Select Language

えのすいとkiss X7

[ Category: Canon|掲載日時:2019年10月02日 14時24分]


初めての江ノ島旅行。
鎌倉には何度も行った事があるものの、なかなか機会がなく、江ノ島まで足を伸ばせておりませんでした。
今回、機会があったので江ノ島水族館、通称えのすいにカメラを携えて行ってまいりました。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



着いたのが昼近くだったので、先ずは駅近くのハンバーガーショップで腹ごしらえ。
アメリカンな雰囲気のお店ならではのボリューミーなワンプレート。
お腹一杯になりながら、目的の「えのすい」へ。

私は水族館めぐりが好きです。
薄暗い館内に、青々とした水槽が燈る。
別世界に来たような気分に、心が落ち着くのです。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



川の魚はシンプルな姿なことが多く、水中ののどかな景色と相まって、趣を感じます。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



くらげ。
水族館で一番好きな展示がくらげです。
ふよふよと水槽を流れたり、絡まったり。
触手の造りもそれぞれで、花のような触手が魅力的で思わず一枚。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



こちらはフウセンウオの稚魚。
ぷくぷくとした姿は稚魚の時から。
一匹だけこちらに向いているところをパシャリ。
見つめられているような・・・・・・個性的な顔が印象的です。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



皆さまおなじみ、カクレクマノミ。
某映画が公開されてからというもの、カクレクマノミ&ナンヨウハギブームが起きて、各地の水族館でよく見かけるようになりました。
とはいえ、サンゴやイソギンチャクなど水槽のレイアウトは水族館によって違うので、何度撮っても飽きない魚のひとつです。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



コツメカワウソの赤ちゃんもいました。
ちょうど子育て中で、元気一杯に遊びまわる姿を撮ることができました。
人気の展示だったので、腰をすえて撮ることはできなかったものの、その可愛さはしっかり目に焼き付けてきました。
あまりの可愛さに、ぬいぐるみを買うか真剣に悩んでしまう始末・・・・・・。


ここからは、メインのイルカショー。
えのすいのショーは評判が良く、楽しみにしていました。
普段行く東京の水族館ではこういった迫力のあるショーはなかなかお目に掛けられないので、期待が高まります。

Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】



ひねりを加えてエネルギッシュに水面から飛び出す。
シャッタースピードも調節し、水しぶきから軌跡を感じられるように撮ってみました。


Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】



人間とイルカのコンビネーション。
トレーナーとイルカの息があわないとうまくできないそうです。
信頼感のたまものですね。


Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】



最後にイルカをアップで一枚。
まるで笑っているような、そんな姿からもイルカの知性を感じる気がします。



都会からもほど遠くない、江ノ島には他にも魅力的な場所がたくさんあります。
今回は紹介し切れませんでしたが、皆さま素敵な写真を撮りに江ノ島に旅してみてはいかがでしょうか。



▼今回使用した機材はこちら▼




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年10月02日 14時24分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


コアラ×SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

【SONY】コアラがかわいい!【α6600×超望遠ズーム】[2020年01月17日]

葉っぱの下からこんにちは。 コアラの赤ちゃんがお母さんの背中につかまっています。 小さなお手手が毛に沈んでいるのが見えますでしょうか。 お母さんの毛皮はモコモコなのです! 「SONY α6600」と「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」を組み合わせて、動物園へ撮影に行ってきました。 70-350mmといえば、35mm換算で105-525mm。 これがまた、動物園の撮影でちょうどいい長さなのです。 私のお...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『Monochrome Film Workshop Photo Exhibition』〜

写真展のご案内 〜 『Monochrome Film Workshop Photo Exhibition』~[2020年01月16日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『Monochrome Film Workshop Photo Exhibition』 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2020年1月11日(土)〜 2月29日(土)13:00〜19:00 会場:GENKEN Stairway Gallery 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12沢登ビル5-6F tel.03-3359-7611
続きを読む
OLYMPUS×休日

【街で見つけた形にフォーカス】OLYMPUS×休日[2020年01月16日]

休みの日にカメラ片手にふらりと何をするでもなく街に出ることがあります。 のんびりお店を見たり、ブックカフェに行ったり、猫カフェに行ったり。 遠出をして知らない場所に行っては、素敵な場所を見つけたり。 そんな私の休日。 今回は『○△□』を探しながらお付き合いいただければと思います。 OM-D E-M5MarkIII+M.ZUIKO DIGITAL ED40-150mmF2.8PRO f/9 1/250秒 ISO-200 観覧車と青...
続きを読む
マキナ67

【PLAUBEL】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑥マキナと道行き[2020年01月15日]

あらかじめお断りしておきますが、以下はフィクションです。 休日、久しぶりの晴天、 …だがしかし、朝から妻の機嫌が悪い…… 表立って怒りを露わにしているわけではないが、ことばの端々に不機嫌さを感じる… …というか、会話自体ほとんどないし…… こういう時は、たいてい、夫である私に原因がある(らしい…) そして、十中八九、夫である私が悪い(らしい…) 「…………」 ...
続きを読む
X-Pro3

【街で見つけた形にフォーカス】X-Pro3 と 古都【FUJIFILM】[2020年01月15日]

新しい年を迎えてから、既に一週間が経過しました。 加速度的に速くなるような時間の感覚に、どこか辟易してしまいがちですが、カメラ業界について着目すると、各社が来るスポーツの祭典に向けて着々と動き始めたりと、盛り上がりを見せております。 そのような年始を迎え、過去の思い出に浸る暇もないようなせわしさが続きますが、さて、昨年は果たしてどのような一年だったでしょうか。 ...
続きを読む