Select Language

【増税前にデビュー】CarlZeissの小さなスタンダード

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月28日 07時00分]

Otus、Millvusと高画質の為なら大きさを厭わないと感じさせるレンズ製品群が多いCarlZeissの中で、
ひときわコンパクトな製品としてレンジファインダー用のZMシリーズがあります。
高い品質に伴った価格設定であり、かつマニュアルフォーカスという事もあり、とても良い製品ではあっても、
なかなか敷居が高いと感じられている方も多いのではないでしょうか。
しかし、ミラーレスカメラが普及することによって、液晶画面上でゆっくり確実にピントを合わせることが出来るようになり、
マニュアルフォーカスの敷居もだいぶ下がっています。
このコンパクトでありながら高画質なZMシリーズ、今回は、もっともスタンダードなPlanar T* 2/50 ZMを
VM-E クローズフォーカスアダプターを介して、SONYフルサイズのもっともスタンダードなα7に装着し撮影した記録です。
なぜ、今このレンズなのか、しばしお付き合いを頂ければ幸いです。


CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

冬の北海道、氷点下10度ちかくまで気温が下がるなかで、2時間ほど撮影をしましたが、なんの問題もなく撮影できました。
α7の良いところは、フルサイズでありながら500gを切る軽量設計のボディであること。
サイズ感も含めMFフィルムカメラのように振り回せ、ファインダーで拡大表示をすればMFでもばっちりピントを
合わせることが出来ます。


CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM


Planar T* 2/50 ZMの良いところは、フレアコントロールが抜群で、緻密なコントラストがあってこそ破綻のないフレアを
味わうことが出来るのですが、それを実践できている事。
もちろんスタンダードなダブルガウス型なので、開放では優しく絞ればシャープ、ボケもやや癖がありますが
滑らかすぎず、揺らぎのある写真らしさを感じさせてくれるボケを描きます。



CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

知り合いの農家さんのお宅へお邪魔し、採れたばかりという小麦で作った小麦粉を使い、うどんを作ります。
子供が生まれてからも使い続けていますが、この造りの良さであれば二十歳を迎える頃まで、グリス補充など必要最小限の
メンテナンスで十分使えると感じさせてくれます。

永く使う事を考えた際、Mマウントであることも非常にポイントが高く、Mマウントであれば様々なミラーレスカメラにアダプター
を介して装着でき撮影出来るため、カメラへの依存も最小限で済みます。
個人的には、子供が二十歳になる頃に自分が使っていたレンズを欲しいと言ってもらえたら、カメラ好きにとってはしめたものです。
今、主流のAFレンズ達は、「瞬間」を写真に残すことに究極的に特化し続けています。
その恩恵は、他に代えがたいものですが、きちんとメンテナンスさえすれば、50年前のレンズであっても
普通に使うことが出来てしまう頑強なMFレンズも、また代えがたい魅力を放っています。

CarlZeiss 2/50 ZM

Planar T* 2/50 ZMは、ツァイスだからといって「期待を超える」というようなレンズではありません。
どちらかというと、描写も操作性もCarl Zeissのスタンダードでしかありません。
それはまるで、ライブとかお祭りなどのような一過性の楽しみというよりは、毎日を積み重ねる日々に近いのかも知れません。
安定した日々があることで、特別な日も、日々の少しの変化も楽しむことができる「基準」が自分の中に生まれる。
そんなことに気が付かせてくれるレンズです。
手にしたらしばらく我慢して使ってみてください。刺激的な描写も、目の覚めるような変化もありませんので。
けれどもある日、ふと気が付くと思います。緻密なコントラスト、フレアコントロール、絞りでの描写の変化、
滑らかではないが雑でもないボケ、それらが生み出す心地よい描写。
それらをゆっくりとレンズを操作して撮影することの楽しさを。

「増税前に買おう」は、単なるきっかけです。何十年と共に過ごすことが出来るレンズを手にすることへ、
「ぽんっ」と背中を押す言葉でしかありません。
お使いのカメラがミラーレスで、CarlZeissが気になるようでしたら、このレンズから始めることをお勧めします。

【今回の撮影で使用した機材】
・Carl Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM
・Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター
・SONY α7ボディ ILCE-7















[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月28日 07時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む