Select Language

【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月23日 16時45分]

【増税前にデビュー】アートな世界へお散歩に

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />
SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0


8月から続いた暑さも和らぎ、ふらっとカメラ片手に出歩きたくなるような、秋風が心地よい季節になりました。
まだまだ紅葉には少し早いですが、写真撮影を行うには最高のベストシーズンの到来です。


SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


ちょっとした用事で都内に行く機会があり、カメラ片手に銀座で行われている金魚のアートアクアリウムと渋谷の万華鏡展に行ってきました。
アートアクアリウムは最終日が近かったせいか会場は大賑わい、各々金魚を見て楽しんでいました。


SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


ふわふわとゆっくり泳いでいる金魚は癒されます。
湾曲型のガラスだったり、多角形の水槽だったり…。
見たら思わずハッとしてしまうような、アーティスティックな展示物が並びます。

ガラス越しだと光が屈折してピントが合わず、M50mm F1.0で撮影するのは中々難しいですが、大口径ならではのボケが大いに楽しめます。


SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


会場内外の装飾も綺麗で、ついつい足を止めて写真を撮りたくなってしまいます。
壁に開けられた隙間から漏れ出す煌びやかな光は、まるで金箔のようです。


SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


少し季節はずれな風鈴ですが、秋風に揺れて心地よい音色を奏でていました。
さすがノクティルックス、ピント面から徐々に溶けていくボケ味にはうっとりしてしまいます。


SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


場所は変わって渋谷で催されている万華鏡展へ。
主に国内で活動されている万華鏡職人の作品を中心に約1000点の万華鏡が展示されていました。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


実際に覗いて楽しむことができ、好みの万華鏡が見つかれば実際に購入することも!
指一本に満たない小さなサイズの作品から、サイズの大きな据え置き型の作品まで様々な種類が数多く並んでいました。

SONY α7RIV + Leica ノクティルックス M50mm F1.0<br />


覗くことで楽しむのが万華鏡というイメージがありますが、万華鏡そのものが一つの芸術作品として成り立っているのには驚きました。

木彫りの物からステンドグラス、写真のようなオシャレなコスメを連想させる形まで、万華鏡作者さんの想いが詰まった品々を数多く見ることが出来るので、気になる方は是非足を運んでみてください。
(渋谷 Bunkamuraにて2019/9/21(土)~9/29(日)まで 入場無料です)


▼今回のおすすめ機材はこちら▼













〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月23日 16時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!20票


【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む
X-E3 レンズキット ブラック

【街で見つけた形にフォーカス】南町田【FUJIFILM】[2020年01月18日]

街で見つけた形にフォーカスということで、 新しい形を探しに新しいショッピングモールにいってまいりました。 2019年11月13日に開業した新しい大型商業施設です。 駅の名前まで「ショッピングモール名」に変わって町田市の本気をうかがえます。      目的は登山用品店mont-bellの大型店。 どこに行っても私の後ろを着いてくるだけの妻が、 登山店だけはフラフラと店内に消えていきます...
続きを読む