Select Language

【増税前にデビュー】TL2と行く。

[ Category: Leica|掲載日時:2019年09月17日 11時00分]


ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと
足を延ばすことが多かったです。

夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり
目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。
(帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな
帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした)


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)

今回使用したレンズは、
ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です
口径には当時の呼び名(日本光学)で
NIPPON KOGAKUと刻まれているレンズです。

ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが
同時に類似の明るさを持つもので何かほかにもない物かと
探していた時に見つけたレンズです。

ライカ・スクリューマウント互換として作られた当レンズ
近接が可能なところが特徴的。
約3.5feet(約1m)まで距離計に連動し、
そこで一度ヘリコイドが止まりますが、
その先も少し力を入れて回すと
なんと最短1.5feet(約45cm)まで寄ることができます。
(TL2はAPS-Cサイズセンサーの為、35mm判換算で約75mm)



TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)

水面に映るハイライトが滲み、偏曲的な色味が優しくでます。


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)
鳥取砂丘、私がずっと行きたいと憧れを抱いていた場所。
お酒に酔っ払うと鳥取砂丘の話をしだす…と
友人から何度かクレームを受けていました。
が、今回ようやく行けたので解消されたかと。

砂丘をひと山越えると海が現れます。
かつてライカを持ちこの砂丘で写真を撮り続けた
巨匠植田正治はとてつもなく足腰が強かったのだろう…

どこか遠くの星に来たような果てしなく広がる砂丘の中
砂に足を取られ息を切らしながらも、「このままどこまでも行けるだろう」
そう思えるのもTLシリーズの人間工学に基づいたデザインが
手に馴染み静かに寄り添ってくれたからだと思います。



TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)

TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)


絞り込めば鋭く、優しい描写の中に鮮やかさを取り込んで


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)
国内パワースポットの中でも最強を誇る伊勢神宮、の木

TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)
柄杓


TL2×Nikkor 50mm f1.4 (L)


TL2のモノクロモードで撮影しましたが
上から下にかけて日当たりの違いや
奥の葉の階調を描写してくれます。

今回の旅、東京~鳥取県間を車移動で過ごしましたが
USB(Type-C)端子が搭載されておりUSB充電が可能です。
簡易的な充電機能は私たちのフットワークまで軽くなり
撮影の幅を広げてくれます。

一度カメラを構えピントを合わせる行為は、
初めて訪れた場所に自分自身もリンクさせてくれるような気がします。
純正のレンズを付けてAF/AEで素早く撮影する事も可能ですが、
慌ただしい旅だからこそ、
マニュアルで自分の欲しい描写を持つレンズを付けて撮影したいところです。


今回使用した機材はこちら




[ Category: Leica|掲載日時:2019年09月17日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


null

いざ、晩秋の鎌倉へ[2019年12月08日]

筆者は以前、晩秋の頃となると毎年のように京都や奈良に出かけていました。 しかしここ数年、自らの忙しさや、現地の混雑ぶりから足が遠のいておりました。 「今年もきっと現地に行けば美しい紅葉が見られるのだろう」という思いがあり、 天気の良い休日のこと、急遽、近場ではありますが鎌倉へ。 用事があり出発が遅れ、昼頃からのお出かけとなりました。 ひとまず鶴岡八幡宮にお参りに。この地...
続きを読む
OM-D E-M5 Mark III

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III で早速パナライカを試す【カメラを愉しむ vol.5】[2019年12月07日]

更なるプロフェッショナルモデルへと進化した「OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark III」。121点オールクロス像面位相差AFによる高速、高精度なオートフォーカス性能を小型・軽量ボディが魅力的な新製品。 これに組み合わせるレンズは「Panasonic (パナソニック) LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.」。 正直121点のオールクロス像面位相差AFの高性能をフルで活かすならやはりオ...
続きを読む
東京紅葉Z50

【Nikon】東京紅葉Z50[2019年12月07日]

東京で秋を感じたいと思い、 皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、 Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR を持参して撮影にいきました。 ※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。 まず最初にイルミネーションで有名な 丸の内仲通りを歩きます。 通り沿いにオブジェが並んでいます。 ま...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む