Select Language

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 瞳AF

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月27日 19時00分]

α7RⅣ + FE 35mm F1.8
α7RⅣ + FE 35mm F1.8 / F1.8 | 1/250 | ISO100


SONY α7RIV × 最新瞳AF


瞳AFイメージ瞳AFイメージ

第二世代から進化してきた瞳AF機能。
α7IIIを筆頭にソニーフルサイズ機の大ヒットを支えたといっても過言ではないこの機能を、最新機種であるα7RIVで体験してきました。

新開発のイメージセンサーに搭載された567点の像面位相差AFセンサーと最新瞳AFアルゴリズムの相乗効果で、高性能だった前モデルであるα7RIIIと比べても更に高速なAFを体感する事ができました。


α7RⅣ + FE24-105mm F4 G OSS
α7RⅣ + FE24-105mm F4 G OSS / F4 | 1/125 | ISO800

発売以降大人気の定番ズーム FE24-105mm F4 G OSSを使用しての撮影です。
大口径レンズに比べると多少暗い絞り値F4でも、素早く正確に合焦しました。
本体のAF性能もα7RIIIに比べ、撮影中に"おっ、早いな"と体感できるレベルの進化を遂げています。

フルサイズならではのボケ味を活かしつつ、ズーム域が広い本レンズは色々なアングルから狙え、ポートレート撮影にも最適だと感じました。


α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM
α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM / F1.8 | 1/125 | ISO250


ポートレート撮影をしていると、横構図ではしっくりこず縦構図に切り替えたくなる事が良くあります。
従来の一眼レフでは縦横のフレームを変更したり、モデルさんの位置を変えた場合にはAFフレームポイントを変更する必要がありました。
そのちょっとした手間に煩わしさを感じる方も多いかと思います。

SONYのα7RIVであれば、フレームを横から縦に切り替えたときも、AFフレームを変更せずに素早く撮影へ移る事が可能です。

ポートレート撮影はモデルさんとの撮影リズムが大切ですが、そのタイミングを崩すことなく撮影が出来る部分で大きな支持を得ていると改めて実感しました。


α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM
α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM / F1.8 | 1/250 | ISO250

横顔の瞳部分を通常のフォーカスモードでピントを合わせて撮影するのは中々難しいですが、瞳AFはしっかりと反応します。
SONY渾身のGMシリーズにα7R IVの6100万画素センサーとAF性能、開放での撮影で瞳やまつ毛にピントがビシっと来ている写真を見てしまうと、他の機種は使えなくなってしまいそうです。


α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM
α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM / F1.8 | 1/250 | ISO250

最新XDリニアモーターを内蔵したFE 135mm F1.8 GMは超高速AFが可能、ピント合わせのストレスは一切感じませんでした。
プライベート撮影は勿論、本格的な宣材写真もさっとこなす潜在能力を持ち合わせた組み合わせです。

新開発の約6100万画素のセンサーは髪の毛やまつ毛はもちろん、肌の質感やコンタクトレンズのフチまで鮮明に映し出します。
今までフルサイズを超えた大型センサーが主流であった超大伸ばしも、この描写力であれば充分耐えうると感じました。


α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM
α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM / F1.8 | 1/2000 | ISO100


余談ではありますが、動物のヤギにも動物対応 瞳AFは反応しました。
ちょっとした難しいフレーミング(瞳の場所)でも難なく合焦させるのは流石の一言。
人物メインのイメージがある瞳AFですが、SONYだからこそ楽しめる動物撮影にも是非挑戦して頂きたいです。

α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM
α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM / F7.1 | 1/2000 | ISO2500


羊にもしっかりと瞳にピントが合焦しました。
真っ黒の毛並だったので、流石に瞳AFは反応しないかと思っていましたが、しっかりと認識する性能には驚きました。
この性能であれば黒ネコなど、なかなかピント合わせが難しい動物にも安心して使用出来そうです。


α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM
α7RⅣ + FE 135mm F1.8 GM / F7.1 | 1/250 | ISO250


陽のあたっているところ、陰になっているところ、明暗差がある状態でも瞳をしっかりと認識してくれます。

更に暗くなっている部分も毛並み一本一本まで綺麗に解像しており、新開発のセンサーは画素数が多いだけでなく、階調表現も豊かでセンサーの進化を改めて実感しました。


画素数ばかりに目が行ってしまう本機ですが、AF性能も大幅に上昇しており、ポートレート撮影でも抜群の使いやすさを提供してくれました。
今後はより難しい撮影にも挑戦してみようと思います。

▼今回使用したオススメ機材はこちら▼











〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年09月27日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!8票


a7riv

【SONY】F0.95レンズに挑戦[2019年11月11日]

 ようやく秋を感じることができる気温になってきました。  この季節になると、紅葉が色づき、航空祭のイベントが多く開催されています。  他にも、夕日が沈むの早くなり、夜が長くなり、夜景も気軽に撮れ始める時期でもあります。  撮る素材はあふれており、撮影対象を選ぶこともひとつの楽しみです。  そのほかにも、どの時間帯に撮影するのか、どこで撮影するのか・・・・撮影すること...
続きを読む
食のお供にRX100

【SONY】食のお供にRX100[2019年11月08日]

食べ物が美味しい季節となりました。 毎度食べ物のブログを書いています。 今回もどうぞお付き合いください。 今回はSONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100M6をお供に撮影して参りました。 職人さんが絶妙な焼き加減で提供してくれる鉄板焼き。 とにかく肉肉肉・・・ 野菜ひとつひとつのうまみも引き出してくれます。 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:125 絞り...
続きを読む
null

【SONY】変わりゆく渋谷を撮る[2019年11月01日]

皆様、こんにちは。 今回は再開発が進む渋谷駅周辺を撮影してまいりました。 機材は「SONY α7RIII」に「Carl Zeiss Batis 2/40 CF」という組み合わせです。 撮影当日はあいにくの雨。 Batis 2/40 CFは361gと軽量なため、なんとか片手持ちでも撮影することができました。 まずは渋谷駅南口の歩道橋周辺から歩いていきます。 渋谷駅前の工事は長く、いつになったら...
続きを読む
【SONY】α9IIまもなく発売

【SONY】α9IIまもなく発売[2019年10月26日]

SONY フルサイズαシリーズの最新機種α9IIが11月1日に発売となります。 今回は発売を前にα9IIの魅力に迫ってまいります。 2017年5月、初代α9は世界初のメモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、進化した画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、電子シャッターで最高20コマ/秒のAF・AE高速連写性能という、今までのカメラのスペックを打ち破る性能で登場。 また...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設...
続きを読む