Select Language

【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月13日 12時30分]

α7III+FE 35mm F1.8


ご無沙汰しております。
雨男です。


暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。
すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。


本日は令和になって初めての中秋の名月。

そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。
使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。



筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。

すごく迷惑ですね・・・。


そういった際は室内やアーケード街を利用してスナップ写真を撮ります。


と、まずはその前に腹ごしらえ。

α7III+FE 35mm F1.8


食欲の秋ですね。野菜たちが照り輝いています。

何か美味しいものを目当てにお出かけする際に、カメラを持ち歩くのも写真の楽しみの1つだと思います。



次は水族館へ。

α7III+FE 35mm F1.8


トップの写真も同じ、「すみだ水族館」で開催中の「東京金魚ワンダーランド2019」での写真です。

色鮮やかな金魚たちが出迎えてくれます。

α7IIIの性能のおかげで、暗い水族館の中でも手振れせずイメージ通りの写真が撮れました。



雨が止んできたので外に出てみました。

α7III+FE 35mm F1.8



α7III+FE 35mm F1.8



α7III+FE 35mm F1.8



α7III+FE 35mm F1.8


吉祥寺はアーケード街で屋根もあるので雨が降っていても、お買い物や散策することができます。



途中、雨宿りしながら井の頭公園へ

α7III+FE 35mm F1.8



α7III+FE 35mm F1.8


雨で濡れた木々や葉っぱなどは、晴れた日に撮影するよりも艶やかに見えます。



α7III+FE 35mm F1.8


突然の土砂降り。




雨が降ったことで蒸し暑さが増してしまいました。

そんな時は冷たいアイスコーヒーで一息。

α7III+FE 35mm F1.8


α7III+FE 35mm F1.8


FE 35mm F1.8の高い近接撮影能力のおかげで氷の質感や透明感をうまく捉えることができました。



窓ガラスについた雨粒をモノクロで。

α7III+FE 35mm F1.8


近接撮影もさることながら、F1.8のボケ味の良さは他のFEレンズにも引けを取らないものだと感じました。



α7III+FE 35mm F1.8



帰りにはスッキリした晴れ間が見れました。

たまには撮影しているとき晴れてほしいものです。



雨が降ったりやんだりの1日でしたが、α7IIIとFE 35mm F1.8は小型軽量の組み合わせのため、1日使用していても重いと感じることはありませんでした。

さらに防塵防滴に配慮した設計のため、ある程度の雨では気にせず撮影を行えました。

もちろん帰ってからのお手入れはお忘れなく。


皆様も増税前に防塵防滴レンズやボディーでフルサイズデビューしてみてはいかがでしょうか。






[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月13日 12時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!15票


null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む