Select Language

【SONY】α7RⅣ:第4世代の真価 × ピクセルシフトマルチ撮影

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月28日 16時15分]




19008×12672 pixelフルデータ
α7RⅣ + FE12-24mm F4 G
14mm | F8 | 1/10 | ISO100
※画像をクリックすると2億4080万画素のフルデータを閲覧可能です。(注意:129MB)
※通信環境、端末によっては閲覧出来ない場合があります。

驚異!2億4080万画素の世界!



ピクセルシフトマルチ撮影は、ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御して複数画像を撮影、PC上で合成することで、極めて高い解像感を持つ画像を生成されます。従来のα7RⅢより大幅に進化し、4枚に加え、α7R IVでは計16枚の画像の持つ約9億6320万画素分の膨大な情報から、約2億4080万画素(19008×12672)の画像生成が可能です。


null


ピクセルシフトマルチ撮影 4枚(9054×6336 pixel)
~神田明神 隨神門を写す~


神田明神 隨神門
α7RⅣ + FE12-24mm F4 G
15mm | F8 | 1/10 | ISO100

拡大イメージ

実際に撮影を行うまでは過剰に大変な撮影かと思い込んでいましたが、撮影を開始してみると意外と簡単です。カメラのメニューから「ピクセルシフトマルチ撮影」「する」を選択し設定を行い、ワイヤレスリモートコマンダー“RMT-P1BT”でシャッターを切ります。16枚撮影の場合、等間隔にテンポよくシャッターが切られていきます。16枚(1カット)撮影の度にSDカードへの書き込みに僅かな待機時間を伴いますが書き込み260MB/s以上、UHS-Ⅱ規格のSDカードであればストレスはありません。

ピクセルシフト撮影で注意しなければならない点は、ブレと撮影中の動き物です。まずはしっかりと三脚に固定しなければなりません。
三脚は筆者愛用の「Really Right Stuff TVC-24 Mk2」を使用しました。撮影中は風や動き物の侵入に十分気を付けます。
冒頭の写真は原寸表示が出来ます。僅かに動く紙垂や旗が合成にどのような影響を及ぼすのか確認できますので2億4080万画素の解像感と合わせてお楽しみください。


ピクセルシフトマルチ撮影 16枚(19008×12672 pixel)
~車の内装を写す~


S450 4MATIC Coupe
α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM
33mm | F8 | 1/30 | ISO100

拡大イメージ

100%以上の拡大表示をしても画が破綻する事はなく、被写体の色や質感、空気感まで忠実に再現し、
目で見る以上の臨場感あふれる画像の生成が可能です。次に撮影した画像の編集方法をご説明します。


編集方法

編集方法

撮影方法はいくつかありますが、今回はロケでの撮影の為、カメラ本体のみで撮影しRAWデータはカードリーダー経由でPCに保存しています。ソニー純正のソフトウェア「Imaging Edge」でのみ合成・現像が出来ますので、最初にRAWデータを取り込み、「Imaging Edge」Viewerで合成するピクセルシフトマルチ撮影画像(ARW)を選択します。1枚選択すると自動で4枚/16枚を認識します。


編集方法


次に合成を行います。メニューから、ピクセルシフトマルチ「撮影 画像の合成(1枚生成)」「ピクセルシフトマルチ撮影 画像の合成(16枚から4枚生成)」の何れかを選択します。4枚のみで撮影の場合は「ピクセルシフトマルチ撮影 画像を合成して調整する」の選択でも問題ありません。2億4080万画素のデータを楽しむには16枚で撮影し「撮影 画像の合成(1枚生成)」を選択します。


編集方法
データの出力方法と保存場所を選択します。後に「Imaging Edge」Editで現像処理を行う場合は、保存形式:ARQ形式 を選択します。
現像せずにこの段階でJ-PEGにする事も可能です。

編集方法

4枚/16枚を統合したRAWデータ(ARQ形式)を生成します。この作業には数秒から数十秒を要します。

編集方法


「Imaging Edge」Editに移動し、現像処理を行う事が可能です。16枚を統合したRWAデータを読み込む場合は処理に数十秒~数分を要します。また、現像や書き出しにも時間を要する為、安定した動作環境が必要です。処理に使用したメモリ32GBのPCでも待機時間が発生しました。しかし、完成したデータを見るとその時間も納得出来るほど感動的です。

今回、α7RⅣを用いたピクセルシフトマルチ撮影を行いましたが、この機能は広告や美術品を撮影する様な商用写真だけでなく、趣味の分野でも楽しむことが可能だと感じました。前述した通り、16枚の合成(2億4080万画素)ではPCの動作環境によっては作成が厳しい場合もありますが、4枚の合成(6100万画素は変わらない)は現実的な範囲内だと感じました。この手間を行う事で、各画素でRGBの情報を正確に取得できるので、色情報の補間処理を行っている1枚撮影に比べると、ダイナミックレンジが広く、被写体の質感やディテールをよりリアルに再現する事が可能です。撮影の際は三脚等で十分に固定しおこなってください。また、撮影の際はワイヤレスリモートコマンダー“RMT-P1BT”でシャッターを切ることをおすすめします。


▼今回のおすすめ機材はこちら▼













〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月28日 16時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!9票


a7riv

【SONY】F0.95レンズに挑戦[2019年11月11日]

 ようやく秋を感じることができる気温になってきました。  この季節になると、紅葉が色づき、航空祭のイベントが多く開催されています。  他にも、夕日が沈むの早くなり、夜が長くなり、夜景も気軽に撮れ始める時期でもあります。  撮る素材はあふれており、撮影対象を選ぶこともひとつの楽しみです。  そのほかにも、どの時間帯に撮影するのか、どこで撮影するのか・・・・撮影すること...
続きを読む
食のお供にRX100

【SONY】食のお供にRX100[2019年11月08日]

食べ物が美味しい季節となりました。 毎度食べ物のブログを書いています。 今回もどうぞお付き合いください。 今回はSONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6をお供に撮影して参りました。 職人さんが絶妙な焼き加減で提供してくれる鉄板焼き。 とにかく肉肉肉・・・ 野菜ひとつひとつのうまみも引き出してくれます。 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:125 絞り...
続きを読む
null

【SONY】変わりゆく渋谷を撮る[2019年11月01日]

皆様、こんにちは。 今回は再開発が進む渋谷駅周辺を撮影してまいりました。 機材は「SONY α7RIII」に「Carl Zeiss Batis 2/40 CF」という組み合わせです。 撮影当日はあいにくの雨。 Batis 2/40 CFは361gと軽量なため、なんとか片手持ちでも撮影することができました。 まずは渋谷駅南口の歩道橋周辺から歩いていきます。 渋谷駅前の工事は長く、いつになったら...
続きを読む
【SONY】α9IIまもなく発売

【SONY】α9IIまもなく発売[2019年10月26日]

SONY フルサイズαシリーズの最新機種α9IIが11月1日に発売となります。 今回は発売を前にα9IIの魅力に迫ってまいります。 2017年5月、初代α9は世界初のメモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、進化した画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、電子シャッターで最高20コマ/秒のAF・AE高速連写性能という、今までのカメラのスペックを打ち破る性能で登場。 また...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設...
続きを読む