Select Language

【Nikon】D850と彼岸花

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月11日 11時30分]

少しずつですが涼しくなり、秋が近づいてきました。

今年も見頃を迎えた彼岸花を撮影するため埼玉県日高市曼珠沙華の里「巾着田」に行って参りました。

早朝ということで人は少な目。
雰囲気を堪能しつつのんびりと撮影します。

D850


D850


埼玉県日高市の高麗川に囲まれた「巾着田」。
巾着田と呼ばれるようになった由縁は日高市内を流れる高麗川の流れで形作られ、
見ると巾着に似ているので巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになったそうです。

D850


D850


秋の彼岸のころに咲くことから、「彼岸花」とも呼ばれる曼珠沙華。
最盛期には見渡す限りに彼岸花の絨毯が広がります。
見頃は年によって前後し、最盛期は1週間程。約3週間にわたって開花します。
今年は気温が高めの日が続いたからか、去年と比べるとヒガンバナの開花がかなり遅れているそうです。

D850


彼岸花は別名があり一般的なのがヒガンバナ、またはサンスクリット語での曼珠沙華(マンジュシャゲ)と呼ばれています。

D850


紅く染まる花々の中に一輪の白い彼岸花。
一面に赤い絨毯の中でちょっとしたアクセントにぴったりですね。


今回も納得のいく写真が撮れました。

今回使用したのは、【Nikon D850】と【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】です。
レンズはF2.8の明るいズームレンズとしてはとても軽く、フルサイズのカメラとのバランスが良くとても快適に撮影できました。












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月11日 11時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアー...
続きを読む
F2

【Nikon】大事にしているフィルムカメラのこと[2019年11月10日]

Nikon F2が手元にあります。 しばらく使っていなかった為、動きが悪くなってしまっていましたが調整に出してみたところ、快調に動くようになりました。 レンズはAi Nikkor 50mm F1.4S、フィルムはコダックのモノクロフィルムを愛用しています。 使用する頻度は高くはありませんが、旅行する際には必ず持って行き撮影を楽しんでいます。 目についたちょっとしたことを撮っています ...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikonの話】フルサイズカメラを持って海の上に散歩に出る話[2019年11月06日]

鳥を撮りに行きませんか! 羽ばたく鳥を撮影してみませんか! それも触れるくらい間近で!! 久しぶりに千葉の港に散歩に来てみました。 千葉市は私が住んでいるところからは少し離れたところになりますが 大きな公園や立ち寄れる飲食施設などが充実しているので時々散歩に立ち寄る街になります。 さて、千葉の港は日本一なのです! といっても、あまりイメージが湧かないかもしれませ...
続きを読む
Nikon  Z50 体験レポート

【Nikon】Z50 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2019年10月29日]

マップカメラから徒歩約5分の場所にある「ニコンプラザ新宿」に11月22日発売予定の『Z50』が先行展示されているとの情報を聞きつけ、さっそく新製品を見に行ってきました。 展示台の上に乗せられた「Z50」を見て思わず出た第一声は「小さっ!」既に公表されていたスペックから、小さいという情報は得ていたものの、実際に目にするとその小ささに驚きます。 Zシリーズの小型版というよりは、Nik...
続きを読む
【飛行機を撮ろう】航空科学博物館でパイロット気分

【飛行機を撮ろう】航空科学博物館でパイロット気分[2019年10月23日]

飛行機撮影と聞くと大きな望遠レンズが必要なイメージがありますが、今回訪れた場所は標準レンズでも十分に飛行機撮影が楽しめる場所です。 今年8月にリニューアルした「航空科学博物館」は、成田空港のA滑走路の南側にあり、滑走路と並行するエントランスには滑走路と同じ「34L」表示があります。誰も見てなければ、思わず両手を広げて走りたくなる場所です。 さっそく館内に入ってみましょう。...
続きを読む