Select Language

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × APS-Cクロップ

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月26日 17時00分]




第4世代の真価 × APS-Cクロップ
α7RⅣ + FE400mm F2.8 GM OSS + Teleconveter 1.4 + Super 35mm
840mm | F5.6 | 1/1250 | ISO100

この機能に惚れて導入したと云っても過言ではない。



SONYの最新鋭機「α7RⅣ」が発売されてから3週間が経とうとしています。
ユーザーの皆様はどのように楽しまれているでしょうか。
フルサイズミラーレスとして最大の約6100万画素を誇る等、様々な最新機能が盛り込まれた珠玉の1台です。
早速手に入れた筆者のオススメポイントは「APS-Cクロップ」です。
メニュー画面には「APS-C/Super 35mm」と表記されているものですが、では、何が凄いのでしょうか。
APS-Cクロップとは、撮影の段階で画角を狭めるもので、撮影後に行うトリミングと少し似ています。
機能自体は以前からあるもので、クロップをすると焦点距離が1.5倍になります。


第4世代の真価 × APS-Cクロップ
α7RⅣ + FE400mm F2.8 GM OSS
400mm | F2.8 | 1/3200 | ISO100

この写真はテレコンバーターの装着やクロップをせずに撮影、もう少し寄りたくなります。

今回は実際にAPS-Cクロップを必要とする撮影現場を想定し、
超望遠単焦点レンズ「FE400mm F2.8 GM OSS」を携えて撮影に挑みました。
400mmにおいてはクロップ(400×1.5=600)をする事で600mmとして撮影することが可能です。
テレコンバーターとは異なりF値が落ちることはないので実質「600mm F2.8」という驚異のスペックになる訳です。


第4世代の真価 × APS-Cクロップ
「APS-C/Super 35mm」モードの切り取り範囲のイメージ

第4世代の真価 × APS-Cクロップ
「APS-C/Super 35mm」モードで実際に撮影した画像(2,620万画素)

この様に瞬時に1.5倍の画角で撮影することが可能です。
カスタムボタンに「APS-C/Super 35mm」モードの切り替えを割り当てておくと更に早いです。

第4世代の真価 × APS-Cクロップ
α7RⅣ + FE400mm F2.8 GM OSS + Super 35mm
600mm | F5.6 | 1/800 | ISO800

第4世代の真価 × APS-Cクロップ
α7RⅣ + FE400mm F2.8 GM OSS + Teleconveter 1.4 + Super 35mm
840mm | F5.6 | 1/1250 | ISO800


約6100万画素の有効画素を誇るα7RⅣではAPS-Cクロップをしても約2620万画素が保たれるという点が極めて優秀です。
謂わばフルサイズのボディの中にAPS-Cのカメラがあり、一台二役という夢の様な話です。キジの雌もそう言ってます。


▼今回のおすすめ機材はこちら▼





〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月26日 17時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


OLYMPUS PHOTOFESTA 2019

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark IIIを体感! OLYMPUS PHOTOFESTA 2019 レポート[2019年11月18日]

2019年11月16日、JR新宿駅南口のLUMINE0にて「OLYMPUS PHOTO FESTA 2019」が開催されました。 注目の的といえば何と言っても、いよいよ来週11月22日に発売を迎える新機種「OM-D E-M5 Mark III」。 全国を巡って東京は最後でしたが、新製品のお話を伺うべく足を運んできました。 入り口では今回のイベント名が印字された大判ポスターがお出迎え。 こちらの前で記念写真を撮っている方をたく...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】Panasonic LUMIX S1H「シネマクオリティを個人でも」

【11月30日はカメラの日】Panasonic LUMIX S1H「シネマクオリティを個人でも」[2019年11月18日]

皆様は動画撮影をどのように楽しまれているでしょうか。 動画撮影をされる方の多くは憧れの作品や「こんな感じの映像を作りたい!」など目標にする映像作品があると思います。 その中でも映画のような映像を目指して撮影する方も多いのではないでしょうか。 しかし、映画撮影に使われるシネマカメラは高嶺の花、民生機でいかにして映画らしさを表現するか・・・ そんな中「シネマクオリティ」...
続きを読む
null

【11月30日はカメラの日】OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIを褒める[2019年11月17日]

最近の私の愛用しているカメラはOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II。 以前はデジタル一眼レフタイプのカメラを使用していましたが、今年になって買い替えてから、お気に入りの1台となりました。 ミラーレスカメラ全体に言えることですが、ミラーレスカメラのメリットとして、よく語られていることといえば、 カメラがコンパクトであること、ミラーショックがないこと、マウントアダプターでさ...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】

【11月30日はカメラの日】私がEOS Rを選んだ理由[2019年11月16日]

11月30日はカメラの日という事で、 今回は手持ち機材のニューフェイス「EOS R」をご紹介します。 恥ずかしながら私も購入後まだまだ使い倒せてはいないのですが、 「EOS R」は初のRFマウントボディと言う事でお買い換えを悩まれている方も多いかと思いますので、 今回は私が「EOS R」を選んだ理由をお話しします。 私がキヤノンの一眼レフを使い始めたきっかけは、 以前の職場で仕...
続きを読む
新品・中古人気アワード 〜 Vol.1 新品・中古デジタルカメラ ランキング 〜

新品・中古人気アワード 〜 Vol.1 新品・中古デジタルカメラ ランキング 〜[2019年11月15日]

2019年も残すところ1ヶ月少々となりました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回は2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリーなど、各カテゴリーにおいてお客様に選ばれたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただければと思います。 ...
続きを読む