Select Language

【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP

[ Category: Canon|掲載日時:2019年09月19日 11時00分]

はじめましてフルサイズミラーレス。

今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。
去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。
キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。

今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。

私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。
初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。
しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。
ファインダーでも画面でも見やすく操作もしやすいです。
撮影してみると美しいボケと明るさにキヤノンらしさを感じました。


EOSRP+RF35mmF1.8

EOS RP+RF35mm F1.8 マクロ IS STM
f/2.2 1/2500sec ISO-200



被写体は我が家の猫。
お庭でゴロゴロ、蝶々やカナヘビを追いかけてバタバタ。
中々に動きます。
カメラを構えて一緒にウロウロ。
使用したのはRF35mm F1.8 マクロ IS STM
基本ミラーレスを愛用している私はコンパクトさを重視しているため、一番小さいRFレンズを使用しました。


EOSRP+RF35mmF1.8

EOS RP+RF35mm F1.8 マクロ IS STM
f/8 1/800sec ISO-100



決してフルサイズ一眼レフに比べ動きものに強いというわけではありませんが、この描写力。
約88%×約100%の広範囲AFエリアと世界最速0.05秒の高速オートフォーカス。
猫をとらえて、狙った写真が撮影できます。


EOSRP+RF24-105mmF4L

EOS RP+RF24-105mm F4L IS USM
f/4.5 1/125sec ISO-1600



また私が注目した夜の撮影。
写真はすべて手持ちで撮影しております。
夜の暗さに祭りの明るさが溶け込むいつもとは一味違う風景にカメラを構えます。
日が沈み辺りが暗くなってきた頃、お囃子の音とともに神輿が通り過ぎました


EOSRP+RF24-105mmF4L

EOS RP+RF24-105mm F4L IS USM
f/4.5 1/160sec ISO-12800



低輝度合焦限界EV-5を実現し、夜でもしっかりピントが合います。
またノイズも少なく、クリアな撮影が可能で色もきれいに出ています。
試しにISO-12800で撮影。
拡大するとノイズが分かりますが、気にならない程度。
小さなひょっとこ達は、太鼓に合わせて手を振り足を上げ動き回ります。
しかしほとんど手ブレもせず綺麗に被写体を捉えることが出来ました。


EOSRP+RF35mmF1.8

EOS RP+RF35mm F1.8 マクロ IS STM
f/1.8 1/2000sec ISO-100


今回使用したものは中古でも取り扱いがあり、デビューにはもってこいな商品です。
また新製品RFズームのRF15-35mm F2.8 L IS USMRF24-70mm F2.8 L IS USMが発売目前となってきました。
こちらもご予約を承っておりますのでぜひご確認ください。


▼おススメ機材▼






〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年09月19日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む