【増税前にデビュー】TL2と行く。 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【増税前にデビュー】TL2と行く。 | THE MAP TIMES
Select Language

【増税前にデビュー】TL2と行く。

[ Category: Leica|掲載日時:2019年09月17日 11時00分]


ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと
足を延ばすことが多かったです。

夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり
目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。
(帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな
帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした)


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)

今回使用したレンズは、
ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です
口径には当時の呼び名(日本光学)で
NIPPON KOGAKUと刻まれているレンズです。

ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが
同時に類似の明るさを持つもので何かほかにもない物かと
探していた時に見つけたレンズです。

ライカ・スクリューマウント互換として作られた当レンズ
近接が可能なところが特徴的。
約3.5feet(約1m)まで距離計に連動し、
そこで一度ヘリコイドが止まりますが、
その先も少し力を入れて回すと
なんと最短1.5feet(約45cm)まで寄ることができます。
(TL2はAPS-Cサイズセンサーの為、35mm判換算で約75mm)



TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)

水面に映るハイライトが滲み、偏曲的な色味が優しくでます。


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)
鳥取砂丘、私がずっと行きたいと憧れを抱いていた場所。
お酒に酔っ払うと鳥取砂丘の話をしだす…と
友人から何度かクレームを受けていました。
が、今回ようやく行けたので解消されたかと。

砂丘をひと山越えると海が現れます。
かつてライカを持ちこの砂丘で写真を撮り続けた
巨匠植田正治はとてつもなく足腰が強かったのだろう…

どこか遠くの星に来たような果てしなく広がる砂丘の中
砂に足を取られ息を切らしながらも、「このままどこまでも行けるだろう」
そう思えるのもTLシリーズの人間工学に基づいたデザインが
手に馴染み静かに寄り添ってくれたからだと思います。



TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)

TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)


絞り込めば鋭く、優しい描写の中に鮮やかさを取り込んで


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)
国内パワースポットの中でも最強を誇る伊勢神宮、の木

TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)
柄杓


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)


TL2のモノクロモードで撮影しましたが
上から下にかけて日当たりの違いや
奥の葉の階調を描写してくれます。

今回の旅、東京~鳥取県間を車移動で過ごしましたが
USB(Type-C)端子が搭載されておりUSB充電が可能です。
簡易的な充電機能は私たちのフットワークまで軽くなり
撮影の幅を広げてくれます。

一度カメラを構えピントを合わせる行為は、
初めて訪れた場所に自分自身もリンクさせてくれるような気がします。
純正のレンズを付けてAF/AEで素早く撮影する事も可能ですが、
慌ただしい旅だからこそ、
マニュアルで自分の欲しい描写を持つレンズを付けて撮影したいところです。


今回使用した機材はこちら




[ Category: Leica|掲載日時:2019年09月17日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む