Select Language

【新発売】待望のCanonフルサイズミラーレス対応大三元

[ Category: Canon|掲載日時:2019年09月27日 18時30分]


Canon RF15-35mm F2.8 L IS USM / RF24-70mm F2.8 L IS USM


本日2019年9月27日、Canonの広角ズームRF15-35mm F2.8 L IS USM、標準ズームRF24-70mm F2.8 L IS USMが発売されました。ズーム全域でF2.8の明るさを保つ、フルサイズミラーレス用のいわゆる「大三元」の登場です。


EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM
EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM | 15mm | 1/200 | F5 | ISO100


積み上げられた菰樽(こもだる)に、夕日が射していました。さすがのLレンズの精細さ。陽が当たっているところもそうでないところも、見事に描写されています。樽にはそれぞれブランドを主張する絵柄が施され、見ているだけでも楽しめました。



EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM
EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM | 15mm | 1/160 | F4.5 | ISO100

身体を拭いてもらっている馬を間近で撮影。液晶モニターのバリアングル機能を使い、下の方から狙いました。少し無理な体勢になっても、レンズが重すぎることがないので、バランスを崩すことはありませんでした。15mmならではの迫力のアングルです。

馬はこのあと砂場に連れて行かれたと思ったら、豪快に砂に身体を擦り付けていました。せっかく綺麗になったところなのにと思うのですが、馬には馬の心地よさがあるのでしょう。



EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM
EOS R + RF15-35mm F2.8 L IS USM | 15mm | 1/80 | F3.2 | ISO100

対になった大きなご神木にしめ縄がかかっているところを、広角端で広く撮りました。日が暮れてきましたが、ISがついているので安心して手持ちで撮影できます。風景、旅行、街撮りなど、幅広く活躍してくれそうなレンズです。



EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM
EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM | 70mm | 1/200 | F3.2 | ISO200

続いて、24-70mmです。こちらは「Rシステムにおける新たなスタンダードレンズ」とのこと。24-70mmという一番使いやすい焦点距離を網羅しており、視線を自然に画に落とし込めます。私はEF24-70mm F2.8 L USMを普段使用しているのですが、それに比べ100gほど軽い上にISもついているので、素晴らしい進化だと感じました。

まずは馬。先ほど飼育員さんに身体を拭いてもらった馬が、仲間にそれを報告しているかのような画が撮れました。馬の顔はおしゃべりの度に大きく揺れましたが、指定しておけば自動でピントを追ってくれたので、問題なく撮影することができました。


EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM
EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM | 70mm | 1/250 | F3.5 | ISO100

最短撮影距離(0.38m)まで近づいて、馬の耳の柔らかな毛を捉えました。観察していると、耳をあちこちに向けて周囲の音を聞いていました。動物は音に敏感ですから、EOS Rのサイレントシャッター機能は役に立ちます。

ところで、よく「猫耳」などと言いますが、馬耳もかなり可愛らしいと思うのです。


EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM
EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM | 37mm | 1/320 | F2.8 | ISO100

神社裏手にひっそりと存在する手水舎に光が射し、神々しく輝いていました。表側にある手水舎は、人がひっきりなしに訪れ賑わっていましたが、こちらは厳かでした。穴場を見つけたようで嬉しくなりました。


何を撮るかわからない、でもレンズ交換はしたくない、という「1本しか選べない状況で」選択されるのが、このRF24-70 F2.8 L IS USMという究極の1本でしょう。みなさんの心強い相棒になること間違いなしです。


今回使用した機材はこちらです!







〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年09月27日 18時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!7票


X-PRO3×Voigtlander

【FUJIFILM】X-PRO3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る【カメラを愉しむ vol.1】[2019年11月11日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」で早速夜の新宿を撮影! 組み合わせるレンズは「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM (ライカM用)」と接写撮影を可能にするアダプター「Voigtlander マウントアダプター ライカMレンズ/フジXボディ用(VM-X クローズフォーカスアダプター)」。 純正レンズの性能が高く、魅力的なレンズばかりなのは言うまでもないがなぜ私がこのレンズをセレクトしたのか。 「写真と言う原点」をフィルム時代のように楽しみたい。 と言う思いからだ。 液晶モニター部分に「フィルムホ...
続きを読む
a7riv

【SONY】F0.95レンズに挑戦[2019年11月11日]

 ようやく秋を感じることができる気温になってきました。  この季節になると、紅葉が色づき、航空祭のイベントが多く開催されています。  他にも、夕日が沈むの早くなり、夜が長くなり、夜景も気軽に撮れ始める時期でもあります。  撮る素材はあふれており、撮影対象を選ぶこともひとつの楽しみです。  そのほかにも、どの時間帯に撮影するのか、どこで撮影するのか・・・・撮影することに対しての選択肢は様々です。  カメラの設定をあれこれ変えて撮影してみるのもひとつの面白さだと私...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2019年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2019年11月11日]

新品デジカメ10月ランキング 1位 SIGMA fp ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M7 コンパクトデジタルカメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 SONY α7RIV ミラーレス一眼カメラ 5位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ 6位 Canon IXY 200 コンパクトデジタルカメラ 7位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.8【紅葉】[2019年11月10日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「紅葉」 東京はまだ少し先になりそうですが 日本各地で美しい紅葉が見れる時期になってまいりました。 秋は一番好きな季節なのですが、気付くとあっという間に 過ぎてしまっていて、ススキの見頃も過ぎてしまっていて少し悲しかったです...
続きを読む
F2

【Nikon】大事にしているフィルムカメラのこと[2019年11月10日]

Nikon F2が手元にあります。 しばらく使っていなかった為、動きが悪くなってしまっていましたが調整に出してみたところ、快調に動くようになりました。 レンズはAi Nikkor 50mm F1.4S、フィルムはコダックのモノクロフィルムを愛用しています。 使用する頻度は高くはありませんが、旅行する際には必ず持って行き撮影を楽しんでいます。 目についたちょっとしたことを撮っています 旅先の記録 プラットホーム 光の滲み 旅先では天気が悪くても、楽しいもの ...
続きを読む