Select Language

【増税前にデビュー】初めてのチェキ instax SQUARE SQ10

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月26日 07時00分]



現在、富士フイルムから様々なチェキが発売されています。
多様な機種があるので、どれを買えばいいかお悩みの方も多いのではないでしょうか??

そんな中で私が愛用しているチェキはinstax SQUARE SQ10です。

今回は、SQ10の魅力をご紹介していきます!!

FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10



SQ10で私が一番魅力だと思う点は、裏面の液晶画面を見ながらプリントしたい写真を選べることです!!
instaxチェキ史上初、デジタルイメージング技術を搭載したハイブリッドインスタントカメラです。
同じ写真を数枚プリントすることも可能なので、友人とシェアすることもできます!!
新たにスクエア型のフィルムが採用されています。

SQ10が発売される前までのチェキは、シャッターを押したらすぐに写真がプリントされる仕組みでした。
なのでプリントしたい写真を選ぶことはできません。

そのため、いざプリントされた写真を見ると、全体的に白飛びしていて、フィルムが台無しに…ということも。
そんな問題をSQ10は解決してくれます。失敗を恐れず、どんどんシャッターを切れます。


FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10


FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10


SQ10は左右に2つのシャッターボタンを備えているので、
自分の操作しやすい方にシャッターボタンを割り当てることができます。

ほかにもフィルターをかけて色味を変えたり、明るさを補正することもできます!!
チェキで、ここまで出来るようになるとは…!!
進化に驚かされます。


FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10



FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10



SQ10の内蔵メモリーには50枚の写真を保存することができ、
さらにmicro SDカードを挿入することができます。
実際に私は、micro SDカードに撮った思い出の写真を保存しています。

撮った写真を見返し、「やっぱりこの写真もプリントしておきたい!」と思ったら、過去のデータをプリントすることも多いです。


FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10



室内の暗い場所や夜に撮影するとザラつきが目立ちますが,
内蔵フラッシュを使用できたりバルブ撮影、多重露光にも対応しているので、撮影の工夫ができます。

フィルムカメラで撮ったような温かみのある描写です。
操作もシンプルなので、一度覚えてしまえば簡単に操作することができます。

FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10



チェキを持ってる友人と撮影に行った時のです。
お互いを撮り合ったり…楽しさが広がります。


FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

instax SQUARE SQ10



今回紹介している写真は全てチェキ本体で撮影しましたが、
なんと一眼レフで撮影したデータをmicro SDに移行してチェキでプリントすることもできます!!
今後も、どのようにチェキが進化していくのか楽しみです。

現在では、写真をプリントする機会がなかなかありませんが、
実際にプリントして形として思い出を残すことが出来るのも、チェキならではです。
レトロな色合いにも魅了されます。


チェキを購入する際に、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。


↓使用した機材です↓







〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年09月26日 07時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む
X-E3 レンズキット ブラック

【街で見つけた形にフォーカス】南町田【FUJIFILM】[2020年01月18日]

街で見つけた形にフォーカスということで、 新しい形を探しに新しいショッピングモールにいってまいりました。 2019年11月13日に開業した新しい大型商業施設です。 駅の名前まで「ショッピングモール名」に変わって町田市の本気をうかがえます。      目的は登山用品店mont-bellの大型店。 どこに行っても私の後ろを着いてくるだけの妻が、 登山店だけはフラフラと店内に消えていきます...
続きを読む