような明瞭差のある場面でも、しっかりと表現してくれました。
開放から鮮明に写してくれる素晴らしいレンズです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F4.5 ISO200 WB AUTO

撮影当日は雨が降っている時間帯もあり、傘を差しながら撮影した場面もありましたが、
ボディ・レンズ共に防塵防滴ですので、非常に安心して撮れました。

雨の日の撮影は億劫な気持ちになりがちですが、機材への配慮がなくて良い分、
晴れの日とあまり変わらず撮影を楽しむことができ、防塵防滴でよかったと感じました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

また、今回はじめて広角レンズ1本で、街に出かけました。
広角レンズをより楽しもうとほとんど広角側の8mmのみで撮影しております。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

広角レンズは写ってほしくないところも写りすぎてしまい、
構図を決めることが難しい場面が多くあります。
ですがそれは同時に、街の雰囲気を通常よりも多く1枚の写真の中に封じ込めてくれます。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO320 WB AUTO

ですので、広ければ広いほど、街の空気感を写真で伝えられると思っております。
35mm換算で8mmは12mm、この超広角でスナップ写真に挑戦してみたいと考えておりました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

そして、今回の写真はすべて、違う街の写真を使用しました。
よく筆者が使用する山手線に乗り、普段降りない駅に降りてみたのですが、
有名な駅の隣の駅でさえも街の雰囲気が全く異なり、
少し歩いただけで、それぞれの個性をそれぞれの街で感じることが出来ました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

通勤・通学等でいつも通るだけの駅、名前しか知らない駅、
あなたの身近にもあるのではないでしょうか。
たった2、3分しか離れていなくとも、並んでるお店や雰囲気が異なる場所がたくさんありました。
都心だろうと、地方だろうと、同じ個性の駅は1つもありません。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

あまり遠くへ行かなくとも、意外といつもの道に新たな発見があったりします。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F9 ISO200 WB AUTO

皆さまも新たなカメラで、いつもの街へ出かけてみてください。
あなただけの発見に出会えることを願っております。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む