Select Language

【増税前にデビュー】CarlZeissの小さなスタンダード

[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月28日 07時00分]

Otus、Millvusと高画質の為なら大きさを厭わないと感じさせるレンズ製品群が多いCarlZeissの中で、
ひときわコンパクトな製品としてレンジファインダー用のZMシリーズがあります。
高い品質に伴った価格設定であり、かつマニュアルフォーカスという事もあり、とても良い製品ではあっても、
なかなか敷居が高いと感じられている方も多いのではないでしょうか。
しかし、ミラーレスカメラが普及することによって、液晶画面上でゆっくり確実にピントを合わせることが出来るようになり、
マニュアルフォーカスの敷居もだいぶ下がっています。
このコンパクトでありながら高画質なZMシリーズ、今回は、もっともスタンダードなPlanar T* 2/50 ZMを
VM-E クローズフォーカスアダプターを介して、SONYフルサイズのもっともスタンダードなα7に装着し撮影した記録です。
なぜ、今このレンズなのか、しばしお付き合いを頂ければ幸いです。


CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

冬の北海道、氷点下10度ちかくまで気温が下がるなかで、2時間ほど撮影をしましたが、なんの問題もなく撮影できました。
α7の良いところは、フルサイズでありながら500gを切る軽量設計のボディであること。
サイズ感も含めMFフィルムカメラのように振り回せ、ファインダーで拡大表示をすればMFでもばっちりピントを
合わせることが出来ます。


CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM


Planar T* 2/50 ZMの良いところは、フレアコントロールが抜群で、緻密なコントラストがあってこそ破綻のないフレアを
味わうことが出来るのですが、それを実践できている事。
もちろんスタンダードなダブルガウス型なので、開放では優しく絞ればシャープ、ボケもやや癖がありますが
滑らかすぎず、揺らぎのある写真らしさを感じさせてくれるボケを描きます。



CarlZeiss 2/50 ZM

CarlZeiss planar 50mm F2 ZM

CarlZeiss 2/50 ZM

知り合いの農家さんのお宅へお邪魔し、採れたばかりという小麦で作った小麦粉を使い、うどんを作ります。
子供が生まれてからも使い続けていますが、この造りの良さであれば二十歳を迎える頃まで、グリス補充など必要最小限の
メンテナンスで十分使えると感じさせてくれます。

永く使う事を考えた際、Mマウントであることも非常にポイントが高く、Mマウントであれば様々なミラーレスカメラにアダプター
を介して装着でき撮影出来るため、カメラへの依存も最小限で済みます。
個人的には、子供が二十歳になる頃に自分が使っていたレンズを欲しいと言ってもらえたら、カメラ好きにとってはしめたものです。
今、主流のAFレンズ達は、「瞬間」を写真に残すことに究極的に特化し続けています。
その恩恵は、他に代えがたいものですが、きちんとメンテナンスさえすれば、50年前のレンズであっても
普通に使うことが出来てしまう頑強なMFレンズも、また代えがたい魅力を放っています。

CarlZeiss 2/50 ZM

Planar T* 2/50 ZMは、ツァイスだからといって「期待を超える」というようなレンズではありません。
どちらかというと、描写も操作性もCarl Zeissのスタンダードでしかありません。
それはまるで、ライブとかお祭りなどのような一過性の楽しみというよりは、毎日を積み重ねる日々に近いのかも知れません。
安定した日々があることで、特別な日も、日々の少しの変化も楽しむことができる「基準」が自分の中に生まれる。
そんなことに気が付かせてくれるレンズです。
手にしたらしばらく我慢して使ってみてください。刺激的な描写も、目の覚めるような変化もありませんので。
けれどもある日、ふと気が付くと思います。緻密なコントラスト、フレアコントロール、絞りでの描写の変化、
滑らかではないが雑でもないボケ、それらが生み出す心地よい描写。
それらをゆっくりとレンズを操作して撮影することの楽しさを。

「増税前に買おう」は、単なるきっかけです。何十年と共に過ごすことが出来るレンズを手にすることへ、
「ぽんっ」と背中を押す言葉でしかありません。
お使いのカメラがミラーレスで、CarlZeissが気になるようでしたら、このレンズから始めることをお勧めします。

【今回の撮影で使用した機材】
・Carl Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM
・Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター
・SONY α7ボディ ILCE-7















[ Category: etc.|掲載日時:2019年09月28日 07時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


マキナ67

【PLAUBEL】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑥マキナと道行き[2020年01月15日]

あらかじめお断りしておきますが、以下はフィクションです。 休日、久しぶりの晴天、 …だがしかし、朝から妻の機嫌が悪い…… 表立って怒りを露わにしているわけではないが、ことばの端々に不機嫌さを感じる… …というか、会話自体ほとんどないし…… こういう時は、たいてい、夫である私に原因がある(らしい…) そして、十中八九、夫である私が悪い(らしい…) 「…………」 ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2019年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2020年01月11日]

新品デジカメ12月ランキング 1位 FUJIFILM X-Pro3 ミラーレスカメラ 2位 Nikon Z50 ミラーレス一眼カメラ 3位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 5位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 6位 SONY α7RIV ミラー...
続きを読む
レコーダーといっしょ

【街で見つけた形にフォーカス】レコーダーといっしょ【KONICA】[2020年01月06日]

新年があけて今日でもう6日目です。 そろそろあけましておめでとうございます、というのも慣れてきたころでしょうか。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 気づけば新人スタッフとしてはじめてブログを書かせて頂いて半年ほどたちます。 昨年私ははじめてカメラの世界に飛び込み、1年でしらずしらずのうちにカメラが増えていきました。 今回は街で見つけたかわいい、面白い形に...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】フィルムと日常【Nikon】[2020年01月01日]

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、今回のブログでは、街にあふれるユニークな形に注目した内容でお送りいたします。 私自身、スナップ撮影が好きでおもしろいものを見つけると、つい記録したくなります。 今回はその記録の中でも最近夢中になっている2台のフィルムカメラで撮影したものご紹介したいと思います。 学生の頃から...
続きを読む
【DJI】 Osmo Pocket  ~ 東西南北に雲と行く ~

【DJI】 Osmo Pocket ~ 東西南北に雲と行く ~[2019年12月31日]

目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【巻積雲「うろこ雲」】 【東西南北に雲と行く】 冬の空は、強い寒気がやって来て、日本海側では曇りの日が多く雪が降ります。一方、太平洋側では山から乾いた風が吹いて来るため、乾燥していて晴れた日が多いです。 しかし毎年暖冬が続く冬の空はおもしろい。なぜなら空にはたくさんの白い雲が現れるからです・・・その名は「うろこ雲」。正式には「...
続きを読む