Select Language

【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]


FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
-言葉を写真に-

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F8 ISO200 WB AUTO

FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と
FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、
この組み合わせで都内へ出かけました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO

ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、
決して軽くはない組み合わせでしたが、
X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、
とっさの撮影でも安定して撮影が楽しめたのが印象的でした。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

最短撮影距離は25cmですので、パースペクティブを生かした撮影が出来ます。
また、高速なAF速度でしたので、スナップ撮影でも臨機応変に対応してくれました。
迷うことなくすぐにピントが合ってくれるので、使いやすかったです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO200 WB AUTO

ボディ内手ブレ補正により、暗所でも安心してこの設定で撮影できます。
このような明瞭差のある場面でも、しっかりと表現してくれました。
開放から鮮明に写してくれる素晴らしいレンズです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F4.5 ISO200 WB AUTO

撮影当日は雨が降っている時間帯もあり、傘を差しながら撮影した場面もありましたが、
ボディ・レンズ共に防塵防滴ですので、非常に安心して撮れました。

雨の日の撮影は億劫な気持ちになりがちですが、機材への配慮がなくて良い分、
晴れの日とあまり変わらず撮影を楽しむことができ、防塵防滴でよかったと感じました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

また、今回はじめて広角レンズ1本で、街に出かけました。
広角レンズをより楽しもうとほとんど広角側の8mmのみで撮影しております。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

広角レンズは写ってほしくないところも写りすぎてしまい、
構図を決めることが難しい場面が多くあります。
ですがそれは同時に、街の雰囲気を通常よりも多く1枚の写真の中に封じ込めてくれます。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO320 WB AUTO

ですので、広ければ広いほど、街の空気感を写真で伝えられると思っております。
35mm換算で8mmは12mm、この超広角でスナップ写真に挑戦してみたいと考えておりました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

そして、今回の写真はすべて、違う街の写真を使用しました。
よく筆者が使用する山手線に乗り、普段降りない駅に降りてみたのですが、
有名な駅の隣の駅でさえも街の雰囲気が全く異なり、
少し歩いただけで、それぞれの個性をそれぞれの街で感じることが出来ました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

通勤・通学等でいつも通るだけの駅、名前しか知らない駅、
あなたの身近にもあるのではないでしょうか。
たった2、3分しか離れていなくとも、並んでるお店や雰囲気が異なる場所がたくさんありました。
都心だろうと、地方だろうと、同じ個性の駅は1つもありません。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

あまり遠くへ行かなくとも、意外といつもの道に新たな発見があったりします。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F9 ISO200 WB AUTO

皆さまも新たなカメラで、いつもの街へ出かけてみてください。
あなただけの発見に出会えることを願っております。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


FUJIFILMフィルムシミュレーションを極める

【11月30日はカメラの日】FUJIFILMフィルムシミュレーションを極める[2019年11月20日]

FUJIFILMと言えば、フィルムシミュレーションが魅力のひとつです。 極度な色の補正ではなく、自然な発色をしてくれることが印象的で、 モノクロ写真でも、優しい表現をしてくれることが私がFUJIFILMが好きな理由のひとつです。 今回は赤と緑が混ざっている紅葉を、X-T3とXF23mm F1.4Rで ほぼすべてのフィルムシミュレーションを使用し、撮影してみました。 同じような写真が続いてしまいます...
続きを読む
XPRO3

【FUJIFILM】新しい地図のつくりかた Vol.2 空中回廊[2019年11月15日]

マップカメラ X-Pro3特集。 第五弾はX-pro3 新しい地図のつくりかた Vol.2 空中回廊 です。 第一弾 X-Pro3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る 第二弾 X-Pro3と行く日光の旅 第三弾 X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景 第四弾 【FUJIFILM】 X-Pro3 × ETERNA × Hektor 今回はX-pro3で都会の景色と、それを彩る植物の撮影に出てきました。 複数のカメラを用途に応じて使用していま...
続きを読む
X-Pro3×ETERNA×Hektor

【FUJIFILM】 X-Pro3 × ETERNA × Hektor[2019年11月14日]

X-Pro3×ETERNA×Hektor マップカメラ X-Pro3特集。 第一弾 X-Pro3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る 第二弾 X-Pro3と行く日光の旅 第三弾 X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景 第四弾はHektorL73mm F1.9をつけてETERNAで撮影を行ってきました。 夕方4時を過ぎると日向にいても少し寒く、暗くなればコートが必要な季節になりました。 体感的に秋はあっという間に終わっ...
続きを読む
XPRO3

【FUJIFILM】X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景【カメラを愉しむ vol.2】[2019年11月13日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」 多機能なのにこの割り切った『特別感』 少々マニアックな視点であることは存じ上げております。 しかし、私ども『カメラ専門店』としてはこのような機能。 とても心くすぐられる機能であることに間違いありません。 実際に撮影、やはりいつもの癖で液晶を確認してしまいます。 その度に『撮影者へのインフォメーション』 として主張してくるこ...
続きを読む
私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-

私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-[2019年11月13日]

だんだんと寒々しくなり、秋も深まってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。 「秋といえば」で思いつくものは多くありますが、写真好きとしては自然の彩り、紅葉を撮るベストシーズンでございます。 【X-T30+XF90mm F2 R LM WR】 今回私が撮影に赴いたのは、昭和記念公園。 11月2日から11月24日まで『黄葉紅葉まつり 秋の夜散歩』と題してライトアップイベントを行なっています...
続きを読む