Select Language

えのすいとkiss X7

[ Category: Canon|掲載日時:2019年10月02日 14時24分]


初めての江ノ島旅行。
鎌倉には何度も行った事があるものの、なかなか機会がなく、江ノ島まで足を伸ばせておりませんでした。
今回、機会があったので江ノ島水族館、通称えのすいにカメラを携えて行ってまいりました。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



着いたのが昼近くだったので、先ずは駅近くのハンバーガーショップで腹ごしらえ。
アメリカンな雰囲気のお店ならではのボリューミーなワンプレート。
お腹一杯になりながら、目的の「えのすい」へ。

私は水族館めぐりが好きです。
薄暗い館内に、青々とした水槽が燈る。
別世界に来たような気分に、心が落ち着くのです。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



川の魚はシンプルな姿なことが多く、水中ののどかな景色と相まって、趣を感じます。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



くらげ。
水族館で一番好きな展示がくらげです。
ふよふよと水槽を流れたり、絡まったり。
触手の造りもそれぞれで、花のような触手が魅力的で思わず一枚。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



こちらはフウセンウオの稚魚。
ぷくぷくとした姿は稚魚の時から。
一匹だけこちらに向いているところをパシャリ。
見つめられているような・・・・・・個性的な顔が印象的です。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



皆さまおなじみ、カクレクマノミ。
某映画が公開されてからというもの、カクレクマノミ&ナンヨウハギブームが起きて、各地の水族館でよく見かけるようになりました。
とはいえ、サンゴやイソギンチャクなど水槽のレイアウトは水族館によって違うので、何度撮っても飽きない魚のひとつです。


Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】



コツメカワウソの赤ちゃんもいました。
ちょうど子育て中で、元気一杯に遊びまわる姿を撮ることができました。
人気の展示だったので、腰をすえて撮ることはできなかったものの、その可愛さはしっかり目に焼き付けてきました。
あまりの可愛さに、ぬいぐるみを買うか真剣に悩んでしまう始末・・・・・・。


ここからは、メインのイルカショー。
えのすいのショーは評判が良く、楽しみにしていました。
普段行く東京の水族館ではこういった迫力のあるショーはなかなかお目に掛けられないので、期待が高まります。

Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】



ひねりを加えてエネルギッシュに水面から飛び出す。
シャッタースピードも調節し、水しぶきから軌跡を感じられるように撮ってみました。


Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】



人間とイルカのコンビネーション。
トレーナーとイルカの息があわないとうまくできないそうです。
信頼感のたまものですね。


Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
【Canon Kiss X7+EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM】



最後にイルカをアップで一枚。
まるで笑っているような、そんな姿からもイルカの知性を感じる気がします。



都会からもほど遠くない、江ノ島には他にも魅力的な場所がたくさんあります。
今回は紹介し切れませんでしたが、皆さま素敵な写真を撮りに江ノ島に旅してみてはいかがでしょうか。



▼今回使用した機材はこちら▼




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年10月02日 14時24分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


X-Pro1とゆったりとした日々

【FUJIFILM】X-Pro1とゆったりとした日々[2020年02月29日]

先日発売開始となった「X100V」やついに発表された「X-T4」など、魅力的な機種が絶えないフジフイルムのXシリーズ。 様々な機種があるXシリーズの中でも、特に「X-Pro」シリーズは「X-Pro1」「X-Pro2」「X-Pro3」とそれぞれの機種に根強いファンがいるカメラなのではないかと思います。 そんな私も「X-Pro1」を愛用しているのですが、ゆったりとした気分で撮影ができる楽しいカメラだなと感じて...
続きを読む
PRO 400H

【FUJIFILM】フィルムを使ってみよう-カラーネガフィルム篇-[2020年02月29日]

旅行のお供として、季節毎の撮影に、持って行くのはデジタルカメラばかり。 久しぶりにフィルムカメラを使って、写真を撮ってみようと思い FUJIFILM PRO 400H を使って撮影をしてきました。 まだまだ寒いと思っていても 春らしくなっていますね 仕事終わりに、寄り道でも 感度は400 手持ちのカメラとレンズには手振れ軽減の機能なんてありません。 夜に...
続きを読む
【OLYMPUS】OLYMPUS E-M1 Mark IIIでスナップ

【OLYMPUS】OLYMPUS E-M1 Mark IIIでスナップ[2020年02月28日]

本日発売のOLYMPUS E-M1 Mark III。 2016年12月に発売されたOLYMPUS E-M1 Mark IIの後継機種です。 OLYMPUS E-M1 Mark IIIは、OLYMPUS OM-D E-M1Xに搭載されている「5000万画素手持ちハイレゾショット」や「ライブ ND」などの機能を搭載したプロフェッショナルモデルのカメラ。 今回はそれらの機能を使いつつ、様々な場所へ撮影しに行って参りました。 焦点距離:60mm 絞り:F5.6 シャッター...
続きを読む
虫がいないので近所の公園で野鳥撮り

【SONY】α77II 虫がいないので近所の公園で野鳥撮り[2020年02月28日]

今回、我が愛機【SONY α77IIボディILCA-77M2】と 【TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 A022S(ソニーA用)】 を携えて、近所の公園に出かけました。   ちなみに今回は時期が時期だけに虫はほとんどいませんでした。 季節の花や野鳥を探しに行きました。 まずは、他の方が早春の花、ロウバイを紹介してましたので、 私は「マンサクの花」を取り上げたいと思います。 春にまず咲くが名前の...
続きを読む
【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む