【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー | THE MAP TIMES 
Select Language



【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]



FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
-言葉を写真に-

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F8 ISO200 WB AUTO

FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と
FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、
この組み合わせで都内へ出かけました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO

ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、
決して軽くはない組み合わせでしたが、
X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、
とっさの撮影でも安定して撮影が楽しめたのが印象的でした。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

最短撮影距離は25cmですので、パースペクティブを生かした撮影が出来ます。
また、高速なAF速度でしたので、スナップ撮影でも臨機応変に対応してくれました。
迷うことなくすぐにピントが合ってくれるので、使いやすかったです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F2.8 ISO200 WB AUTO

ボディ内手ブレ補正により、暗所でも安心してこの設定で撮影できます。
このような明瞭差のある場面でも、しっかりと表現してくれました。
開放から鮮明に写してくれる素晴らしいレンズです。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F4.5 ISO200 WB AUTO

撮影当日は雨が降っている時間帯もあり、傘を差しながら撮影した場面もありましたが、
ボディ・レンズ共に防塵防滴ですので、非常に安心して撮れました。

雨の日の撮影は億劫な気持ちになりがちですが、機材への配慮がなくて良い分、
晴れの日とあまり変わらず撮影を楽しむことができ、防塵防滴でよかったと感じました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

また、今回はじめて広角レンズ1本で、街に出かけました。
広角レンズをより楽しもうとほとんど広角側の8mmのみで撮影しております。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

広角レンズは写ってほしくないところも写りすぎてしまい、
構図を決めることが難しい場面が多くあります。
ですがそれは同時に、街の雰囲気を通常よりも多く1枚の写真の中に封じ込めてくれます。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO320 WB AUTO

ですので、広ければ広いほど、街の空気感を写真で伝えられると思っております。
35mm換算で8mmは12mm、この超広角でスナップ写真に挑戦してみたいと考えておりました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

そして、今回の写真はすべて、違う街の写真を使用しました。
よく筆者が使用する山手線に乗り、普段降りない駅に降りてみたのですが、
有名な駅の隣の駅でさえも街の雰囲気が全く異なり、
少し歩いただけで、それぞれの個性をそれぞれの街で感じることが出来ました。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F5.6 ISO200 WB AUTO

通勤・通学等でいつも通るだけの駅、名前しか知らない駅、
あなたの身近にもあるのではないでしょうか。
たった2、3分しか離れていなくとも、並んでるお店や雰囲気が異なる場所がたくさんありました。
都心だろうと、地方だろうと、同じ個性の駅は1つもありません。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/60 F8 ISO200 WB AUTO

あまり遠くへ行かなくとも、意外といつもの道に新たな発見があったりします。

FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR
1/40 F9 ISO200 WB AUTO

皆さまも新たなカメラで、いつもの街へ出かけてみてください。
あなただけの発見に出会えることを願っております。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年09月04日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む
こFUJIFILM 広角でスナップデビュー 【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー 2019年09月04日
『FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR』 -言葉を写真に- 1/40 F8 ISO200 WB AUTO FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、 この組み合わせで都内へ出かけました。 1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、 決して軽くはない組み合わせでしたが、 X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、 とっさの撮影でも安定して撮影...
続きを読む
【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
とある50R 【私のお気に入り】とある50R ACROS編 2019年08月07日
『とある50R ACROS編 』 長い梅雨が明けて暑い夏がやってまいりました。 写真を撮りに出かけた際、ついつい喫茶店などで休んでしまう。 私はそんな夏が好きです。 さて、私の『お気に入り』、それはFUJIFILMのフィルムシミュレーション、ACROSです。 FUJIFILMが積み重ねてきた写真用フィルムの歴史、その中でも多くの人々に愛用されてきたモノクロネガフィルムACROSを忠実にシミュレートしたものです。 各メーカーがカメラに搭載しているフィルターとは一味違った機能になっています。 今回...
続きを読む
FUJIFILM X100F 【私のお気に入り】FUJIFILM X100F 2019年07月31日
『FUJIFILM X100F』 私のお気に入りのひとつはFUJIFILMX100Fです。 毎日のように持ち歩き、自分の記録として使ったり、スナップを撮影したりしています。 1/125 f5.6 iso1250 毎日使っていても飽きない理由が大きく分けて3つあります。 1つめはISO、スピード、F値の操りがアナログ操作であることです。 画角が固定なことも、写真に迷いがなく統一した作品作りができます。 デザインやボタン配置等に無駄がなく、かっこいいルックスも好みです。 2つめは開放の甘さです。 F2で撮ると、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]